北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

マッスルスーツで楽々 士幌高の農業実習に活用へ【士幌】

マッスルスーツを装着して20キロの土のう袋が入ったカゴを持ち上げ、効果を確認する士幌高校の生徒ら

 士幌高校(近江勉校長)で19日、東京のベンチャー企業イノフェスが開発した、筋力を補助し腰の負担を和らげる「マッスルスーツ」の体験会が行われた。同社はこれまで全国の介護施設などを中心にスーツを販売。最近は農業分野でのニーズを探るため農業高校などにも貸与しており、体験会を行うのは道内高では初めて。

 同校が2016年に経済産業省の地域活性化支援事業に採択されたことが縁で実現。スーツはリュックのように背負い、空気圧式の「人工筋肉」が太もものフレームから補助力を伝える。標準モデルでは、物を持ち上げるときの筋力を最大35キロ分補助する。

 この日は、アグリビジネス、フードシステム両科の3年生35人が参加。同社社員から使い方について学びながら実際に装着した。ベルトの締め方や空気の入れ方などにやや苦戦しながらも、約20キロの土のう袋が入ったカゴを持ち上げると、生徒からは「少し楽になった」「引っ張られるような感覚」などと歓声が上がった。

 アグリビジネス科の男子生徒は「腰が軽くなり驚いた。収穫期のジャガイモなど、皆でやっていたトラックの積み込み作業も一人でできそう」、杉本忠宏教頭は「腰痛に悩む農家から相談を受けたこともある。生徒だけにとどまらず、地元の農家を招いた体験会なども企画していきたい」と話していた。

 スーツは当面の期間、同校に無償で貸与され、農業実習などで活用される。

関連記事

日高報知新聞

感謝の〝あんもち”【えりも】

【えりも】町郷土資料館N42度の会(新松隆会長)は8日、会の活動を支援・協力する個人や企業に感謝の気持ちを届けようと、同館で会員ら22人がもちつきに励んだ。  N42度の会は、郷土資料館の事業支援団体...

日高報知新聞

元気をあげに行こう?

【新冠】市民劇団ど・こ~れ新冠の第21回定期公演「田舎の子どもたちに元気をあげに行こう?」が8日夜、レ・コード館で開かれ、会場に詰めかけた500人の観客が子どもたちの熱演に大きな拍手を送った。  ...

苫小牧民報

JR日高線の橋梁、地震で損傷 復旧の場合は工期2年、費用5億円-富川―日高..

 JR北海道の島田修社長は12日の定例会見で、高波被害で不通が続く日高線鵡川―様似間のうち、富川―日高門別間に架かる「沙流川橋梁(きょうりょう)」(日高町)が9月の胆振東部地震で被災し、復旧する場...

苫小牧民報

千歳市消防本部で救急翻訳アプリ導入 15言語で病状など聞き取り

 増加するインバウンド(訪日外国人旅行者)への対応を充実させるため千歳市消防本部は救急隊用の多言語翻訳スマートフォンアプリ「救急ボイストラ」を導入した。消防署支笏湖温泉出張所(宮平史郎所長)は同...

十勝毎日新聞

クマさん冬眠準備 ベア・マウンテン【新得】

 クマさんも“仕事納め”-。サホロリゾート内の「ベア・マウンテン」(新得町狩勝高原、佐々木和好園長)で、飼育されているヒグマ全12頭の冬眠に入る準備が整った。  直前の10月後半から約1カ月間は...