北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

札幌圏の高校生が鋳造実習、ものづくりの魅力に触れる【室蘭】

鋳造に集中する生徒たち

 室蘭工業大学ものづくり基盤センター(センター長・清水一道教授)、日本鋳造工学会共催「理系学生応援プロジェクト」が30日、水元町の同センターで始まり、初日は28人の技術者の卵が鋳造実習に臨んだ。最終日の31日は新日鉄住金室蘭製鉄所の工場などを見学する。

 同プロジェクトは2013年(平成25年)に札幌圏の高校生を対象に絞って始まった。今年の参加者は、札幌新川高1、2年生の理系分野を目指す生徒をはじめ清水教授の授業に興味を持つ文系の生徒もいた。江別市の野幌中学校2年生2人も加わった。

 鋳造実習は3段階に分けた。初めに「映像では分からない。実際にやってみることが重要」と清水教授が説明。生徒たちは第1段階の作業に取り掛かった。砂を満遍なく押し固めた木製の型枠に溶かした鉄を流し込んだ。固まって型枠を外してみると、見事なカントリーサインが現れた。

 第2段階は型にアルミニウムを流し込む効率の良い湯道を考えた。清水教授は「適当に流し込んでは失敗する。充填(じゅうてん)するためには頭で考えて実践する必要がある」と説明。生徒たちはどんな方法が最適か懸命に考えた。第3段階は第1段階の練習を基にしたジンギスカン鍋の製作。生徒たちは真剣なまなざしで、鋳造技術の奥深さと向き合って、ジンギスカン鍋を完成させた。

 清水教授は「1泊2日の体験学習を通して、さまざまなものづくりを体感し、魅力を発見して、進路の足しになれば」と期待を込めていた。

 これまで200人を超える同プロジェクトの参加者のうち20人余が室蘭工業大学へ進学している。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...