北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

行事縮小も4000人【新ひだか】

【新ひだか】初夏を告げる「第24回みついし蓬莱山まつり」(実行委主催)が8日、三石川河川敷の蓬莱山公園で開かれた。天候には恵まれたものの、祭りのシンボルとなる大しめ縄の架設やよさこいソーランが中止になったことから、来場者数は昨年よりも約3000人以上少ない4022人(主催者発表)にとどまった。

 前日までの大雨から一転、この日は時折青空も見られる天候となったが、三石川の増水で架設橋の設置は断念。三石川右岸会場で行う予定だった三石消防署イベントコーナーと乗馬などキッズコーナーは中止になった。

 人気のみついし和牛販売コーナーは午前10時の販売開始前までに140人分の整理券を配布。牛2頭分の各種ステーキや焼肉用、ハンバーグなどを販売し、早速バーベキューコーナーで炭火焼きにして味わう人の姿が多く見られた。

 ステージは染退太鼓による演奏「出陣太鼓」で開幕。三石中吹奏楽部が「やさしさに包まれたなら」などを演奏した後、実行委の橋本勝司委員長は「今回の蓬莱山まつりは、よさこいも中止となったが、音楽フェスティバルのような祭りになると思う。良い肉も売っているので皆さん楽しんでいっていただけたら」と歓迎のあいさつ。

 続いて、様似町のフォーク夫婦デュオ・ひで&たまが「なごり雪」など、町内のダンスサークル・Snow―Dropsがヒップホップダンスを披露。三石出身のシンガーソングライター・阿部卓馬さんは新曲「愛の花~デルフィニウム~」や札幌のダンスユニット・ChaChaGirls、町内小学生らによるトマトキッズと共演して「太陽の瞳」などを熱唱した。

 この後、静内高吹奏楽部がディズニー映画の「アンダー・ザ・シー」などを演奏し、宗谷管内幌延町観光大使のギタリスト・井上仁志さん、バラエティ番組「ブギウギ専務」で馴染みのミュージシャン・上杉周大さんがそれぞれパワフルな歌唱とパフォーマンスで会場を沸かせた。またオーディション番組「今夜、誕生!音楽チャンプ」で歌手デビューを果たした丸山純奈さんがボーカルを務めるPOLUが美しい歌声を響かせて来場者を魅了した。

 最後は恒例のほうらいジャンボくじが行われ、1000円のつかみ取りなど豪華景品を目当てに、来場者たちは一喜一憂していた。

客席の近くで「ファイターズ讃歌」を披露する上杉さん(右)

関連記事

苫小牧民報

142年ぶりご神像公開 平取・義経神社奉納220年記念

 源義経の渡来伝説を持つ平取町本町の義経神社(楡田美浩宮司)で21日、義経公の神像奉納220年記念の神事が執り行われ、142年ぶりにご神像が一般公開された。  義経公のご神像は木製で高さ40セ...

日高報知新聞

桜並木の樹勢回復に【新ひだか】

【新ひだか】地方創生税制(企業版ふるさと納税)の対象事業となっている二十間道路桜並木樹勢回復事業に、札幌市の宅地建物取引業「河村ビル開発」から寄付の申し出があり、19日に代表取締役の河村有泰さんが大...

日高報知新聞

9月から外来診療休診へ【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1、武岡哲良院長)は、9月1日から精神神経科の外来診療を休診する。これまで東京大学から出張医1人が月3日間の診療に当たってきたが、主として派遣していた医師の都合に...

十勝毎日新聞

「市場まつり」5年ぶり復活 十勝の台所が地域還元【帯広】

 帯広地方卸売市場(帯広市西21北1、高橋正行社長)で8月26日、「市場まつり」が5年ぶりに開かれる。毎回約1万人の来場者を集めた人気イベントの復活となる。復活記念として「特製海鮮丼」を数量限定で...

十勝毎日新聞

リスザル舎の壁面に大自然 越後谷さんアート制作 おびひろ動物園【帯広】

 スプレーアーティストの越後谷勇樹さん(35)=足寄町=が20日、おびひろ動物園(柚原和敏園長)のリスザル舎の壁にスプレーアートを完成させた。1週間かけて制作し、大自然の風景を鮮やかに描いた。...