北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

赤ちゃんが元気な泣き声・例大祭奉納相撲大会【名寄】

深海山関=左=、石田関に抱かれながら泣き声を上げる赤ちゃん

 名寄神社例大祭奉納子ども相撲大会・赤ちゃん相撲大会(一心泣き相撲)が5日に市スポーツセンター土俵で開かれた。大相撲の力士に抱かれた赤ちゃんが元気に泣き声を上げたり、激しく体をぶつけ合う子どもたちの姿に声援が送られるなど、盛り上がりを見せた。

 名寄相撲協会(長谷川良雄会長)主催の恒例の大会。赤ちゃん相撲に20人、子ども相撲には幼児から中学生まで110人が参加。応援力士に大相撲・尾上部屋の石田関と深海山関を招き、ムードを盛り上げるとともに、来場者たちが両力士と記念撮影する様子も見られた。

 取組は赤ちゃん相撲から開始。健やかな成長を祈願することが狙いで、先に泣いた赤ちゃんが勝ちというルールで進められた。化粧まわしや鉢巻きを身にまとった赤ちゃんが、石田関、深海山関にそれぞれ抱かれながら土俵入り。互いに顔を合わせた後、行司の「はっきよーい!残った!」の大きな掛け声に驚いてしまい「わーん!」と元気に泣き声を上げる様子に、会場からは笑いや声援、拍手が沸き起こっていた。

 両力士と子どもたちの綱引き大会もあり、子どもたちが大人数集まって深海山関と石田関を負かすと、歓声を上げていた。

 子ども相撲は、学年別の個人戦と1人で3連勝を目指す「3人勝ち抜き戦」を実施。土俵上では、互いに力強さと巧みな技を披露。激しく体をぶつけ合いつつ、果敢に攻め込みながら相手を寄り切ったり、押し付けたり、投げ技を決めるなど、白熱した取組を繰り広げていた。

関連記事

日高報知新聞

匿名寄付で新救急車【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1)に19日、新しい救急車が納車された。従来より室内の高さがあり、最新機器を搭載した高規格準拠の新型救急車で、病院関係者に披露した。  同病院は、平成11年に導...

日高報知新聞

28日、えりもうに祭り【えりも】

【えりも】えりもに春の訪れを告げる「第9回えりもうに祭り」が28日、国道沿いの町スポーツ公園で開かれる。えりも漁協など実行委の主催。  えりもの海で採れるエゾバフンウニは、前浜の磯で豊かに繁殖...

十勝毎日新聞

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ まつもと薬局【帯広】

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝毎日新聞

なつぞら列車 出発進行【帯広】

 JR北海道はNHK連続テレビ小説「なつぞら」のステッカーを貼った特急「スーパーとかち」の運行を開始した。22日午前にJR帯広駅で記念セレモニーが行われ、関係者がなつぞら仕様の列車を笑顔で送り...

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいず...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス