北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

町内会参加へチラシ刷新 加入率減少で役割説明【帯広】

 少子高齢化や近所付き合いの薄れなどを背景に、帯広市内で町内会の加入世帯が減少している。町内会の活動が先細りする中、帯広市は転入者へ配布するチラシを一新し、町内会費の使い道など町内会が地域で果たす役割を改めてアピールしている。広報の見直しから着手した市は、「町内会にぜひ加入し、地域の活動に参加してほしい」と呼び掛けている。

新しくなった町内会のチラシをPRする市民活動推進課の職員

 2017年度の市内の町内会数は769。総戸数7万2551戸のうち、加入しているのは4万5063戸で、加入率は62.1%だった。08年度の68.9%から、少しずつではあるが、毎年減少の一途をたどっている。

 これまでも市では、町内会加入の勧誘を目的として、転入者へチラシを配布していた。しかし従来のチラシでは、市担当者らが記載するはずの「町内会の連絡先」が空欄のままとなっており、加入に当たり市民に一部混乱が生じていた。

 指摘を受けた市は今年度、チラシの構成を改め、町内会に加入するメリットや、町内会費の用途を円グラフで表すなど工夫をみせている。

 チラシでは、町内会費の使い道を行事運営費や防犯灯の電気代、環境美化代などに項目分けし、地域の中で町内会が果たす役割を明示した。例えば、市内には防犯灯が約1万6000灯あるが、その電気代の6~8割を市が負担し、残りの費用は町内会費によって賄われている。

 また、防災、環境・美化、防犯、集会施設の管理、見守り、情報伝達の6つの役割を挙げ、「町内会の活動は必ずあなたの生活に密接に関わり、役立っています」と訴えている。

 町内会には人と人をつなげ“地域の輪”を広げる役割がある。市民活動推進課は「町内会の活動は未加入者にとっては見えにくい部分も多いかもしれない。防犯や清掃面で貢献している部分が多い。ぜひ加入し、地域の活動に参加してほしい」と呼び掛けている。

関連記事

根室新聞

北方領土の集い開く 青年会議所の「イキモノ図鑑」も披露【根室】

 道北方領土対策根室地域本部(大内隆寛本部長=根振興局長)による若年層向けの啓発イベント「2019北方領土の集い」が16日、道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれ、休日の親子連れが遊びを通じて北...

根室新聞

自主防災組織 6割が市の助成制度活用【根室】

 災害時に地域社会で助け合う「共助」の役割を果たす自主防災組織。根室市では平成25年度から活動補助制度を創設し、組織化と活発な活動を促している。現在、市内113町会のうち、77自主防災組織が結成されて...

根室新聞

「返還まで粘り強く」多楽会が総会・敬老会【根室】

 歯舞群島・多楽島の元島民や後継者で組織している多楽会(河田弘登志会長)は17日、根室グランドホテルで平成31年度総会を開いた。約70人が参加し、一日も早いふるさとの返還実現に向けて、力を合わせて運...

日高報知新聞

灼熱のひだか冬グルメ

 日高管内の6温泉・入浴宿泊施設でつくる「ひだか元気グルメ研究会」(会長・三国昭博アポイ山荘支配人)は、9日から4月21日まで冬の旬グルメとして熱々メニューの「灼熱のひだか冬グルメ」を9施設・店...

日高報知新聞

「インティは強い馬」【浦河】

 今年の中央競馬GⅠ初レースとなったフェブラリーステークスで、破竹の7連勝でGI初制覇を果たしたインティ(牡5歳)。同馬を生産した浦河町野深の山下恭茂牧場にとってもGI勝利は初めての快挙だ。同日...