北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

陸自第7師団、西日本豪雨被災地へ 11普連の43人、車両11両出発

小野塚師団長(左)の激励を受ける災害派遣部隊

 西日本を中心にした豪雨災害を受けて、陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は9日、災害派遣部隊を被災地に出発させた。第11普通科連隊(宮内雅也連隊長)の隊員43人、車両11両が愛媛県で活動する予定で、盛大な見送りを受けて同駐屯地から被災地に向かった。

 陸自北部方面隊は9日午後、被災地で給水支援、入浴支援を行うため、道内4個の師団と旅団から隊員約160人、車両約60両の派遣を決定。7師団は11普連の第6普通科中隊(高正秀基中隊長)を派遣し、給水支援隊の一翼を担う。車両のうち水トレーラーは10両で、1両の給水量は1トンを誇る。

 この日は午後6時すぎに7師団司令部庁舎前で、高正中隊長ら派遣部隊の隊員が整列し、小野塚貴之師団長に出発を報告。小野塚師団長は「未曽有の災害で、国を挙げて対応している」と強調し、隊員らに「被災者目線に立った活動を心掛けてほしい。7師団代表としての活躍を期待している」と激励した。

 同駐屯地の正門付近では、11普連をはじめ隊員約600人が車道の両脇を埋め、車両に乗り込んで出発する派遣部隊を拍手で送り出した。千歳市の山口幸太郎市長をはじめ、千歳・恵庭両市や市議会、隊友会千歳支部など関係者約50人も駆け付け、横断幕を掲げながら「頑張って」などと声援を送った。

 7師団の災害派遣は2016年の熊本地震以来で、高正中隊長(41)は「7師団の代表として被災された方々に寄り添う支援ができるよう頑張る」と抱負。千歳を警備隊区とする11普連の出立に、山口市長は「とても心強い。被災された方々のために頑張ってほしい」と目を細めていた。

 派遣部隊は同日夜に小樽港からフェリーでたち、11日にも香川県の善通寺駐屯地に前進し、愛媛の被災地で活動する予定。7師団からは10日午後にも第7後方支援連隊が入浴支援派遣で出発する。

関係者の見送りを受けて災害派遣部隊が出発

関連記事

十勝毎日新聞

山田さん「学芸員目指す」 協力隊に着任【上士幌】

 上士幌町の地域おこし協力隊として、北大大学院で河川の生態系を研究している山田太平さん(24)が着任した。商工観光課に所属、ひがし大雪自然館の学芸推進員として、ぬかびら地区の生態調査に取り組む。...

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...

釧路新聞

キリン「コハネ」妊娠/釧路市動物園

 釧路市動物園(古賀公也園長)は18日、飼育中のアミメキリンの「コハネ」が妊娠したと発表した。2013年に来園した「スカイ」との第1子で、来年の夏ごろ出産予定。生まれた子供の釧路での一般公開はせ...

日高報知新聞

「キムンカムイとアイヌ」

【新ひだか】町教委、アイヌ民族文化財団主催の平成30年度アイヌ工芸展「キムンカムイとアイヌ―春夏秋冬―」が15日、町博物館で始まった。11月4日までで、入場無料。  アイヌ工芸展は、アイヌ文化への国...