北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

防災主眼のコミュニティーを 北海道南西沖地震で被災した東北大定池助教に聞く【奥尻】

防災を基盤に置いたコミュニティーづくりを呼び掛ける定池助教

 北海道南西沖地震を奥尻島で被災したことをきっかけに、防災研究を志した東北大災害科学国際研究所の定池祐季さん(39)。発生から25年の節目に、当時の様子や防災に対する心構えを聞いた。  

 ――南西沖地震が発生した時の様子は。

 当時は中学2年生でした。自分の部屋にいた時、約1分半の長い揺れに襲われました。たんすとその上に乗ったラジカセをとっさに押さえたが倒れてしまい、その場に座り込みました。電気も消え、真っ暗になってしまいました。すぐに津波が来るとは思いませんでした。日本海中部地震(1983年)を経験していた近所の人が教えてくれ、高台へ逃げ、家族で車中泊をして一夜を過ごしました。

 ――25年の間に道南でも人口減少や高齢化が進み、津波からの避難に不安を感じる住民もいると思うが。  海が近くにある生活が好きな人もいます。豊かな人生を送ることが大切で、高台移転がすべて正しいとは思いません。その分、住民自身で身を守る方法が必要。車が使えない場合はどうしたらいいのか、厳しい冬に避難する時はどうするかなど、住民同士が助け合って考えないといけない。

 ――自助・共助・公助の仕組みを整えていくには、どうしたらいいのか。

 普段の近所づきあいを重ねて、いざという時に役立てば良いという発想ではなく、防災を主眼に置いてコミュニティーを作っていく気持ちが必要です。人の命はかけがえがない。たとえ仲が良くなくても、考え方が違っても、命が大事という価値観は共通です。

 函館えさん小の避難路整備では、子どもの安全対策を契機に地域がまとまりました。高知県では行政が避難タワーを整備し、住民の目標物ができたことで、タワーに至るまでの避難を住民自身で考え始めています。

 何気ない普段の生活が防災につながる「結果防災」という考え方もあります。行政が進める介護予防は、自力で避難可能な体力の維持につながるという見方もできます。防災はゴールのないマラソンのようなもの。アイデア次第で楽しく取り組むとともに、目標を「見える化」することが大事です。

 さだいけ・ゆき 1979年上川管内剣淵町生まれ。父の転勤で奥尻島に暮らしていた93年7月に被災。北海道大学大学院文学研究科修了。災害の伝承などが研究テーマ。

関連記事

十勝毎日新聞

ホッケーの絆、苫小牧応援 アリーナに横断幕【清水】

 NPO清水町アイスホッケー協会は管理・運営する町アリーナのロビーに、胆振東部地震の被災者らを応援する横断幕を設置した。  同協会は東日本大震災などでも、寄付をはじめ被災地を応援する取り組みを...

十勝毎日新聞

ウィッグ通販月1000件 佐藤さんに国内外から注文【陸別】

 ウィッグ(かつら)の通信販売を行い、軌道に乗り始めた女性経営者がいる。陸別町内に事務所を構え、インターネット通販サイト「SUGARCRANZ(シュガークランツ)」を運営する佐藤加奈子さん(36...

十勝毎日新聞

山田さん「学芸員目指す」 協力隊に着任【上士幌】

 上士幌町の地域おこし協力隊として、北大大学院で河川の生態系を研究している山田太平さん(24)が着任した。商工観光課に所属、ひがし大雪自然館の学芸推進員として、ぬかびら地区の生態調査に取り組む。...

函館新聞

若手バンド、大ホールで熱演 北斗でミュージックフェスタ初開催【北斗】

 【北斗】アマチュアバンドなどが集う「かなでーるミュージックフェスタinホクト」が16日、市総合文化センターかなでーるで開かれた。市内外から特別ゲスト2組を含む21組が出演し、若者らしいパワーあ...

函館新聞

シエスタの情報盛りだくさん フリーペーパー「moccho!」創刊【函館】

 函館市本町の商業施設シエスタハコダテの情報を伝えるフリーペーパー「moccho!(モッチョ)」が完成した。9月発行の創刊号は「無印良品」のお薦めスポットなどを特集。今後、毎月1回の発行を目指す...