北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

カピバラの赤ちゃん見に来てね 1日から「ジャンゴー」で公開【函館】

 動物との触れ合いが楽しめるフリースペース「ジャンゴー」(函館市昭和3、ベガスベガス函館昭和店併設)は、同施設で生まれたカピバラの赤ちゃん4匹を1日から一般公開する。簗めぐみ飼育員は「愛らしい姿をぜひ見に来てほしい」と来場を呼び掛けている。

 同施設は2015年12月にアニマルカフェとしオープン。4匹のペンギンと2匹のカピバラのほか、フクロウや爬虫(はちゅう)類と触れ合うことのできる場所として注目を集めた。17年4月からは自由に出入りが可能なフリースペースへと業態を転換。引き続きペンギンとカピバラを中心に公開し、動物好きの憩いの場所として定着している。

 このうち雄のカッピーと雌のぱび子のカピバラ夫妻は、約半年ごとに出産を繰り返し、8月23日にも4匹が誕生。出産直後は親子ともにナーバスな状態のため非公開としていたが、順調に成長していることから公開に踏み切る。

 南米原産のカピバラは、ネズミやリスと同じげっ歯類最大の種で、愛らしい表情やユーモラスなしぐさで人気を集めている。同施設では、親子で一緒に水浴びする姿などを至近距離から見ることができる。

 簗飼育員によると、飼育スペースが限られているため、これまで生まれたカピバラは、生後2~3カ月程度に成長すると、「ノースサファリサッポロ」(札幌市)などの他施設に譲渡してきたという。「今回生まれた赤ちゃんも、将来的には函館を離れることになるので、この機会にかわいい姿を目に焼き付けてほしい」と話している。

 営業時間は午前11時~午後6時。入場は無料だが、餌やり体験など一部有料のものも。問い合わせは同施設(0138・45・7266)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

冬遊び 親子歓声 エコパで冬まつり【音更】

 道立十勝エコロジーパーク(町十勝川温泉南18)で20日、「エコパ冬まつり」(ウインターフェスinエコパ実行委員会主催)が開かれた。町内外から大勢の家族連れらが訪れ、冬ならではのアトラクション...

十勝毎日新聞

モール温泉号 利用3倍 地震の影響ばん回【音更】

 音更町十勝川温泉観光協会(林文昭会長)が運行する無料送迎バス「モール温泉号」の今年度の利用者総数が、昨年度実績(340人、683泊)の3倍以上となる1030人、2055泊に上った。町と同協会が実...

十勝毎日新聞

沖縄から「春の便り」 空港に「琉球寒緋桜」【帯広】

 とかち帯広空港に一足早い春が訪れた-。日本航空(JAL)1階チェックインカウンター前に、日本で最も開花が早い沖縄県本部町(もとぶちょう)の桜の花が飾られ、利用客の目を引いている。  JAL...

函館新聞

函館空港に沖縄からのサクラがお目見え 2、3日中が見頃【函館】

 沖縄県本部(もとぶ)町から贈られた「琉球寒緋桜(りゅうきゅうかんひざくら)」が、今年も函館空港内の日本航空(JAL)搭乗手続きカウンターにお目見えした。雪に染まる函館に春を匂わせる便りが...

函館新聞

オスカ商会の梶原弘美さん ギフトラッピング講師の資格取得【函館】

 ギフト専門店「オスカ商会」(函館市万代町)の専務取締役、梶原弘美さん(47)が、全日本ギフト用品協会(本部・東京)が認定する「ギフト・ラッピング認定講師」の資格を取得した。ギフト・ラッピ...