北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ねむろ半島遊覧バス「のさっぷ号」運行開始【根室】

第一便に乗り込む観光客

 根室市内の主要な観光地を巡るねむろ半島遊覧バス「のさっぷ号」は14日、今季の運行を開始した。午前8時から駅前バスターミナルで出発式が行われ、第一便には香港からの2人を含む6人の観光客が乗り込み、同15分、関係者の見送りを受けて半島一周観光に向かった。のさっぷ号は、9月24日まで73日間にわたって毎日2コースで運行される。

 根室半島一周北方領土問題啓発バス運行事業として、昭和54年の開始から40年目。JR花咲線や都市間バスなどで根室を訪れる観光客の交通の利便性を確保し、根室観光を楽しんでもらうとともに、納沙布観光などを通して北方領土問題への関心を喚起する。

 出発式には、根室市観光協会から小林茂会長、魚谷直世副会長、根室交通から岡野将光社長(観光協会副会長)ら関係者が参加。第一便に乗り込む観光客を前に、小林会長が「ようこそ根室へ。手つかずの自然やグルメなど、根室の旅を存分に楽しんでください」と歓迎。安全運行を願って観光協会からドライバーの柿本毅さんにジャンボキー、ガイドの工藤力さんに花束、乗客に北方領土返還要求運動の啓発グッズや記念品を贈って運行開始を祝った。

 第1便は、午前8時15分、関係者に見送られてターミナルを出発。乗客たちはガイドの案内に耳を傾けながらバスで巡る根室の旅を楽しんだ。香港からの乗客には、スマートフォンなどで利用できる日本語、英語、中国語に対応した根室市観光音声ガイドのシステムを紹介した。

 のさっぷ号は今年も同ターミナルを発着の基点に、「のさっぷ岬コース」と「車石・風蓮湖コース」で運行される。

 のさっぷ岬コースは、毎日午前8時15分にターミナルを出発。明治公園―納沙布岬―北方原生花園―金刀比羅神社を回り、午前10時50分にターミナルに戻る。

 車石・風蓮湖コースは、午前11時にターミナルを出発。市歴史と自然の資料館(開館日)、花咲灯台と車石、道の駅スワン44ねむろ、春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター、北方四島交流センターを見学して午後3時半にターミナルで終点となる。

 料金は、のさっぷ岬コースが大人1,850円、小人(小学生以下)930円。車石・風蓮湖コースが大人1,700円、小人(同)850円。両コースを通して乗車する一周コースは大人2,500円、小人(同)1,250円。駅前バスターミナルで発券する。

 問い合わせは根室交通(℡0153-24-2201番)、または市観光協会(℡0153-24-3104番)へ。

関連記事

日高報知新聞

様似での約束で共演実現【新ひだか】

【新ひだか】ピアニストの川口信子さんと、浦河町在住のジャズベーシストの立花泰彦さんによるコンサートが11日夜、三石蓬栄の蓬莱音楽館で開かれ、約30人の観客がプロの演奏に酔いしれた。  川口さんは...

日高報知新聞

海自支援艦「すおう」寄港【浦河】

 12日に浦河港に寄港した海自の多用途支援艦「すおう」(艦長・矢﨑政和3等海佐、乗員45人)の一般公開が13日にあり、大勢の住民が艦内を見学した。 青森県の大湊地方隊大湊警備隊所属の同艦(全長65...

苫小牧民報

苫小牧、白老上空に竜巻の卵 気象台が注意情報発表

 苫小牧市樽前と白老町社台の境界付近で15日午前7時40分すぎ、竜巻になる前段の漏斗(ろうと)雲が発生した。北海道付近は大気の不安定な状況にあり、室蘭地方気象台は目撃情報を受けて同日午前8時20...

苫小牧民報

ブランド立ち上げ。第1弾はシイタケマリネ 白老の地域おこし協力隊の林夫妻

 地域おこし協力隊として今年6月に白老町に移住してきた林啓介さん、林オルガさん夫妻が白老の魅力を発信するブランド「GREEN OWL」を立ち上げ、第1弾として、白老のシイタケを使った「シイタケマ...

苫小牧民報

ちょっと動いた 陸自の偵察警戒車と綱引き-千歳JCふるさとまつり

 千歳青年会議所(渡部順大理事長、千歳JC)は13日、真々地の私有地で「千歳ふるさとまつり2018」を開いた。大勢の親子連れが集合。歌や踊りのステージをはじめ、子供たちと陸上自衛隊の偵察警戒車と...