北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

赤ちゃんが元気な泣き声・例大祭奉納相撲大会【名寄】

深海山関=左=、石田関に抱かれながら泣き声を上げる赤ちゃん

 名寄神社例大祭奉納子ども相撲大会・赤ちゃん相撲大会(一心泣き相撲)が5日に市スポーツセンター土俵で開かれた。大相撲の力士に抱かれた赤ちゃんが元気に泣き声を上げたり、激しく体をぶつけ合う子どもたちの姿に声援が送られるなど、盛り上がりを見せた。

 名寄相撲協会(長谷川良雄会長)主催の恒例の大会。赤ちゃん相撲に20人、子ども相撲には幼児から中学生まで110人が参加。応援力士に大相撲・尾上部屋の石田関と深海山関を招き、ムードを盛り上げるとともに、来場者たちが両力士と記念撮影する様子も見られた。

 取組は赤ちゃん相撲から開始。健やかな成長を祈願することが狙いで、先に泣いた赤ちゃんが勝ちというルールで進められた。化粧まわしや鉢巻きを身にまとった赤ちゃんが、石田関、深海山関にそれぞれ抱かれながら土俵入り。互いに顔を合わせた後、行司の「はっきよーい!残った!」の大きな掛け声に驚いてしまい「わーん!」と元気に泣き声を上げる様子に、会場からは笑いや声援、拍手が沸き起こっていた。

 両力士と子どもたちの綱引き大会もあり、子どもたちが大人数集まって深海山関と石田関を負かすと、歓声を上げていた。

 子ども相撲は、学年別の個人戦と1人で3連勝を目指す「3人勝ち抜き戦」を実施。土俵上では、互いに力強さと巧みな技を披露。激しく体をぶつけ合いつつ、果敢に攻め込みながら相手を寄り切ったり、押し付けたり、投げ技を決めるなど、白熱した取組を繰り広げていた。

関連記事

日高報知新聞

3グループが全道大会へ【新ひだか】

【新ひだか】15、16の両日に江別市で開かれた農業高校生がプロジェクト学習の成果を発表する「第37回南北海道学校農業クラブ連盟実績発表大会」で、静内農業高(大関俊郎校長、生徒123人)から参加した3グル...

日高報知新聞

やったぞ!!全国一に【浦河】

 全国の高校、大学を対象にした和歌山県主催の「第2回データ利活用コンペティション」の最終審査会が19日、和歌山市内で開かれ、高校の部で浦河高校3年の課題研究班(チーム健康ラボwithまちなか元気ステ...

苫小牧民報

「味の大王」陸自隊員にカレーラーメン振る舞う スケートまつり会場すべり台..

 第53回とまこまいスケートまつり(2月2、3日開催)のメイン会場となる苫小牧市若草町の中央公園で、「ちびっこすべり台」を制作する自衛隊員をねぎらおうと、市内植苗に総本店があるラーメン店「味の大...

苫小牧民報

支笏湖水槽で年1度の大掃除 水抜き、職員ごしごし-サケふる千歳水族館

 千歳市花園のサケのふるさと千歳水族館は23日、支笏湖水槽で年に1度の大掃除を行った。メンテナンス休館を利用し、水をほぼ抜いた水槽に職員が入り、藻や水カビなどをきれいに除去。2月1日の再開に備え...

苫小牧民報

千歳出身の声優・鈴木愛奈さんポップ設置 演じるキャラ玩具3倍に-道の駅サ..

 千歳市花園にある道の駅サーモンパーク千歳は24日、館内に市出身声優・鈴木愛奈さん(23)を起用した観光PR動画を放映中のモニターを彩る専用ポップを製作した。これに併せて鈴木さんが声を演じるアニ...