北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

サンマ豊漁で活気 スーパーは特売、飲食店も【十勝】

特売で1尾税抜き100円を切る価格で売られ、魚売り場も活気が出ている(ぴあざフクハラ西帯広店)

 道東沖サンマ漁のシーズンを迎え、十勝管内のスーパーなどでは、新物の価格が前年より安値のスタートとなっている。漁獲が順調なのが理由で、型も大きく、脂ものっているという。今週末は特売で「98円」をつける店も多く、売れ行きも好調だ。

 帯広地方卸売市場によると、8月最終週の1キロ単価は、前年同期比3割安~半値で推移。1日当たりの入荷量も3トン前後と、昨年の同じ時期の2倍の多さ。9月以降の本番を前に近年では最も潤沢な量で、水産担当の太田茂夫取締役は「最近では最もいいスタート。サイズも大きめ(4キロ箱で20本程度)が豊富に手に入り、はしりなのに脂ものっている」と説明する。

 多くのスーパーでは今週半ばから1尾110~150円前後で売られ、週末は「98円(税抜き)」と100円を切る価格も。コープさっぽろ(札幌)の東大介帯広地区水産スーパーバイザーは「前年の倍以上の量を仕入れているが、店頭に予定量並べても途中で補充するほど。売れ行きも前年の2~3倍」と驚く。

 ただ、今後の価格推移は不透明と見る関係者が多い。「フクハラ」を運営する福原(帯広)の臼井有真・水産課バイヤーは「まとまった量を確保する加工筋も本格的に動きだすと、価格も下がりにくくなる。(価格が下がる)豊漁か、単なる量の先取りなのかは、もう少し先まで見なければ分からない」とする。

 一方、市内に2店あるグルメ系回転寿司「なごやか亭」でも8月31日から、新物サンマの握り(1皿280円)が登場。運営する三ツ星レストランシステム(釧路)加藤章弘取締役帯広支社長は「昨年より2週間早い。今年は今後、価格をさらに下げて提供できそう」と笑顔。市内で「魚の一心」など居酒屋を多店舗展開するエイムカンパニー(帯広)は、昨年は高値でサンマを目玉品で使いにくかったというが、飯塚忠志経営戦略室長は「今年は看板の刺し身5点盛りなどに品質の高いサンマをふんだんに使える」と期待している。

関連記事

十勝毎日新聞

パン「満寿屋」題材 単行本27日発売【帯広】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)を題材としたノンフィクション本「世界に一軒だけのパン屋」(野地秩嘉著、小学館)が十勝で27日にも発売される(全国は26日)。同社では発売を記念し、...

苫小牧民報

白老の特産品味わって ギフトセット受け付け開始

 白老町竹浦のはまのマルシェでは、今年も白老の特産品を詰め合わせたギフトセット「しらおいの恵み」の注文受け付けを始めた。前浜産の毛ガニや白老牛のほか、今回新たに原木干しシイタケを取り入れるなどし...

十勝毎日新聞

地元コンブの給食おいしい 漁協が提供【広尾】

 地元の食材を使った「ふるさと給食」として、「広尾コンブの和風スープスパゲティ」が9日、広尾町内の幼稚園、小・中学校、高校で提供された。  広尾漁協昆布漁業部会(相津雅士部会長)が無償提供した...

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」純米大吟醸10日発売【十勝】

 産学官の「とかち酒文化再現プロジェクト」(事務局・帯広信用金庫)で醸造に取り組む地酒「十勝晴れ」に「純米大吟醸」が初めて加わり、10日から管内の小売店など約100店で販売される。  純米大吟...

十勝毎日新聞

農高生が金時豆のみそだれ商品化へ【更別】

 更別農業高校(細川徹校長)の生徒が、更別村内産の金時豆を使ったみそだれ調味料の開発を進めている。熟成期間を短縮するため、こうじの代わりに酵素を使い、豆の甘さを引き出す。今年度中に商品化し、レシ...