北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

五稜郭ガーデン新たな船出 9月1日から全区画埋まる【函館】

開業以降初めて全区画のテナントが埋まった五稜郭ガーデン

 函館市本町の複合飲食施設「五稜郭ガーデン」が9月1日、2015年10月の開業以降初めて全24区画にテナントが出店し、新たな船出を切る。飲食店経営の「ルヴィーヴル」(本町、吉田貴代子代表)が既存店を除く22区画を一括で借り上げる。運営会社は、苦戦を強いられている施設の起爆剤として期待を込めている。

 同施設はまちづくり五稜郭(久保一夫社長)が運営。開業当初からテナント誘致に苦しみ、ルヴィーヴルが出店する直前はケーブルテレビ局とハワイ料理店の2店のみだった。

 今回の出店は、2000年代前半の人気テレビ番組「マネーの虎」に出演していたことで知られるルヴィーヴルの小林敬顧問が同施設の再生に向けた計画をまちづくり五稜郭に持ち掛けて実現。テーマの異なる16の完全個室で和洋中の多彩なメニューを提供するほか、すし店やバー、テラスでのバーベキューを展開する。

 まちづくり五稜郭はルヴィーヴルの出店に伴う店舗改装に3000万円を投じ、売り上げの一定率を賃料として受け取る5年間の定期借家契約を結んだ。年間の売り上げは2億4000万円を目標としている。

 函館出身の小林顧問は「3月に関西から函館に戻って来て、五稜郭ガーデンを見たときの第一印象は『もったいない』だった。函館で一番の繁華街にある施設を最大限に生かし、五稜郭エリアの活性に貢献したい」と意気込みを語る。

 久保社長は「テナント誘致に関して紆余曲折があったが、これからはここに人が集まって、ここから人が動き出すという私たちの願いが実現されると思っている」と話している。

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...