北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

新ひだかのPRを約束【新ひだか】

【新ひだか】宮城県在住の馬のイラストレーターで、町サポート大使を務めているおがわじゅりさんが1日、町役場静内庁舎を訪れて大野克之町長らと和やかに懇談した。

 おがわさんは日本中央競馬会(JRA)の公式イラストを手掛けるなど、競馬ファンの間で全国的な知名度を誇り、新ひだか町では三石産米トキノミノルのパッケージイラストを手掛けたのをきっかけに、地方創生で町が取り組んでいる「馬力本願プロジェクト」の一環である馬のまちイメージ戦略でも多くのイラストを提供している。

 昨年9月の町サポート大使認定以来、各地の競馬場でお絵描き教室などのイベントで出演した際にサポート大使の名刺を配るなど、町の全国PRへ一役買っている。

 今回は、1日の「ロードカナロアの故郷レディースツアー」(三石軽種馬生産振興会青年部主催)や2日の「馬のイラストレーター・おがわじゅりさんと『馬グッズ』を作ろう!!」(ひだか馬力ネットワーク主催)に出演するため来町。ひだか馬力ネットワークの根城健太会長らとともに静内庁舎を訪れ、大野町長とおがわさんと東京の乗馬クラブで約20年前に知り合った知江夫人が対応した。

 おがわさんは近況や仕事のこと、競馬場の話、昔の思い出話などに花を咲かせて談笑。大野町長から新しい名刺を手渡されたおがわさんは「これからもイベントで名刺を配って新ひだか町をPRしていきたい」と抱負を話し、大野町長は「本州とのいろいろなつながりも大事にしていきたいので、今後も力を貸していただけたら」と期待していた。

大野町長夫妻(手前)と和やかに談笑するおがわさん(右)

関連記事

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...

函館新聞

弁天町の商家「太刀川家」貸室とゲストハウスに【函館】

 函館市弁天町15にある国の指定重要文化財(重文)「太刀川(たちかわ)家住宅店舗」と隣接する市景観形成指定建築物「太刀川家洋館」が、バンケットルームとゲストハウスとして貸し出しを始めた。所有する...