北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

札幌圏の高校生が鋳造実習、ものづくりの魅力に触れる【室蘭】

鋳造に集中する生徒たち

 室蘭工業大学ものづくり基盤センター(センター長・清水一道教授)、日本鋳造工学会共催「理系学生応援プロジェクト」が30日、水元町の同センターで始まり、初日は28人の技術者の卵が鋳造実習に臨んだ。最終日の31日は新日鉄住金室蘭製鉄所の工場などを見学する。

 同プロジェクトは2013年(平成25年)に札幌圏の高校生を対象に絞って始まった。今年の参加者は、札幌新川高1、2年生の理系分野を目指す生徒をはじめ清水教授の授業に興味を持つ文系の生徒もいた。江別市の野幌中学校2年生2人も加わった。

 鋳造実習は3段階に分けた。初めに「映像では分からない。実際にやってみることが重要」と清水教授が説明。生徒たちは第1段階の作業に取り掛かった。砂を満遍なく押し固めた木製の型枠に溶かした鉄を流し込んだ。固まって型枠を外してみると、見事なカントリーサインが現れた。

 第2段階は型にアルミニウムを流し込む効率の良い湯道を考えた。清水教授は「適当に流し込んでは失敗する。充填(じゅうてん)するためには頭で考えて実践する必要がある」と説明。生徒たちはどんな方法が最適か懸命に考えた。第3段階は第1段階の練習を基にしたジンギスカン鍋の製作。生徒たちは真剣なまなざしで、鋳造技術の奥深さと向き合って、ジンギスカン鍋を完成させた。

 清水教授は「1泊2日の体験学習を通して、さまざまなものづくりを体感し、魅力を発見して、進路の足しになれば」と期待を込めていた。

 これまで200人を超える同プロジェクトの参加者のうち20人余が室蘭工業大学へ進学している。

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...