北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

25日から松浦武四郎 管内巡回パネル展【根室】

パネル展をPRするポスター

 根室振興局は25日から、北海道150年事業の「松浦武四郎 根室管内巡回パネル展」を管内1市4町で展開する。武四郎が江戸時代に訪れた管内の様子や業績をパネルで紹介するほか、「東西蝦夷山川地理取調図」(240センチ×360センチ)の巨大床地図も展示する。根室市では9月4日から8日まで市総合文化会館で開き、9月末の標津町で締めくくる。いずれも入場無料。

 北海道命名150年、そして武四郎の生誕200年を迎える今年、「最後に管内を調査した1858年以来、160年ぶりに管内を回る」をコンセプトに、武四郎の生涯や足跡を振り返るパネル展を企画。根室振興局が北海道150年事業の一環として主催し、根室教育局と1市4町の教育委員会や郷土資料館が共催して開く。

 北海道の名付け親と言われる武四郎は、1845年から1858年にかけて六度にわたって蝦夷地(北海道)を調査し、数多くの日誌や地図を作りながら蝦夷地の様子とその実態を明らかにした。パネル展では、内陸までくまなく踏査した武四郎の管内での足取りや、巨大床地図の「東西蝦夷山川地理取調図」を各会場で展示する。

 25から30日までの中標津町総合文化会館会場を皮切りに、根室市、別海町、羅臼町、標津町を巡回する。

 このうち別海町では、同町郷土資料館の石渡一人学芸員を講師に「北海道の名付け親、松浦武四郎の資料を見よう」と題して資料を解説する講座を開く。講座は9月16日午前10時から2時間にわたって、同町図書館2階の視聴覚室で。定員は先着順の30人で、9月3から14日まで別海町郷土資料館(℡0153-75-0802)で申し込みを受け付けている。

 このほか、根室市が9月8日、標津町が同25日に地元学芸員によるギャラリートークを行う。

 巡回日程は次のとおり。(カッコ内は会場と展示時間)
【8月】▽25~30日(中標津町総合文化会館、午前9時~午後10時)
【9月】▽4~8日(根室市総合文化会館、午前9時~午後9時※4日は午後1時から、8日は正午終了)▽9~16日(別海町図書館、午前10時~午後6時※日曜午後4時終了、10日は休館)▽18~21日(羅臼町郷土資料館、午前9時~午後5時)▽25~30日(標津町生涯学習センター、午前9時~午後7時)

関連記事

根室新聞

日ロ首脳会談 平和条約交渉加速で合意 元島民「しっかりした道筋を」【根室】

 安倍晋三首相は14日、シンガポールでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行い、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本へ引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させるこ...

根室新聞

初田牛駅廃止 住民説明会開く【根室】

 JR北海道は15日、来年3月のダイヤ改正でJR花咲線の初田牛駅廃止について住民説明会を初田牛会館で開いた。JR側は「一日平均利用者が1人未満で利用が極端に少ない」とし、理解を求めた。住民側は「駅...

日高報知新聞

日高のシカはおいしい!【新ひだか】

【新ひだか】日高管内消費者協会連合会、ひだか食育推進協議会主催の「ひだか食育セミナー」が11日、町保健福祉センターで開かれ、参加者が料理教室や講演で地域食材の良さを再認識した。  この日は、静内御...

日高報知新聞

地震の義援金や施設へ【新ひだか】

【新ひだか】静内中生徒会(野村圭悟会長)は、10月21、22日に実施した古新聞回収による収益金のうち、計12万円を胆振東部地震の義援金や町内の社会福祉施設に寄付した。  同校生徒会による古新聞回収活動は...

苫小牧民報

甘いイチゴずらり 十勝・銀龍苺オープン-新千歳空港

 十勝管内音更町の農業法人ブルームは15日、イチゴ専門店「十勝・銀龍苺(ぎんりゅういちご)・新千歳空港店」を新千歳空港国内線ターミナルビル2階にオープンさせた。同町の自社農場で栽培して通年出荷し...