北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

学生コラボ ホエーパン 大谷短大と調理師専門学校【帯広】

 帯広大谷短期大学(田中厚一学長)と帯広調理師専門学校(遠藤珠子校長)の学生が、ホエー(乳清)を使ったコッペパンを共同開発した。近く、同専門学校の直営パン工房「ル・カルフール」(帯広市東10南13)で販売を始める。

共同開発したパンをPRする両校の学生。左から佐藤さん、専門学校の鈴木遙さん、成田さん、大谷短大の石井さん

 両校は2017年9月、教育連携協定を締結。第1弾として3月、短大が発刊したレシピ集「ワンプレートdeバランスごはん3」に、専門学校が「シーフードパエリア」「ザッハトルテ」(チョコレートケーキ)など4品のレシピを提供した。パンは短大生活科学科栄養士課程を今年春に卒業した団体職員、河瀬百合香さん(20)が考案した。チーズ製造の副産物ホエーの栄養価に注目し、パンの生地に混ぜた。

 ホエーは近年、高たんぱく、低脂肪、豊富なビタミンなどが注目されているが、家畜の飲料以外はほとんど廃棄されており、有効活用の観点からチーズ工房「NEEDS」(幕別)の協力を得て調達した。

 レシピを基に両校が商品化を検討。焼き上げたコッペパンに、タンドリーチキン、キャロットラペ、タマネギマリネ、レタスを挟んだ。商品名は「ガツンとチキンのホエーコッペ」。栄養士課程2年の石井真由さん(19)、佐藤和美さん(19)、福原佑実さん(20)が考案した。

共同開発した「ガツンとチキンのホエーコッペ」

 また、短大の芸術サークル「りぃぶる」のサークル長、片野茎拡さん(19)=社会福祉科介護福祉専攻=が「ル・カルフール」の店頭でパンをPRする掲示物(ポップ)を制作した。

 5日、「ル・カルフール」で両校の関係者が集まり試食会を開催。佐藤さんは「思った以上に『ガツン』とするおいしさ」、専門学校の成田朱音さん(18)は「パンはふわふわした食感で、おいしい」と話していた。

 価格は280円。1日8個限定で、9月いっぱい販売する。

関連記事

十勝毎日新聞

柴田牧場の看板も なつぞらロケ地25日公開【新得】

 新得NHK連続テレビ小説「なつぞら」の町内のロケ地が、25日から一般公開される。主人公「なつ」の心象に刻み込まれた牧草地など、ドラマのイメージそのままの風景が広がる。  公開を始めるのは新得...

十勝毎日新聞

畜大にパン開発講座 「敷島」と連携発展【帯広】

 帯広畜産大学と大手製パン会社の敷島製パン(名古屋)は23日、製パンに関する共同研究講座を設置したと発表した。これまでの連携を発展させ、北海道発のパン開発や国産小麦拡大による食料自給率向上を図る。...

十勝毎日新聞

村にアート体験出前 武蔵野美大と契約【中札内】

 中札内村教育委員会は、武蔵野美術大学(東京)と産学共同プロジェクトの受託研究契約を結んだ。8月には村内の小中学校でワークショップを行うほか、黒板に作品を描く「黒板ジャックライブ」を道の駅なかさつ...

函館新聞

遺愛ホワイトハウス一般公開始まる 24日まで【函館】

 遺愛学院(福島基輝校長)で23日、同学院内にある「旧宣教師館(ホワイトハウス)」の一般公開が始まった。市民ら約80人が来場。同校生徒が案内し、歴史を感じさせる館に思いを馳せながら施設内を見学し...

函館新聞

弁天町の商家「太刀川家」貸室とゲストハウスに【函館】

 函館市弁天町15にある国の指定重要文化財(重文)「太刀川(たちかわ)家住宅店舗」と隣接する市景観形成指定建築物「太刀川家洋館」が、バンケットルームとゲストハウスとして貸し出しを始めた。所有する...