北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

能に触れ体験を、大雄寺で21日にワークショップ【伊達】

伊達能「摺上」実行委は21日のワークショップの参加を呼び掛けている

 仙台藩亘理伊達家の2代目当主・伊達成実(しげざね)の生誕450年を記念した能「摺上(すりあげ)」が伊達市内で上演されるのを前に、実行委員会は21日、「能楽ワークショップ」を開く。プロの能楽師が、所作や狂言の笑いなどを紹介。囃子(はやし)も入れた本格的な仕舞の披露もある。実行委は「能に触れ、体験できる機会はめったにない。ぜひ参加を」と呼び掛けている。

 摺上は江戸時代後期に仙台藩内で創作された秘曲。成実がシテ(主役)で、いとこの伊達政宗が1589年、奥羽の覇者となった「摺上原の戦い」を語る勝修羅物(かちしゅらもの)。成実が政宗とともに戦い、敵陣の重臣を味方に取り込むなど勝利に貢献したさまを描く。だて歴史の杜カルチャーセンターで22日午後2時半から開かれる。

 ワークショップは市内元町の大雄寺で午後4時から同5時半まで。「摺上」上演の前に少しでも多くの市民らに能楽の世界に親しんでもらいたい、と企画した。成実役を務める喜多流シテ方の佐々木多門氏(日本能楽会会員)をはじめ、囃子方ら出演者15人ほどが講師を務める。

 能楽についての解説、摺り足、足拍子の体験をはじめ、面を顔に当てたり装束を羽織ることができる。謡の体験や狂言の説明があるなど盛りだくさんの内容。質疑応答もあり市民と能楽の距離を詰める。さらに午後5時40分から、同寺境内に設けられた特設ステージで、佐々木氏が囃子の音に合わせ「摺上」の仕舞を披露する。

 実行委事務局の星麻美さんは「能楽は別世界との印象を持っている人が多いと思う。知れば知るほど面白いということを感じてほしい。日本の伝統文化に触れてください」とPRしている。ワークショップは参加無料で先着50人を募集。仕舞は誰でも自由に見学できる。

 ワークショップの申し込みは「摺上WEB」サイトの専用申し込みフォームからか、実行委、電話0142・82局3453番へ連絡するとよい。

「摺上」チケット販売

 伊達能「摺上」(22日午後2時半、だて歴史の杜カルチャーセンター)のチケットを販売している。同センターとインターネットチケット販売サイト「e+」で扱っている。S席6千円~2階席2千円の4段階。問い合わせは同センター、電話0142・22局1515番へ。

関連記事

室蘭民報

21日に子どもが企画「ほたて一日カフェ」初開催【室蘭】

 合同会社黒田(黒田悠士代表社員)が運営する放課後等デイサービス「ほたて」(室蘭市崎守町)が21日正午から、「ほたて一日カフェ」を初開催する。利用する子どもたちが企画から提供まで行い、地域住民...

室蘭民報

今年のむろらんカルチャーナイトは10月5日開催【室蘭】

 むろらんカルチャーナイト2018(同実行委員会主催)が10月5日午後3時~同9時、室蘭市内の各施設で開かれる。同実行委では、施設開放や企画を実施できる団体や実行委員を募っている。  室蘭の...

室蘭民報

母恋神社祭りですずらん通りが夏のにぎわい【室蘭】

 室蘭・母恋神社祭りが17日から始まった。母恋北町と母恋南町を結ぶ通称・すずらん通りには100を超える露店が軒を連ね、夏を楽しむ市民らでにぎわった。  この日は宵宮祭。会場にはチョコバナナや...

室蘭民報

北海道命名150年「1周ライド」参加者が室蘭入り【室蘭、札幌】

 北海道命名150年に合わせて、道内約2400キロを22日間かけて自転車で巡る「北海道1周ライド」の参加者が、16日に室蘭入りした。室蘭を含む「第7区」の参加者28人は、市内で昼食を取るなど、...

室蘭民報

マリンパークで「イルカサーフィン」始まる【登別】

 登別マリンパークニクス(登別市登別東町)は14日から、イルカショープールで夏バージョンのプログラム「イルカサーフィン」を始めた。  飼育員がバンドウイルカの背に乗り、波しぶきを上げ豪快にプ...