北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

野球日本代表監督 稲葉さんも指導【新ひだか】

【新ひだか】プロ野球の北海道日本ハムファイターズ主催の「キッズサマーキャンプ」が17~19の3日間、三石緑ヶ丘公園球場で行われている。管内外から31人の小学6年生が参加し、稲葉篤紀スポーツ・コミュニティ・オフィサー(SCO)ら元プロ野球選手から野球のノウハウを学んでいる。

 同球団では「野球がもっと上手になりたい」、「他チームの選手と交流し刺激をもらいたい」という小学6年の野球少年・少女を対象に「キッズサマーキャンプ」を道内6市町で開催しており、新ひだか町での開催は初めて。

 講師は旭川市出身で元東京ヤクルトスワローズの牧谷宇佐美さん(38)、ファイターズで俊足巧打の選手として活躍した村田和哉さん(33)、春夏合わせて3回甲子園大会に出場し、イースタンリーグで最多勝を獲得した須永英輝さん(32)のほか、特別講師としてサプライズで野球日本代表監督も務める稲葉さん(46)が加わった。

 17日の開会で大野克之町長は「プロの指導を受けることはなかなかないこと。みんなで楽しくこの合宿を過ごしてもらいたい」、牧谷さんは「普段やっていることと違うことも経験できると思う。野球だけでなく寝食を共にするので、ルールをしっかりと守りながら3日間過ごしてもらいたい」とそれぞれあいさつ。

 続いて、選手や保護者には秘密で稲葉さんが登場すると、グラウンド内外から歓声が上がった。稲葉さんは「皆さんが野球が上手くなるようにしっかりとサポートしていきたいと思うし、この機会にいろいろなことを質問してもらいたい。良い思い出となるように一緒に時間を過ごしたい」と選手たちに呼び掛けた。

 この後、早速ウォーミングアップ(準備運動)から始まり、指先の感覚を養うボール遊びやキャッチボールなどで選手たちはプロの練習方法を体験していた。

 選手たちは三石スポーツセンターに宿泊しながら、基本練習や応用・連携練習に取り組み、18日夜にはこの日で帰る稲葉さんの講話で野球に関する知識を深めた。19日は総仕上げで試合形式の練習を行う。

 キャンプに参加した加藤龍一君(三石小6年)は「ボールを持つ位置を下にしたら球の回転が速くなりました。守備の捕球の仕方などを教わってみたい」と話していた。

稲葉さんから練習についてアドバイスを受ける選手たち

関連記事

根室新聞

日ロ首脳会談 平和条約交渉加速で合意 元島民「しっかりした道筋を」【根室】

 安倍晋三首相は14日、シンガポールでロシアのプーチン大統領と首脳会談を行い、平和条約締結後に歯舞群島と色丹島を日本へ引き渡すと明記した1956年の日ソ共同宣言を基礎として平和条約交渉を加速させるこ...

根室新聞

初田牛駅廃止 住民説明会開く【根室】

 JR北海道は15日、来年3月のダイヤ改正でJR花咲線の初田牛駅廃止について住民説明会を初田牛会館で開いた。JR側は「一日平均利用者が1人未満で利用が極端に少ない」とし、理解を求めた。住民側は「駅...

日高報知新聞

日高のシカはおいしい!【新ひだか】

【新ひだか】日高管内消費者協会連合会、ひだか食育推進協議会主催の「ひだか食育セミナー」が11日、町保健福祉センターで開かれ、参加者が料理教室や講演で地域食材の良さを再認識した。  この日は、静内御...

日高報知新聞

地震の義援金や施設へ【新ひだか】

【新ひだか】静内中生徒会(野村圭悟会長)は、10月21、22日に実施した古新聞回収による収益金のうち、計12万円を胆振東部地震の義援金や町内の社会福祉施設に寄付した。  同校生徒会による古新聞回収活動は...

苫小牧民報

甘いイチゴずらり 十勝・銀龍苺オープン-新千歳空港

 十勝管内音更町の農業法人ブルームは15日、イチゴ専門店「十勝・銀龍苺(ぎんりゅういちご)・新千歳空港店」を新千歳空港国内線ターミナルビル2階にオープンさせた。同町の自社農場で栽培して通年出荷し...