北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

静内農高 最優秀賞など上位に【新ひだか】

【新ひだか】日本学校農業クラブ北海道連盟など主催の「全道技術競技大会」が7、8の両日、帯広農業高と道立総合研究機構畜産試験場=十勝管内新得町=で開かれ、静内農業高(大関俊郎校長)から最優秀賞を含む8人が入賞した。

 同大会は道内農業高校の生徒を対象に、2年前まで北、東、南の各北海道連盟がそれぞれ大会を開いていたが、昨年から合同で開催。表彰は3北海道連盟ごとに行った。

 静内農高からは、全校生徒128人から選抜された1年~3年の校内大会19人が出場。専門的な知識を競う農業鑑定競技の食品部門(南北海道連盟出場20人)で沼田幸樹君(食品科学科3年)が2年連続で南北海道連盟最優秀賞を受賞した。さらに同部門では中田朱麗さん(同)が最優秀に次ぐ優秀賞1席、片山織嘉君(同1年)が同6席。園芸部門(33人)で池内秀行君(生産科学科3年)が優秀賞1席、岡本一晟君(同)が同2席、東川麻由子さん(同)が同3席。畜産部門(12人)で坂内奎哉君(同)が優秀賞1席、家畜審査競技の乳牛の部(11人)で清水葉月さん(食品科学2年)が優秀賞3席をそれぞれ受賞した。

 生徒たちは、担当の佐藤麻美教諭らの指導を受けながら夏休み中や放課後を使い、ほぼ毎日勉強をこなして、より専門的な知識を学んできた。

 今後は入賞者の中から校内選考し、「農業高校の甲子園」と呼ばれる全国大会(鹿児島県、10月24、25日)の出場者を決定する。

 出場が濃厚な沼田君は「進路活動もあって大変だったが、2年連続で最優秀賞を取れたので良かった。結果には納得しているが、点数的にはもっと取れたと思う。全国大会ではこれまで指導してくれた佐藤先生のためにも満足できる結果を出したい」と話していた。

 また、池内君は「校内大会では負けていて、昨年は全国大会入賞できず悔しかったので、(出場できたら)入賞したい」。坂内君は「昨年は最優秀賞だったので結果としては悔しい。昨年の全国大会は優秀賞だったので、(行けたら)今回も何か賞を取りたい」とそれぞれ抱負を話していた。

 大関校長は「夏休み中に登校して頑張った成果が表れた。この勉強を通じて農業について知識や技術が深まったと思うし、他校の生徒との交流、頑張りも見れて『自分たちも頑張ろう』という気持ちになったと思う」と話していた。

 また、大会に出場した沼田君、池内君、坂内君と佐々木来花さん(生産科学科3年)は、昨年12月から今年7月にかけ合格率約2割という難関の日本農業技術検定2級を取得。

 佐々木さんは「志望大学の入学金が免除になるのでうれしい。部活動を終えてから勉強し、法律や経営に関わることなど専門外のこともあったが、先生がアドバイスしてくれたので合格することができた」と感謝していた。農業クラブ顧問の堀川裕信教諭は「4人も合格するのは、この規模の高校ではあまりないこと」と生徒たちをたたえている。

全道技術競技大会に出場した静内農高の生徒たち。前列は入賞者

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...