北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

夜光反射材の販売拡大 スーパーでも取り扱い【帯広】

スーパーで販売される「サクラリフレクター」(マックスバリュイーストモール店)

 道警が作成した交通事故防止の夜光反射材「サクラリフレクター」の販売が十勝管内でも拡大している。スーパーで社会貢献活動の一環として取り扱いが始まり、帯広署の他、管内10店で購入できる。同署は夜間の歩行者事故防止の効果を期待している。

 今回販売を始めたのは、十勝地区のマックスバリュといちまる。管内の全9店舗のサービスカウンターで販売(108円)を開始した。これまでは管内では帯広署売店とイオン帯広店の2カ所のみで販売されていたが、より多くの人に身に着けてほしいと同署がマックスバリュ北海道に協力を依頼した。

 サクラリフレクターは、道警の反射材デザインコンテストで最優秀賞に選ばれた作品で、桜をモチーフにしたデザイン。夜間の反射材の効果検証実験では、下向きのヘッドライトでドライバーが歩行者を確認できる距離を計測すると、暗い色の服の着用時は約26メートルに対して、反射材を身に着けると約57メートルと倍以上に伸びることが検証されている。

 マックスバリュ北海道の三上勝彦十勝運営部長によると、23日の販売開始から売れ行きは好調。高齢者が自ら身に着けるために購入したり、50代前後の人が親のために買い求めているという。三上部長は「私も雨が降っている夜間に歩行者が見えづらかった経験がある。反射材は効果を発揮するのでは」と話している。

 同署によると、8月以降は日没時間が徐々に早まり、歩行者被害の交通事故が増加する傾向にある。同署の木下清人交通官は「これを機により多くの人が身に着け、事故防止につながってほしい」と期待している。

関連記事

根室新聞

花咲線の利用促進に向け 行動計画策定へ【根室】

 JR花咲線の沿線自治体で構成する根室本線花咲線対策沿線地域連絡協議会(会長・石垣雅敏根室市長)の会合が15日、根室市総合文化会館で開かれた。会議は非公開で行われ、JR花咲線の利用促進に向けたア...

根室新聞

中標津空港 乗降客数2年連続の20万人ならず【根室】

 根室管内の空の玄関口、根室中標津空港は、昨年一年間の乗降客数が、前年より22パーセント減って19万7,000人台にとどまり、2年連続の20万人には届かなかった。千歳便はほぼ前年並みの11万人台に乗ったが、...

日高報知新聞

渡部智佳子さんが3部門1位【えりも】

【えりも】自家製の漬物の味を競う「第55回つけものコンクール」が14日、町福祉センターで開かれ、町内女性が出品した漬物で自慢の味を競いあった。町女性団体連絡協議会(川﨑尚子会長)が主催し、町教委が後援...

日高報知新聞

20歳の節目に決意新た【浦河】

 14日は「成人の日」。これを前にした13日、日高管内7町で成人式が開かれた。会場では真新しいスーツや羽織・袴、華やかな振り袖姿に着飾った若者たちが、旧友との再会を喜び合うとともに20歳の門出に決意を...

苫小牧民報

肝炎ウイルス、ぜひ検査を 苫小牧出身・SHOKICHIさんが道知事を表敬..

 EXILEのメンバーで、苫小牧出身のSHOKICHIさん(33)が15日、道庁の高橋はるみ知事を表敬訪問し、厚生労働省の肝炎総合対策推進国民運動「知って、肝炎プロジェクト」をアピールした。 ...