北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

扇風機200台を小中学校に 帯広ライオンズク寄贈【帯広】

帯広第四中を訪れた羽田野実行委員長(手前右)ら会員と生徒

 帯広ライオンズクラブ(豊田典正会長、会員38人)は、帯広市内の小・中学校に扇風機200台を寄贈した。学校で扇風機の台数が足りていないことを知り、同クラブの60周年記念事業として企画した。31日には会員4人が帯広第四中を訪れ、教室の様子を見学した。

 昨年、熱中症とみられる症状を訴えた児童・生徒が続出したのを受け、市教委は今年6月、扇風機が1台もない学校を中心に計28校に扇風機を1~4台程度ずつ配置した。ただ、予算の都合で全部の教室には賄えず、保健室への優先的な設置を促していた。

 同クラブの周年記念事業実行委員らが、学校に扇風機が足りない現状を伝える十勝毎日新聞の記事を見て市教委に聞いたところ、「クラスに1台置くには200台は必要」と分かり、22日に200台(約200万円相当)を、巻き込み防止ネットとのセットで一括寄贈した。

 この日、第四中を訪れた一行は教室内を見学し、「1台であの広さを賄うのは厳しい」などと感想を述べた。羽田野浩利実行委員長は「かつてない猛暑の中で、勉強に集中でき、健全な体に育ってほしいとの願いから会員一致で即決した。子どもたちに少しでも良い環境を与えられたら」と話した。

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...