北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

札幌圏の高校生が鋳造実習、ものづくりの魅力に触れる【室蘭】

鋳造に集中する生徒たち

 室蘭工業大学ものづくり基盤センター(センター長・清水一道教授)、日本鋳造工学会共催「理系学生応援プロジェクト」が30日、水元町の同センターで始まり、初日は28人の技術者の卵が鋳造実習に臨んだ。最終日の31日は新日鉄住金室蘭製鉄所の工場などを見学する。

 同プロジェクトは2013年(平成25年)に札幌圏の高校生を対象に絞って始まった。今年の参加者は、札幌新川高1、2年生の理系分野を目指す生徒をはじめ清水教授の授業に興味を持つ文系の生徒もいた。江別市の野幌中学校2年生2人も加わった。

 鋳造実習は3段階に分けた。初めに「映像では分からない。実際にやってみることが重要」と清水教授が説明。生徒たちは第1段階の作業に取り掛かった。砂を満遍なく押し固めた木製の型枠に溶かした鉄を流し込んだ。固まって型枠を外してみると、見事なカントリーサインが現れた。

 第2段階は型にアルミニウムを流し込む効率の良い湯道を考えた。清水教授は「適当に流し込んでは失敗する。充填(じゅうてん)するためには頭で考えて実践する必要がある」と説明。生徒たちはどんな方法が最適か懸命に考えた。第3段階は第1段階の練習を基にしたジンギスカン鍋の製作。生徒たちは真剣なまなざしで、鋳造技術の奥深さと向き合って、ジンギスカン鍋を完成させた。

 清水教授は「1泊2日の体験学習を通して、さまざまなものづくりを体感し、魅力を発見して、進路の足しになれば」と期待を込めていた。

 これまで200人を超える同プロジェクトの参加者のうち20人余が室蘭工業大学へ進学している。

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

十勝毎日新聞

さあW杯 ゲスト24カ国から340人【帯広】

 16日に明治北海道十勝オーバルで開幕するスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦を前に、帯広市内では世界各国から集まった選手や関係者らの姿が街中でも見られ、十勝のグルメを満喫する選手らへ...