北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

十勝若牛 カツサンドに 新千歳で来月発売【清水】

 JA十勝清水町(串田雅樹組合長)は、菓子メーカーのもりもと(千歳市、森本吉勝社長)と弁当チェーンを展開するアイチフーズ(札幌市、森谷明弘社長)と連携し、十勝若牛の空弁カツサンドを開発した。8月1日にオープンする北海道くらし百貨店新千歳空港で、限定販売する。

新千歳空港限定で販売する十勝若牛の(左から)ビーフフィレカツサンドとミルフィーユビーフカツサンド

 十勝若牛は、ホルスタイン種雄の赤身肉。通常より約半年短い、14カ月の肥育期間で出荷することで、牛独特の癖や脂肪を抑えた軟らかい肉質が特徴となっている。

 2012年の「牛肉サミット」(滋賀県)優勝や、十勝若牛を使用した「十勝清水牛玉ステーキ丼」の新・ご当地グルメグランプリ殿堂入り(3年連続総合優勝)などで知名度を上げてきた。

 今回開発した商品は、1頭230キロから3%しか取れないというヒレステーキ肉を使った「ビーフフィレカツ」(1080円)と、薄いスライス肉を重ねて食感が楽しめる「ミルフィーユビーフカツ」(680円)の2種類で、道産小麦の風味香る「もりもと食パン」でサンドした。毎日数量限定で提供する。

 同JA企画室販売企画課の吉国泰輔課長は「試行錯誤を重ねた末に完成した究極のカツサンド。全国規模での広がりを期待したい」と話している。

 北海道くらし百貨店新千歳空港は、国内線旅客ターミナルビル2階出発ゲート内5番搭乗口付近。「北海道と、暮らそう。」をテーマに道産食材を使用したスイーツや空弁を販売する。

関連記事

室蘭民報

えんプロ市今年初開催、地域住民でにぎわう【洞爺湖】

 洞爺湖、豊浦、壮瞥各町の若手農家によるグループ「えんプロジェクト」(小林裕司代表)の農産品を販売するえんプロ市が15日、洞爺湖町の虻田ふれ合いセンター駐車場であった。軽トラックの荷台に並んだ新...

室蘭民報

道の駅みたらで新メニューうずらんパフェを17日から販売【室蘭】

 リニューアルに合わせて開発された「うずらんソフトクリーム」が好評の道の駅みたら室蘭(室蘭市祝津町)で、17日から新メニュー「うずらんパフェ」3種類が販売される。  室蘭うずら園(石川町)のウ...

室蘭民報

寿浅が「甘露法水」で地酒開発、来月発売目指す【伊達】

 寿浅(伊達市山下町、寿浅雅俊代表取締役社長)は、伊達の地酒「伊達 甘露法水」の開発を進めている。伊達150年をきっかけに企画。特別純米酒で伊達産米を原料に、同市大滝区の三階滝公園内の湧き水「甘...

室蘭民報

農園たねびと、今年からイチゴ狩りスタート【豊浦】

 豊浦町大岸で佐藤英貴さん、律子さん夫婦が営む農園「G.S.W grow.seed.works たねびと」が今年からイチゴ狩りを始めた。イチゴを自由に摘み取って楽しめる。「ぜひ来園を」と呼び掛け...

室蘭民報

春レタスの収穫が最盛期、迎える【伊達】

 伊達市内では露地植えの春レタスの収穫が最盛期を迎えている。広瀬農園(広瀬隆一さん経営)では、早朝から隆一さんや跡継ぎの長男らが作業に励んでいる。今年のレタスも甘く、シャキシャキした歯ごたえが楽...