北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

大好きな学校、魅力発信 FMいるかが新企画【函館】

安川さん(左)の進行で番組を進める函館本通中の生徒たち

 函館のコミュニティラジオ局「FMいるか」は、開局25周年の幸福度向上キャンペーン「Do More Happy!」の一環として、小中学校から子どもたちが生放送する新企画を行っている。28日には函館本通中(毛利繁和校長)の生徒会書記局7人が出演し、愛着ある学校の魅力や自慢を発信した。

 民間シンクタンクの調査で全国42の中核市のうち、函館の「幸福度」が最下位となったのがきっかけ。市民が函館の幸せを感じられるような企画を進行中で、校内放送と連携した「○○学校にFMいるかがやってきた!」は5月31日の函館鍛神小からスタートした。

 「こんにちは!」。昼休みの午後0時半ごろ、図書室で明るくあいさつしたのは、3年の畑茉凜さん、船越楓華さん、数馬麗さん、北島花乃音(かのん)さん、2年の中屋敷ひなたさん、内田翼空(たすく)君、佐藤神夢(かむい)君。パーソナリティー安川智巨さんの進行で、授業や給食の話題などのトークを繰り広げた。

 後半は約630人の生徒から寄せられた学校自慢を紹介。「辻沙絵選手の母校」「来年3月で退職する校長先生の誕生日をサプライズでお祝いした。生徒みんなが温かい」などのエピソードが披露された。

 約25分の放送。生徒会長の畑さんは「緊張したけど、安川さんがリードしてくれて楽しかった」と笑顔。中屋敷さんは「本格的な機材にどきどきした」、船越さんは「魅力を伝えきれないほど大好きな学校。聞いた方に届いていればうれしい」と話していた。

関連記事

函館新聞

初年度相談件数242件/「函館・道南サート」専用窓口【函館】

 性暴力被害に遭った人を救援支援する性暴力被害対応チーム「函館・道南SART(サート)」で、函館市が新設した専用窓口に寄せられた相談件数が2018年度242件に上ることが分かった。委託先のNPO...

函館新聞

朝市にミニ水族館 7月から/「はこだて海の教室」【函館】

 函館朝市に近海を模したミニ水族館が出現―。はこだて海の教室実行委(会長・菅原雅仁十字屋社長)は7月15日から、函館朝市えきに市場「いか釣堀広場」に大型水槽4基を設置する。子どもに国内屈指の「海の...

釧路新聞

「海洋パイオニアスクール」高校生が藻場学習【標津】

標津町立標津高校(中川雅司校長、149人)は22日、町海の公園で2019年度「海洋教育パイオニアスクール」として生物の授業で藻場学習を行い、生徒は海草や藻場に生息する生物について理解を深めた。同ス...

釧路新聞

阿寒湖で観察会 児童がマリモの生態学ぶ【釧路】

 NPO法人阿寒湖のマリモ保護会などが主催する、国の特別天然記念物マリモの観察会が22日、釧路市阿寒湖で開かれた。阿寒湖小(本川敬一校長・児童数56人)の6年生9人が、普段立ち入ることのできない生...

根室新聞

北方領土・貝殻島周辺コンブ漁 6月1日出漁【根室】

 今年の北方領土・歯舞群島の貝殻島周辺でのコンブ漁について、同漁の管理組合の歯舞漁協(小倉啓一組合長)は20日に開いた理事会で、操業開始日を6月1日に決めた。24日に開催する歯舞、根室、落石の...