北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

地域交流食堂「もとむろランチ」が15日開店【室蘭】

もとむろランチをアピールする旗とポスター

 室蘭・白鳥台、陣屋、石川町の地域住民有志で運営する地域交流食堂「もとむろランチ」(上西武司代表)は15日のスタートに向け、メニューを決めるなど準備を進めている。地域交流食堂は子どもから高齢者まで、地域住民の世代間交流促進を目指す。

 対象は本室蘭中学校区(白鳥台、陣屋、崎守、石川町)。会場は白鳥台ショッピングセンターハック。今後は毎月第3日曜日に開催する。

 開始に向け、高さ約180センチの手作り旗を製作。1日には試作をし、5日には具体的な流れを確認した。

 さらに賛助会員やボランティア会員を募っている。賛助会員は1口500円で千口を目指し、寄付を集めている。

 初日のメニューはごはん、みそ汁、鶏の唐揚げ、もやしサラダ。上西代表は「最低でも(初日は)20人の入り込みを目指したい」と意気込む。

 時間は午前11時半~午後1時半で大人300円、子ども100円。「最初が重要。おいしい食事を提供したい。それが作る人たちの声で代表としても同じ思い。しっかりと準備をしていきたい」と話している。

 問い合わせは上西代表、電話0143・59局4649番、もしくは事務局長の山田さん、電話0143・59局5255番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

十勝毎日新聞

パン「満寿屋」題材 単行本27日発売【帯広】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)を題材としたノンフィクション本「世界に一軒だけのパン屋」(野地秩嘉著、小学館)が十勝で27日にも発売される(全国は26日)。同社では発売を記念し、...

苫小牧民報

白老の特産品味わって ギフトセット受け付け開始

 白老町竹浦のはまのマルシェでは、今年も白老の特産品を詰め合わせたギフトセット「しらおいの恵み」の注文受け付けを始めた。前浜産の毛ガニや白老牛のほか、今回新たに原木干しシイタケを取り入れるなどし...

十勝毎日新聞

地元コンブの給食おいしい 漁協が提供【広尾】

 地元の食材を使った「ふるさと給食」として、「広尾コンブの和風スープスパゲティ」が9日、広尾町内の幼稚園、小・中学校、高校で提供された。  広尾漁協昆布漁業部会(相津雅士部会長)が無償提供した...

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」純米大吟醸10日発売【十勝】

 産学官の「とかち酒文化再現プロジェクト」(事務局・帯広信用金庫)で醸造に取り組む地酒「十勝晴れ」に「純米大吟醸」が初めて加わり、10日から管内の小売店など約100店で販売される。  純米大吟...