北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

地震 管内全域停電 交通、生活混乱【十勝】

信号機の停電で、主要道路の交差点で、交通整理にあたる警察官(6日午前7時15分ごろ、市内西12条の国道38号線の交差点で)

 6日午前3時8分ごろ、胆振地方中東部を震源とする地震があり、胆振管内安平町で震度6強を観測した。十勝では、帯広や音更などで震度4を観測。地震の影響で、十勝を含む道内のほぼ全世帯で停電している。帯広市内中心部の信号が消え、一部商業施設は休業、スーパーは店舗前での生活用品販売のみに切り替えるなど、市民生活に大きな影響が出ている。

 北電によると、道内全ての火力発電所が停止し、全道約295万戸で停電した。このうち十勝管内は約16万6000戸。

 停電の理由について北電は「地震に伴い道内の火力発電所が緊急停止し、電気の使用量と発電量のバランスが崩れたことで、周波数が乱れたため」と説明している。  地震や停電の影響で、交通機関も混乱している。JRは6日午前の道内全ての列車を運休した。都市間バスと路線バスは、ほとんどの路線が運休。道東道は、十勝清水-千歳恵庭間が一時通行止めとなった。

 帯広市内の全校を含め、大半の小・中・高校が臨時休校した。帯広や池田などでは一部地域で断水が発生した。総合病院の多くは、外来診療と予約検査を休止した。また、市内80代女性が右肩脱臼のけがを負った。

 気象庁によると、震源の深さは約40キロで、地震の規模(マグニチュード)は6.7と推定される。

 十勝管内の震度は次の通り。

▽震度4=帯広、音更、鹿追、新得、清水、芽室、大樹、幕別町忠類、幕別、池田、浦幌
▽震度3=士幌、上士幌、中札内、更別、広尾、豊頃、本別、足寄
▽震度2=陸別

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

延長51メートル大型滑り台も 里見が丘公園複合遊具完成【足寄】

 足寄町が里見が丘公園遊戯広場内に整備していた大型遊具「お山の複合遊具」が完成し、27日にオープンする。延長51メートル、落差10メートルの滑り台やネット遊具が子どもたちを出迎える。  広大...

函館新聞

観光シーズン到来 箱館ハイカラ號運行開始【函館】

 明治時代の客車を復元した「箱館ハイカラ號(ごう)」の今季の運行が20日から始まった。赤を基調としたレトロな車両は今年も健在で、街に本格的な観光シーズンの訪れを告げた。  当初は15日...

函館新聞

〝日本一小さな〟道の駅江差がリニューアルオープン【江差】

 【江差】町尾山町1の「道の駅江差」が20日、リニューアルオープンした。コンパクトな建物内の両側に販売所と展示コーナーを新たに配置。本格的な観光シーズンに向けて、新たな情報発信拠点としての...