北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦実行委がスポーツ振興賞の大賞に【壮瞥】

佐藤町長に受賞の喜びを報告した阿野実行委員長(左)=昭和新山国際雪合戦実行委提供

 壮瞥・昭和新山国際雪合戦実行委員会(阿野裕司実行委員長)がスポーツを通じ健康づくりや産業振興に貢献する全国の団体などを表彰する「スポーツ振興賞」の最高賞に当たる大賞に輝いた。今年で30回の節目を迎えた壮瞥町を代表するイベント「昭和新山国際雪合戦」の持続性と話題性が高く評価された。

 スポーツ振興賞はスポーツ健康産業団体連合会(東京)と日本スポーツリズム推進機構(同)が選定し今回で6回目。本年度は全国33団体から応募があった。

 昭和新山国際雪合戦は、地域活性化を目指した若者が中心となりルールを作り、1989年(平成元年)2月に第1回大会を開催。苦難を乗り越えながら今年2月には30回の節目を迎えた。全国各地で予選会が開かれ、競技は世界各国で「YUKIGASSEN」で親しまれている。2001年(平成13年)には北海道遺産に認定された。

 授賞式は7月25日に東京ビッグサイトであり、阿野実行委員長が表彰状を受け取り、活動を紹介した。同30日には壮瞥町役場を訪れ佐藤秀敏町長に喜びを報告した。

 三松靖志事務局長は「諸先輩方が長年築き上げた結果がこのような形で評価され、大変光栄です。次回以降の大会の励みになります」と目を細めていた。

関連記事

十勝毎日新聞

冬遊び 親子歓声 エコパで冬まつり【音更】

 道立十勝エコロジーパーク(町十勝川温泉南18)で20日、「エコパ冬まつり」(ウインターフェスinエコパ実行委員会主催)が開かれた。町内外から大勢の家族連れらが訪れ、冬ならではのアトラクション...

十勝毎日新聞

モール温泉号 利用3倍 地震の影響ばん回【音更】

 音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が運行する無料送迎バス「モール温泉号」の今年度の利用者総数が、昨年度実績(340人、683泊)の3倍以上となる1030人、2055泊に上った。町と同協会が実...

十勝毎日新聞

沖縄から「春の便り」 空港に「琉球寒緋桜」【帯広】

 とかち帯広空港に一足早い春が訪れた-。日本航空(JAL)1階チェックインカウンター前に、日本で最も開花が早い沖縄県本部町(もとぶちょう)の桜の花が飾られ、利用客の目を引いている。  JAL...

函館新聞

函館空港に沖縄からのサクラがお目見え 2、3日中が見頃【函館】

 沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」が、今年も函館空港内の日本航空(JAL)搭乗手続きカウンターにお目見えした。雪に染まる函館に春を匂わせる便りが...

函館新聞

オスカ商会の梶原弘美さん ギフトラッピング講師の資格取得【函館】

 ギフト専門店「オスカ商会」(函館市万代町)の専務取締役、梶原弘美さん(47)が、全日本ギフト用品協会(本部・東京)が認定する「ギフト・ラッピング認定講師」の資格を取得した。ギフト・ラッピ...