北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室工大生が奔走、高砂5丁目公園で8日夏祭りイベント【室蘭】

高砂5丁目公園を活用したイベントへの協力を呼び掛ける大学生

 室蘭工業大学生と市民の連携組織「高砂5丁目公園コミュニティ」が、大学近くの同公園を市民の「憩の場」として復活させようと取り組んでいる季節行事の認知度が高まっている。今年の第1弾は8日の「夏祭り」。「子どもたちに自然と遊ぶ楽しさを伝えたい」と張り切って準備に奔走している。

 「よろしくお願いします」。6月下旬、同大学生サークル・同公園プレーパーク実行委員会(小林佳弘代表)のメンバーらが、「夏祭り」の成功に向け生花店や商店会、大学生協を訪れ協力を求めて歩いた。

 以前の公園(3600平方メートル)は、雑草が生い茂り遊具も古く「特段魅力はなかった場所」(地域住民)だったが、公園を「人が集う場所」に生まれ変わらせるため、市が地域住民と学生のアイデアを基に改修整備した。

 実行委は同公園が供用開始された2014年(平成26年)1月から、「地域の子どもたちに遊びを創生する」を合言葉に自主的な活動に取り組み、公園内の湧き水を活用した水田整備や傾斜を使った遊びなど、地域、大学、行政の3者協働による新たな「公園造り」を展開。中でも学生主体で年3回(夏・秋・冬)開催する「祭り」は地域に定着しつつある。

 「夏祭り」の目玉は絵の具、クレヨン、筆、マスキングテープ、ガムテープといった市民の協力で得た道具を使った「クラフト遊び(工作)」。これまで木の実などを活用していたが、今回はより「アート感」を高める工夫を凝らす。

 このほか、水田作りや段ボール滑りといった「人気企画」も実施する。小林代表は「気軽に立ち寄っていただき一緒に楽しみましょう」と呼び掛けている。

関連記事

室蘭民報

21日に子どもが企画「ほたて一日カフェ」初開催【室蘭】

 合同会社黒田(黒田悠士代表社員)が運営する放課後等デイサービス「ほたて」(室蘭市崎守町)が21日正午から、「ほたて一日カフェ」を初開催する。利用する子どもたちが企画から提供まで行い、地域住民...

室蘭民報

今年のむろらんカルチャーナイトは10月5日開催【室蘭】

 むろらんカルチャーナイト2018(同実行委員会主催)が10月5日午後3時~同9時、室蘭市内の各施設で開かれる。同実行委では、施設開放や企画を実施できる団体や実行委員を募っている。  室蘭の...

室蘭民報

母恋神社祭りですずらん通りが夏のにぎわい【室蘭】

 室蘭・母恋神社祭りが17日から始まった。母恋北町と母恋南町を結ぶ通称・すずらん通りには100を超える露店が軒を連ね、夏を楽しむ市民らでにぎわった。  この日は宵宮祭。会場にはチョコバナナや...

室蘭民報

北海道命名150年「1周ライド」参加者が室蘭入り【室蘭、札幌】

 北海道命名150年に合わせて、道内約2400キロを22日間かけて自転車で巡る「北海道1周ライド」の参加者が、16日に室蘭入りした。室蘭を含む「第7区」の参加者28人は、市内で昼食を取るなど、...

室蘭民報

マリンパークで「イルカサーフィン」始まる【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は14日から、イルカショープールで夏バージョンのプログラム「イルカサーフィン」を始めた。  飼育員がバンドウイルカの背に乗り、波しぶきを上げ豪快にプ...