北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

港・街の150年

 若いころから「歴史好き」という浦河町の松山和弘さんが、今年の北海道150年にちなみ、明治初期から現在までの浦河町の150年の歴史を絵図や写真で振り返るパネル展「港・街の150年」を、経営する大通4の「お料理松山」の店内で開いている。  明治初期の絵図「浦川湾図」や昭和初期の浦河駅開設の写真など幕末時代を含めた貴重な資料は、所蔵の北大付属図書館などの許可を得て複写。航空写真による浦河町の紹介など50点あまりを展示。  150年前の「北海道」の名付け親で、浦河にも来ている松浦武四郎(1818~1888)が歩いた浦河沿岸のアイヌ地名なども、手作りの解説付きで紹介している。  明治時代に浦河に港はなく、現在の大通付近の海岸近くに会所を置き、海上交易していた光景の絵図も展示。大正から昭和初期の築港や鉄道開設により大きく発展した今昔の浦河の歴史や地形を垣間見ることができる。  パネル展はお盆過ぎ後もしばらく展示する予定で、「店の時間外でも店の入口が開いていれば気軽に立ち寄って観てほしい」と話している。

関連記事

室蘭民報

虻田神社・風水スポット愛称は「龍山道」【洞爺湖町】

 洞爺湖町青葉町の虻田神社の裏山にある風水のパワースポットにつながる山道の愛称が「龍山道(りゅうさんどう)」に決まった。山道を管理する青葉山道整備の会(大久保和幸会長)は5日、最優秀賞に選...

室蘭民報

オロフレスキー場で搬器取り付け「準備OK」【壮瞥】

 壮瞥町弁景のオロフレスキー場で7日、リフトの座席部分となる搬器を取り付ける作業が実施された。関係者がウインターシーズン本番を楽しみにしながら作業していた。今季は22日のオープンを目指している...

室蘭民報

ネコ保護団体が新拠点、施設内で譲渡会や不妊手術【登別】

 ネコの保護活動に取り組むNPO法人猫色Protectionむろらん(芳賀直美理事長)が、登別市若草町の一般住宅を購入・改装し、拠点を新たにした。150匹の保護ネコの世話や里親探しに取り組んで...

室蘭民報

日東エフシー支店敷地内にフレコン専用倉庫完成【室蘭】

 化成肥料製造などの日東エフシー(名古屋)が、室蘭市築地町にある室蘭支店敷地内で建設を進めていた、フレコンバッグ専用倉庫が完成した。7日に同所でしゅん工式が行われ、関係者が支店の発展や北海道農...

室蘭民報

対抗馬擁立が焦点、市長選で青山氏出直し選挙で【室蘭】

 任期満了に伴う来春の室蘭市長選で、現職の青山剛氏(40)が3選を目指し出馬する見通しとなったことで、対抗馬擁立の動向が最大の焦点となっている。現市政への一定の評価が集まる一方、青山氏以外の出馬の...