北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

五稜郭ガーデン新たな船出 9月1日から全区画埋まる【函館】

開業以降初めて全区画のテナントが埋まった五稜郭ガーデン

 函館市本町の複合飲食施設「五稜郭ガーデン」が9月1日、2015年10月の開業以降初めて全24区画にテナントが出店し、新たな船出を切る。飲食店経営の「ルヴィーヴル」(本町、吉田貴代子代表)が既存店を除く22区画を一括で借り上げる。運営会社は、苦戦を強いられている施設の起爆剤として期待を込めている。

 同施設はまちづくり五稜郭(久保一夫社長)が運営。開業当初からテナント誘致に苦しみ、ルヴィーヴルが出店する直前はケーブルテレビ局とハワイ料理店の2店のみだった。

 今回の出店は、2000年代前半の人気テレビ番組「マネーの虎」に出演していたことで知られるルヴィーヴルの小林敬顧問が同施設の再生に向けた計画をまちづくり五稜郭に持ち掛けて実現。テーマの異なる16の完全個室で和洋中の多彩なメニューを提供するほか、すし店やバー、テラスでのバーベキューを展開する。

 まちづくり五稜郭はルヴィーヴルの出店に伴う店舗改装に3000万円を投じ、売り上げの一定率を賃料として受け取る5年間の定期借家契約を結んだ。年間の売り上げは2億4000万円を目標としている。

 函館出身の小林顧問は「3月に関西から函館に戻って来て、五稜郭ガーデンを見たときの第一印象は『もったいない』だった。函館で一番の繁華街にある施設を最大限に生かし、五稜郭エリアの活性に貢献したい」と意気込みを語る。

 久保社長は「テナント誘致に関して紆余曲折があったが、これからはここに人が集まって、ここから人が動き出すという私たちの願いが実現されると思っている」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の有権者 農業、子育て 政策注視 道知事選【十勝】

 21日に告示された道知事選は16年ぶりの新人対決となり、北海道の未来を託す新リーダーが誕生する。十勝の有権者は農業や子育て支援、経済、災害対策などに関心が高く、実行力を伴った具体的な政策論争の深...

十勝毎日新聞

若手役場職員が提言書 町長に手渡す【池田】

 池田役場の30歳以下の職員で組織した若手有志の会「いけだFPSプロジェクト」(略称いけプロ・宗像瞭代表、36人)は19日、町社会福祉センターに勝井勝丸町長を招いて自主研修グループ提言会を開いた。...

十勝毎日新聞

大雪山系の案内板設置 市街一望の神居山展望台【本別】

 本別の自然などを紹介している「森と川の舎」(新津和一会長、会員14人)のメンバーが19日、神居山(かむいやま、190メートル)の展望台に案内板を設置した。一望できる大雪山系の山々の名称を記し、散...

苫小牧民報

北海道知事選告示、与野党一騎打ち 被災地で第1声

 第19回統一地方選のトップを切り、道知事選が21日、告示された。野党統一候補となる石川知裕氏(45)=立憲民主、国民民主、共産、社民、自由推薦=と与党陣営が擁立した鈴木直道氏(38)=自民、公明...

函館新聞

追分渡島協 福田さんの遺志継ぎ少年少女の部の優勝旗新調【函館】

 江差追分渡島協議会(内村徳蔵会長)は、31日に函館市公民館で開く第15回渡島協議会発表大会から使用する、少年少女の部の優勝旗を製作した。昨年9月に84歳で亡くなった前会長で江差追分会名誉師匠の...