北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

町内会参加へチラシ刷新 加入率減少で役割説明【帯広】

 少子高齢化や近所付き合いの薄れなどを背景に、帯広市内で町内会の加入世帯が減少している。町内会の活動が先細りする中、帯広市は転入者へ配布するチラシを一新し、町内会費の使い道など町内会が地域で果たす役割を改めてアピールしている。広報の見直しから着手した市は、「町内会にぜひ加入し、地域の活動に参加してほしい」と呼び掛けている。

新しくなった町内会のチラシをPRする市民活動推進課の職員

 2017年度の市内の町内会数は769。総戸数7万2551戸のうち、加入しているのは4万5063戸で、加入率は62.1%だった。08年度の68.9%から、少しずつではあるが、毎年減少の一途をたどっている。

 これまでも市では、町内会加入の勧誘を目的として、転入者へチラシを配布していた。しかし従来のチラシでは、市担当者らが記載するはずの「町内会の連絡先」が空欄のままとなっており、加入に当たり市民に一部混乱が生じていた。

 指摘を受けた市は今年度、チラシの構成を改め、町内会に加入するメリットや、町内会費の用途を円グラフで表すなど工夫をみせている。

 チラシでは、町内会費の使い道を行事運営費や防犯灯の電気代、環境美化代などに項目分けし、地域の中で町内会が果たす役割を明示した。例えば、市内には防犯灯が約1万6000灯あるが、その電気代の6~8割を市が負担し、残りの費用は町内会費によって賄われている。

 また、防災、環境・美化、防犯、集会施設の管理、見守り、情報伝達の6つの役割を挙げ、「町内会の活動は必ずあなたの生活に密接に関わり、役立っています」と訴えている。

 町内会には人と人をつなげ“地域の輪”を広げる役割がある。市民活動推進課は「町内会の活動は未加入者にとっては見えにくい部分も多いかもしれない。防犯や清掃面で貢献している部分が多い。ぜひ加入し、地域の活動に参加してほしい」と呼び掛けている。

関連記事

十勝毎日新聞

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」【帯広】

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

十勝毎日新聞

陸別町100年 記念式典 飛躍を誓う【陸別】

 陸別町開町100年記念式典が23日午前10時から、町タウンホールで開かれた。発展の1世紀を支えた功労者をたたえ、小さくてもきらり輝く町へ、さらなる飛躍を誓った。  町は1919(大正8)年...

十勝毎日新聞

餅まきに興奮 みのり祭り【浦幌】

 秋分の日の23日、秋の味覚を楽しむイベント「第43回うらほろふるさとのみのり祭り」(町観光協会主催)が午前10時から町内のうらほろ森林公園で開かれ、家族連れら約3万1000人(主催者発表)で...

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...