北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

ソフトテニス・子ども軟庭倶楽部の7人が全国へ【登別】

半世紀の営業に幕を下ろす若草バッティングセンター

 ソフトテニス・登別子ども軟庭倶楽部(寺田貞由監督)の4ペア7選手が、愛媛県で26~29日に行われる第35回全日本小学生選手権大会に初出場する。小学生が出場できる大会としては国内最大規模。息の合ったコンビネーションで強敵打倒を目指す。

 試合は個人戦(ダブルス)と団体戦で、登別からは個人戦に4ペアが挑む。男子は宇野廉太朗(幌別小6年)・義達壮心(登別青葉小6年)、加藤龍牙(若草小6年)・斎藤緋月(鷲別小5年)、女子は義達心陽(登別青葉小5年)・佐々木南帆(同)、籠山奈緒(幌別西小6年)と静内の選手。

 5月に美唄市で道予選が行われ、ベスト4までが全国切符を得た。宇野・義達壮は準優勝。初戦はサーブが入らず苦しんだが、後に修正。全国では「積極的に攻めて自分の力を発揮したい」(宇野)、「予選では途中からサーブが入るようになった。1位になる力をつけたい」(義達壮)と意気込む。

 加藤・斎藤は3位で予選突破。斎藤は「最後まで声を出せた。気持ちで負けなかった」と集中力を切らさなかった。後衛の加藤は「走らされて無理にボールを打ってしまった」と反省。2人で全国ベスト8を目指す。

 籠山は準優勝。道予選前の週末は、ペアを組む静内の選手の家に寝泊まりしながら連係を磨いた。「今まで練習してきたことを出せた。相手にペースを奪われないようにしたい」と大舞台でも上位入賞を誓う。

 義達心・佐々木は4位。まだ5年生だが、道予選では6年生とも渡り合った。義達心は「うまい人ばかりだけど強い気持ちで頑張れた」と笑顔。佐々木は「6年生に立ち向かえたけどミスも多かった」と振り返り、全国での白星を狙う。

 レシーブ中心の練習で守りを固め、寺本監督は「凡ミスが無くなった。最後までボールを追い掛けられた」と成長ぶりに手応えを深める。全国から強豪が集う大舞台。まずは初戦を制して初白星を狙う。

関連記事

十勝毎日新聞

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」【帯広】

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

十勝毎日新聞

陸別町100年 記念式典 飛躍を誓う【陸別】

 陸別町開町100年記念式典が23日午前10時から、町タウンホールで開かれた。発展の1世紀を支えた功労者をたたえ、小さくてもきらり輝く町へ、さらなる飛躍を誓った。  町は1919(大正8)年...

十勝毎日新聞

餅まきに興奮 みのり祭り【浦幌】

 秋分の日の23日、秋の味覚を楽しむイベント「第43回うらほろふるさとのみのり祭り」(町観光協会主催)が午前10時から町内のうらほろ森林公園で開かれ、家族連れら約3万1000人(主催者発表)で...

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...