北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

赤ちゃんが元気な泣き声・例大祭奉納相撲大会【名寄】

深海山関=左=、石田関に抱かれながら泣き声を上げる赤ちゃん

 名寄神社例大祭奉納子ども相撲大会・赤ちゃん相撲大会(一心泣き相撲)が5日に市スポーツセンター土俵で開かれた。大相撲の力士に抱かれた赤ちゃんが元気に泣き声を上げたり、激しく体をぶつけ合う子どもたちの姿に声援が送られるなど、盛り上がりを見せた。

 名寄相撲協会(長谷川良雄会長)主催の恒例の大会。赤ちゃん相撲に20人、子ども相撲には幼児から中学生まで110人が参加。応援力士に大相撲・尾上部屋の石田関と深海山関を招き、ムードを盛り上げるとともに、来場者たちが両力士と記念撮影する様子も見られた。

 取組は赤ちゃん相撲から開始。健やかな成長を祈願することが狙いで、先に泣いた赤ちゃんが勝ちというルールで進められた。化粧まわしや鉢巻きを身にまとった赤ちゃんが、石田関、深海山関にそれぞれ抱かれながら土俵入り。互いに顔を合わせた後、行司の「はっきよーい!残った!」の大きな掛け声に驚いてしまい「わーん!」と元気に泣き声を上げる様子に、会場からは笑いや声援、拍手が沸き起こっていた。

 両力士と子どもたちの綱引き大会もあり、子どもたちが大人数集まって深海山関と石田関を負かすと、歓声を上げていた。

 子ども相撲は、学年別の個人戦と1人で3連勝を目指す「3人勝ち抜き戦」を実施。土俵上では、互いに力強さと巧みな技を披露。激しく体をぶつけ合いつつ、果敢に攻め込みながら相手を寄り切ったり、押し付けたり、投げ技を決めるなど、白熱した取組を繰り広げていた。

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...