北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

札幌圏の高校生が鋳造実習、ものづくりの魅力に触れる【室蘭】

鋳造に集中する生徒たち

 室蘭工業大学ものづくり基盤センター(センター長・清水一道教授)、日本鋳造工学会共催「理系学生応援プロジェクト」が30日、水元町の同センターで始まり、初日は28人の技術者の卵が鋳造実習に臨んだ。最終日の31日は新日鉄住金室蘭製鉄所の工場などを見学する。

 同プロジェクトは2013年(平成25年)に札幌圏の高校生を対象に絞って始まった。今年の参加者は、札幌新川高1、2年生の理系分野を目指す生徒をはじめ清水教授の授業に興味を持つ文系の生徒もいた。江別市の野幌中学校2年生2人も加わった。

 鋳造実習は3段階に分けた。初めに「映像では分からない。実際にやってみることが重要」と清水教授が説明。生徒たちは第1段階の作業に取り掛かった。砂を満遍なく押し固めた木製の型枠に溶かした鉄を流し込んだ。固まって型枠を外してみると、見事なカントリーサインが現れた。

 第2段階は型にアルミニウムを流し込む効率の良い湯道を考えた。清水教授は「適当に流し込んでは失敗する。充填(じゅうてん)するためには頭で考えて実践する必要がある」と説明。生徒たちはどんな方法が最適か懸命に考えた。第3段階は第1段階の練習を基にしたジンギスカン鍋の製作。生徒たちは真剣なまなざしで、鋳造技術の奥深さと向き合って、ジンギスカン鍋を完成させた。

 清水教授は「1泊2日の体験学習を通して、さまざまなものづくりを体感し、魅力を発見して、進路の足しになれば」と期待を込めていた。

 これまで200人を超える同プロジェクトの参加者のうち20人余が室蘭工業大学へ進学している。

関連記事

根室新聞

花咲線の利用促進に向け 行動計画策定へ【根室】

 JR花咲線の沿線自治体で構成する根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)の会合が15日、根室市総合文化会館で開かれた。会議は非公開で行われ、JR花咲線の利用促進に向けたア...

根室新聞

中標津空港 乗降客数2年連続の20万人ならず【根室】

 根室管内の空の玄関口、根室中標津空港は、昨年一年間の乗降客数が、前年より22パーセント減って19万7,000人台にとどまり、2年連続の20万人には届かなかった。千歳便はほぼ前年並みの11万人台に乗ったが、...

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】自家製の漬物の味を競う「第55回つけものコンクール」が14日、町福祉センターで開かれ、町内女性が出品した漬物で自慢の味を競いあった。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)が主催し、町教委が後援...

日高報知新聞

20歳の節目に決意新た【浦河】

 14日は「成人の日」。これを前にした13日、日高管内7町で成人式が開かれた。会場では真新しいスーツや羽織・袴、華やかな振り袖姿に着飾った若者たちが、旧友との再会を喜び合うとともに20歳の門出に決意を...

苫小牧民報

肝炎ウイルス、ぜひ検査を 苫小牧出身・SHOKICHIさんが道知事を表敬..

 EXILEのメンバーで、苫小牧出身のSHOKICHIさん(33)が15日、道庁の高橋はるみ知事を表敬訪問し、厚生労働省の肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」をアピールした。 ...