北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

夜光反射材の販売拡大 スーパーでも取り扱い【帯広】

スーパーで販売される「サクラリフレクター」(マックスバリュイーストモール店)

 道警が作成した交通事故防止の夜光反射材「サクラリフレクター」の販売が十勝管内でも拡大している。スーパーで社会貢献活動の一環として取り扱いが始まり、帯広署の他、管内10店で購入できる。同署は夜間の歩行者事故防止の効果を期待している。

 今回販売を始めたのは、十勝地区のマックスバリュといちまる。管内の全9店舗のサービスカウンターで販売(108円)を開始した。これまでは管内では帯広署売店とイオン帯広店の2カ所のみで販売されていたが、より多くの人に身に着けてほしいと同署がマックスバリュ北海道に協力を依頼した。

 サクラリフレクターは、道警の反射材デザインコンテストで最優秀賞に選ばれた作品で、桜をモチーフにしたデザイン。夜間の反射材の効果検証実験では、下向きのヘッドライトでドライバーが歩行者を確認できる距離を計測すると、暗い色の服の着用時は約26メートルに対して、反射材を身に着けると約57メートルと倍以上に伸びることが検証されている。

 マックスバリュ北海道の三上勝彦十勝運営部長によると、23日の販売開始から売れ行きは好調。高齢者が自ら身に着けるために購入したり、50代前後の人が親のために買い求めているという。三上部長は「私も雨が降っている夜間に歩行者が見えづらかった経験がある。反射材は効果を発揮するのでは」と話している。

 同署によると、8月以降は日没時間が徐々に早まり、歩行者被害の交通事故が増加する傾向にある。同署の木下清人交通官は「これを機により多くの人が身に着け、事故防止につながってほしい」と期待している。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...