北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ヒグマ、風蓮湖を泳ぐ 道の駅から目撃【根室】

悠々と風蓮湖を泳ぐヒグマ(スワン44ねむろ提供)

 全道的にヒグマの目撃情報が相次いでいるが、根室市内では14日午前、風蓮湖を泳いで対岸の春国岱に向かうヒグマの姿が撮影された。「道の駅スワン44ねむろ」から撮影したもので、観光客も野生のヒグマの泳ぎっぷりにテレビ望遠鏡にかぶりつきになっていた。スワン44では、昨年5月にも対岸をうろつくヒグマの姿が見られた。

 ヒグマが目撃されたのは同日午前9時15分ごろで、スワン44から春国岱に向かって右側(東梅寄り)の沢から泳ぎ始め、15分ほどで対岸の春国岱に上陸。そのまま森林の中に立ち去った。目撃したスワン44の従業員によると「初めは犬かシカだろうと思っていたが、よく見ると丸い耳が見え、ヒグマだと思った」という。ヒグマの姿は来店していた観光客20人ほどにも伝わり、テレビ望遠鏡でくっきりと映し出されたヒグマの泳ぎっぷりに大騒ぎとなった。

 今年に入り、利尻島で約100年ぶりにヒグマが目撃されたほか、札幌近郊でも出没。今月に入ってからは、羅臼町で飼い犬やヤギが襲われる事件も発生している。

 根室市内でも4月に根室ゴルフ場付近の沢で山菜採り中の市民がヒグマを目撃したほか、別当賀周辺では目撃情報が多発。今月2日には、東梅のフィールド・イン風露荘の女性経営者が自室の窓の前にヒグマがいるのを目撃したほか、8日には別当賀の酪農家自宅周辺をうろついているのを建設作業員が目撃。さらに6日には子グマ2頭を連れた親子グマをJR運転士が目撃するなど目撃情報が相次いでいる。

 市農林課によると、今年は4月に5件の目撃情報があったほか、今回の泳ぐヒグマの目撃情報も含め18件の情報が寄せられている。例年最も目撃情報が多いのは9月で、同課ではキノコ採りなどで入山する人も多くなることから、鈴やラジオの携帯、入山する際は家族に帰宅時間を伝えるなど「ヒグマに出会わないよう十分注意してほしい」と話している。

 ふるさとの道利用中止 明日以降は状況見て

 ヒグマが春国岱にわたるのが目撃されたのを受けて根室市は14日、根室振興局と協議して、春国岱ふるさとの道(遊歩道)を使用中止にした。春国岱の状況を確認した上で、15日以降利用を再開する予定としている。

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...