北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

五稜郭ガーデン新たな船出 9月1日から全区画埋まる【函館】

開業以降初めて全区画のテナントが埋まった五稜郭ガーデン

 函館市本町の複合飲食施設「五稜郭ガーデン」が9月1日、2015年10月の開業以降初めて全24区画にテナントが出店し、新たな船出を切る。飲食店経営の「ルヴィーヴル」(本町、吉田貴代子代表)が既存店を除く22区画を一括で借り上げる。運営会社は、苦戦を強いられている施設の起爆剤として期待を込めている。

 同施設はまちづくり五稜郭(久保一夫社長)が運営。開業当初からテナント誘致に苦しみ、ルヴィーヴルが出店する直前はケーブルテレビ局とハワイ料理店の2店のみだった。

 今回の出店は、2000年代前半の人気テレビ番組「マネーの虎」に出演していたことで知られるルヴィーヴルの小林敬顧問が同施設の再生に向けた計画をまちづくり五稜郭に持ち掛けて実現。テーマの異なる16の完全個室で和洋中の多彩なメニューを提供するほか、すし店やバー、テラスでのバーベキューを展開する。

 まちづくり五稜郭はルヴィーヴルの出店に伴う店舗改装に3000万円を投じ、売り上げの一定率を賃料として受け取る5年間の定期借家契約を結んだ。年間の売り上げは2億4000万円を目標としている。

 函館出身の小林顧問は「3月に関西から函館に戻って来て、五稜郭ガーデンを見たときの第一印象は『もったいない』だった。函館で一番の繁華街にある施設を最大限に生かし、五稜郭エリアの活性に貢献したい」と意気込みを語る。

 久保社長は「テナント誘致に関して紆余曲折があったが、これからはここに人が集まって、ここから人が動き出すという私たちの願いが実現されると思っている」と話している。

関連記事

根室新聞

代替漁業のサケマス曳網船が出漁【根室】

 ロシア200カイリ内サケ・マス流し網禁止に伴う代替漁業で、曳網による試験操業を行う富山県鮭鱒漁協所属の「第68善龍丸」(乗組員17人、199トン)が26日午前、花咲港から漁場を目指して出漁し...

根室新聞

観測史上最高 猛暑日迫る34度に【根室】

 全道的に猛暑となった26日、根室でも気温が一気に30度を超えて猛暑日に迫る340度まで上がり、明治12年7月に根室で気象観測が開始されて以来、観測史上最高を更新した。この暑さで熱中症による救急搬...

根室新聞

第7回「歯舞おさかな祭り」大盛況【根室】

 地域を挙げて各種振興事業に取り組む歯舞地区マリンビジョン協議会(会長・小倉啓一歯舞漁協組合長)主催の第7回「歯舞おさかな祭り」が26日、同漁港中央市場内・屋根付き岸壁で開催された。天候に恵ま...

日高報知新聞

「すずらん観賞会」開幕【平取】

【平取】平取町観光協会主催の「平取町すずらん観賞会」が25日、芽生(めむ)地区のスズラン群生地で開幕した。スズランは無数の花芽を付け、日当たりの良い場所ではつぼみが大きくなり始め、会場内は甘い香...

日高報知新聞

棺掛けやタペストリーなど【浦河】

 浦河町常盤町の手作り家具とカフェの店ガーデンソングで、「アイヌの手仕事展」が開かれている。31日まで。  出品は月に2回(不定期)、堺町生活館で開かれている「ネコンネ(手仕事)教室」の深沢み...