北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

室工大生が奔走、高砂5丁目公園で8日夏祭りイベント【室蘭】

高砂5丁目公園を活用したイベントへの協力を呼び掛ける大学生

 室蘭工業大学生と市民の連携組織「高砂5丁目公園コミュニティ」が、大学近くの同公園を市民の「憩の場」として復活させようと取り組んでいる季節行事の認知度が高まっている。今年の第1弾は8日の「夏祭り」。「子どもたちに自然と遊ぶ楽しさを伝えたい」と張り切って準備に奔走している。

 「よろしくお願いします」。6月下旬、同大学生サークル・同公園プレーパーク実行委員会(小林佳弘代表)のメンバーらが、「夏祭り」の成功に向け生花店や商店会、大学生協を訪れ協力を求めて歩いた。

 以前の公園(3600平方メートル)は、雑草が生い茂り遊具も古く「特段魅力はなかった場所」(地域住民)だったが、公園を「人が集う場所」に生まれ変わらせるため、市が地域住民と学生のアイデアを基に改修整備した。

 実行委は同公園が供用開始された2014年(平成26年)1月から、「地域の子どもたちに遊びを創生する」を合言葉に自主的な活動に取り組み、公園内の湧き水を活用した水田整備や傾斜を使った遊びなど、地域、大学、行政の3者協働による新たな「公園造り」を展開。中でも学生主体で年3回(夏・秋・冬)開催する「祭り」は地域に定着しつつある。

 「夏祭り」の目玉は絵の具、クレヨン、筆、マスキングテープ、ガムテープといった市民の協力で得た道具を使った「クラフト遊び(工作)」。これまで木の実などを活用していたが、今回はより「アート感」を高める工夫を凝らす。

 このほか、水田作りや段ボール滑りといった「人気企画」も実施する。小林代表は「気軽に立ち寄っていただき一緒に楽しみましょう」と呼び掛けている。

関連記事

室蘭民報

2500人が冬満喫、「だんパラ」恒例冬まつり【室蘭】

 第40回むろらん冬まつり(同実行委員会主催、室蘭民報社など後援)が17日、室蘭市香川町のだんパラスキー場で開かれた。市民雪像の展示をはじめ餅まきや宝探しが行われ、約2500人の家族連れらでに...

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家【中札内】

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

室蘭民報

16、17日に伊達雪まつり【伊達】

 第10戦伊達雪まつり―冬の陣(同実行委員会主催)が16、17の両日、だて歴史の杜カルチャーセンター前の屋外広場で開かれる。節目を記念して日程を2日間に拡大する。雪の滑り台や参加型アトラクション...

名寄新聞

17日にびふかウインターフェスタ【美深】

 「びふかウインターフェスタ2019」が、17日午前9時から美深運動公園と町民スキー場を会場に開かれる。当日はジュニアアルペンスキー大会、お楽しみ抽選会、雪中フラッグゲームなど、多彩なプログラムで楽...