北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

大雪被害の復旧資金【新ひだか】

【新ひだか】町商工会大雪被害復興支援協賛会(土屋祐喜会長)は10日、2月の大雪農業被害災害復旧資金として町へ計304万3632円を寄付した。

 2月の大雪で農業用ビニールハウスが倒壊するなど大きな被害を受けた町内の農業者を支援しようと、町商工会では3月から寄付金を集める準備を始め、5月7日に協賛会を立ち上げ、同10日から商工会員向けに寄付金を募っていた。

 6月5日に寄付金100万円を町に寄付しており、同30日までの受付期間で前回の寄付分を合わせて87件(持参67件、振込20件)、寄付金額は307万4001円となり、必要経費を除いた分をこの日、土屋会長が役場静内庁舎を訪れて寄付した。

 土屋会長は「協賛会を立ち上げるときには100万円を一区切りという思いで始まったので、300万円を超えるような金額になったのは、商工会員や町民の皆さんが(被災農家に)何か応援したいという気持ちが形になって現れたのでは」とし、「町の経済を支えている農業者の生活再建に役立ててほしい」とお願いした。

 町では平成30年度一般会計補正予算で、大雪復旧支援対策事業補助金3677万1千円を計上していることから、大野町長は「農業者の方々の生活再建のためにという言葉なので、町としても一定程度の支援をさせていただいているが、この寄付金を農家のために十分活用していきたい」と感謝していた。

大野町長(右)に目録を手渡す土屋会長(左)

関連記事

根室新聞

税収30億円に赤信号 収納率は最高水準で健闘【根室】

 自主財源の大宗を占める市税だが、根室市の平成30年度の市税調定額が30億円を割り込みそうだ。1月末現在の調定額は29億4,430万円で、前年同期比1億4,700万円減と大幅に落ち込んでいる。一方、収納率は8493...

苫小牧民報

道産PRイベントで最高賞獲得「うれしい」 安平・夢民舎のクリームチーズは..

 安平町早来大町のチーズ工房「夢民舎」(宮本正典社長)の「クリームチーズはやきた」が、道産チーズのPRイベント「北海道地チーズ博2019」(ホクレン農業協同組合連合会主催)で、最高賞のグランプリ...

日高報知新聞

インカンテーションなど【浦河】

 浦河町西幌別のイーストスタッドで15日、種牡馬展示会が開かれ、浦河町産馬のインカンテーションなど2頭の新種牡馬や3頭の新入きゅう馬ほか、今シーズンに供用するけい養種牡馬を牧場関係者らに披露した。 ...

日高報知新聞

議員のなり手不足など【新ひだか】

【新ひだか】町議会による「議会報告会」が14日夜、地域交流センターピュアプラザで開かれ、参加者と議員のなり手不足などについて意見を交えた。  議会報告会は、議会活動や議会改革の取り組みについて町民...

十勝毎日新聞

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家【中札内】

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...