北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

新興電気に賞金5万円

【新ひだか】27日の「第12回新ひだか夏まつり前夜祭」(本町夏まつり実行委、みゆき通り商店街主催)で、静宝通り会場の新しいイベントとして「馬力綱引き大会」が行われ、白熱した試合展開に会場は大いに盛り上がった。

 綱引き大会は、開拓時代から労働力として馬との関わりが深く、現在はサラブレッドの生産頭数が全国一を誇る新ひだか町にちなんだ催しをと、実行委の石黒健治さんが発案。

 通常の綱引きとは異なり、5人1組(女性1人以上含む)で補助綱を肩に掛け、馬をイメージして互いに四つんばいで背面で引き合った。

 大会には陸上自衛隊静内駐屯地から3チームをはじめ、民間企業や農協、ママさんバレー、町職員らで構成する9チームが出場し、トーナメント戦で優勝賞金5万円を目指して熱戦を繰り広げた。

 初めて見る形の綱引きに来場者たちは大きな声援を送り、「お父さん頑張れ!」などと子どもや同僚から熱烈な応援を受け、出場者たちは力いっぱい綱を引き合った。戦国時代の甲冑姿で行司を務めた大川勝也さんも大会に華を添えた。

 決勝は静内神森の「新興電気」と自衛隊の「若駒」が対戦し、新興電気が先に2勝して優勝を飾り、実行委の佐藤雅裕会長から賞金とチャンピオンの証である「まつり綱」が贈られた。

 新興電気の磯貝羊一監督は「一致団結してやれたのでとても楽しかった。綱を引く位置を体重差で分ける作戦がうまくいった。賞金はみんなで相談して使いたい」、大会運営の石黒さんは「初回にしては盛り上がったので良かった。改良点はまだまだあるので来年に向けて検討していきたい」とそれぞれ話していた。

大勢の来場者が見守る中、熱戦が繰り広げられた馬力綱引き大会

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...