北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

うしお丸の構造や役割学ぶ【函館】

「うしお丸」の操舵装置に触れて見学を楽しむ子どもたち

 函館港弁天岸壁(函館市国際水産・海洋総合研究センター前)に停泊中の北大水産学部練習船「うしお丸」(179トン)の船内見学会が10日、開かれた。夏休み中の子どもたち約30人が参加。海洋調査に用いる機器やブリッジなどを見て回り、同船の構造や役割に関心を寄せていた。

 子どもたちに海の魅力を実感、体験してもらう日本財団の「海と日本プロジェクト」の一環で、同船の一般公開は初めて。船体構造や機能の説明を受け、ドック作業の様子を映像で見た後に乗船した。

 ブリッジでは操舵(そうだ)を行う「ジャイロスタンド」に触れたほか、船の位置を表示する「カラープロッター」などの機器の役割を聞いた。また、海洋調査で使用する漁労装置や収穫した魚を調査する部屋などを見学し、乗船する学生たちが安全に気を付けながら、調査に取り組んでいることが紹介された。

 同センター内の水槽では水中ドローン(水中カメラロボット)の操作体験も行われた。函館青柳小4年の三好凛君(10)は「船の中は狭かったが、船を無駄なく使っていろいろな装置があって驚いた」、同小5年の長谷川空臥君(11)は「船の外側にもいろいろなマークがあることが分かって面白かった」と話していた。

関連記事

根室新聞

日ロ共同経済活動 調査団が出発「実のある協議に期待」【根室】

 北方四島での日ロ共同経済活動の具体化に向けた政府の現地調査団(ビジネス・ミッション)は17日朝、四島交流専用船「えとぴりか」(1,124トン)で根室港を出港して、最初の調査地である国後島へ向かった。...

日高報知新聞

戦争体験を次代へ伝える【浦河】

 浦河町地域包括支援センターは73年目の終戦記念日の15日、大通3の浦河ショッピングセンターMiO内のまちなか元気ステーションで「昔を語る会」カフェを開いた。  約20人が参加。サンドイッチや冷やしそ...

日高報知新聞

暑さに負けないように【新ひだか】

【新ひだか】北海道中学校体育大会(中体連)ソフトテニス大会の女子個人戦で優勝し、21日から広島県尾道市で開かれる全国大会に出場する静内第三中の下山佳那琉選手(3年)と吉本裕香選手(2年)が16日、役場...

苫小牧民報

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

十勝毎日新聞

土俵出現 18日に十勝帯広場所【帯広】

 18日に帯広市総合体育館で開かれる大相撲巡業の十勝帯広場所(実行委主催)に向け、会場での準備が進んでいる。17日午前には、体育館中央に土俵が登場した。  土俵の大きさは国技館と同じ6.7メ...