北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

“隣まち”宮古の味を一堂に、15日にフェア【室蘭】

三陸宮古うんめぇもんフェアをPRするポスター

 宮古商工会議所(花坂康太郎会頭)は14日、室蘭市宮の森町の蓬らい殿で、室蘭地域の企業を対象にした展示商談会を実施する。翌15日には同所で三陸宮古うんめぇもんフェアを開催、宮古市周辺の特産品を多数販売する。

 宮蘭フェリー就航を記念した事業で「宮古地域のものづくりについて知ってもらいたい」と初開催する。室蘭、伊達、登別商議所共催。宮古地域の水産加工や菓子製造、ものづくり企業など19社が参加する。午後1時~同5時。

 フェアは午前10時半~午後3時。すがたの「元祖いかせんべい」など22社の商品を販売する。万能液体調味料の「たつっと浜だれ」、ワカメなどが入った「ミヤコロッケ」、「鮭冷燻スライス」、ブランドワカメ「真崎わかめ」などを並べる。

 盛り上げ策も用意。先着385人(みやこ)に特産品をプレゼント。午前10時半からは特産塩蔵ワカメなどを会場にまく「海藻まき」を実施。正午と午後2時半には無料ペア宿泊券などが当たるじゃんけん大会で盛り上げる。

 宮古商議所は「これまでの官民交流から一歩踏み出し、ビジネスレベルでの産業連携につなげていければ。多くの人に宮古や周辺地域を知ってもらいたい。ぜひ来場し、楽しんで」とPRしている。

 問い合わせは同商議所、電話0193・62局3233番へ。

関連記事

十勝毎日新聞

トウモロコシをあんまんに 道の駅で販売【士幌】

 士幌町の道の駅「ピア21しほろ」内でショップを運営するat LOCAL(堀田悠希社長)は8日から、地場産のトウモロコシを使った「とうきびまん」の販売を始めた。  士幌産のブランド牛「しほろ牛...

十勝毎日新聞

パン「満寿屋」題材 単行本27日発売【帯広】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)を題材としたノンフィクション本「世界に一軒だけのパン屋」(野地秩嘉著、小学館)が十勝で27日にも発売される(全国は26日)。同社では発売を記念し、...

苫小牧民報

白老の特産品味わって ギフトセット受け付け開始

 白老町竹浦のはまのマルシェでは、今年も白老の特産品を詰め合わせたギフトセット「しらおいの恵み」の注文受け付けを始めた。前浜産の毛ガニや白老牛のほか、今回新たに原木干しシイタケを取り入れるなどし...

十勝毎日新聞

地元コンブの給食おいしい 漁協が提供【広尾】

 地元の食材を使った「ふるさと給食」として、「広尾コンブの和風スープスパゲティ」が9日、広尾町内の幼稚園、小・中学校、高校で提供された。  広尾漁協昆布漁業部会(相津雅士部会長)が無償提供した...

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」純米大吟醸10日発売【十勝】

 産学官の「とかち酒文化再現プロジェクト」(事務局・帯広信用金庫)で醸造に取り組む地酒「十勝晴れ」に「純米大吟醸」が初めて加わり、10日から管内の小売店など約100店で販売される。  純米大吟...