北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

サンマ豊漁で活気 スーパーは特売、飲食店も【十勝】

特売で1尾税抜き100円を切る価格で売られ、魚売り場も活気が出ている(ぴあざフクハラ西帯広店)

 道東沖サンマ漁のシーズンを迎え、十勝管内のスーパーなどでは、新物の価格が前年より安値のスタートとなっている。漁獲が順調なのが理由で、型も大きく、脂ものっているという。今週末は特売で「98円」をつける店も多く、売れ行きも好調だ。

 帯広地方卸売市場によると、8月最終週の1キロ単価は、前年同期比3割安~半値で推移。1日当たりの入荷量も3トン前後と、昨年の同じ時期の2倍の多さ。9月以降の本番を前に近年では最も潤沢な量で、水産担当の太田茂夫取締役は「最近では最もいいスタート。サイズも大きめ(4キロ箱で20本程度)が豊富に手に入り、はしりなのに脂ものっている」と説明する。

 多くのスーパーでは今週半ばから1尾110~150円前後で売られ、週末は「98円(税抜き)」と100円を切る価格も。コープさっぽろ(札幌)の東大介帯広地区水産スーパーバイザーは「前年の倍以上の量を仕入れているが、店頭に予定量並べても途中で補充するほど。売れ行きも前年の2~3倍」と驚く。

 ただ、今後の価格推移は不透明と見る関係者が多い。「フクハラ」を運営する福原(帯広)の臼井有真・水産課バイヤーは「まとまった量を確保する加工筋も本格的に動きだすと、価格も下がりにくくなる。(価格が下がる)豊漁か、単なる量の先取りなのかは、もう少し先まで見なければ分からない」とする。

 一方、市内に2店あるグルメ系回転寿司「なごやか亭」でも8月31日から、新物サンマの握り(1皿280円)が登場。運営する三ツ星レストランシステム(釧路)加藤章弘取締役帯広支社長は「昨年より2週間早い。今年は今後、価格をさらに下げて提供できそう」と笑顔。市内で「魚の一心」など居酒屋を多店舗展開するエイムカンパニー(帯広)は、昨年は高値でサンマを目玉品で使いにくかったというが、飯塚忠志経営戦略室長は「今年は看板の刺し身5点盛りなどに品質の高いサンマをふんだんに使える」と期待している。

関連記事

十勝毎日新聞

カフェで酪農身近に 牧場産のスイーツ提供【広尾】

 広尾町内の酪農牧場「菊地ファーム」(野塚11線6ノ2、菊地亮太代表)に、カフェがオープンした。牧場産の生乳で作ったソフトクリームやジェラート、育てた牛の肉を使ったハンバーガーなどを提供し、酪農現...

十勝毎日新聞

十勝の肉丼食べ比べ 牛、豚、鶏…9種類に行列【清水】

 肉の祭典「十勝清水 肉・丼(どんぶり)まつり」(実行委主催)が16日、町有明公園で開かれた。地元産の十勝若牛や豚、鶏、羊などを使った9種類の丼が集結し、大勢の家族連れが食を堪能した。  肉...

十勝毎日新聞

縄文の味 そばシンポに 「対州」試食提供【新得】

 日本で最も早くそばが伝来した長崎県対馬産の「対州そば」が15日、新得町公民館で開かれる「そばシンポジウム-新得町からの発信」(しんとく新そば祭り実行委員会)で、来場者に試食用として振る舞われる...

十勝毎日新聞

全国から43店うまいもの集合 藤丸【帯広】

 「第69回全国うまいもの大会」が13日から藤丸7階催事場で始まった。第1弾は新規2店を含む43店が出店し、多くの買い物客でにぎわっている。18日まで。  同大会は年2回実施。胆振東部地震の影...

室蘭民報

温泉街に足運んで、風評克服へ多彩な試み【洞爺湖】

 胆振東部地震で被害がなかった洞爺湖温泉街の安全性をPRして観光客を呼び戻そうと、とうや湖温泉旅館組合(三浦和則組合長)は、風評被害対策のキャンペーンを相次いで企画した。今月末までの期間中、洞...