北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

停電解消 明るくステップ ダンスで交流【帯広】

笑顔でダンスを披露する参加者

 十勝ダンススポーツ協会主催の「第27回ふれあいダンス交流会」が9日、帯広市内のとかちプラザ・軽運動室で開かれた。地震による停電の影響で週末のイベントの多くが中止されたが、この日は会員約170人が集まった。参加者は互いの無事を確認し、停電でふさぎ込んでいた気持ちを払拭(ふっしょく)するようにフロアを舞っていた。

 開会に先立ち、國安廣美会長が「こんな時期だから開催をやめようかとも考えたが、信号などが動くようになりやることを決めた。暗くてしょんぼりしていた気持ちを切り替え、会として元気に活動するスタートとしたい」とあいさつ。参加者は思い思いのペアを組んでワルツやタンゴなどを華麗に踊り、爽やかな汗を流していた。

 参加者からは、久しぶりの外出に安堵(あんど)の表情を浮かべる人も。芽室から参加した60代の女性は「停電中の夜は、ラジオを聴きながら布団に入っているだけの生活だった。ここに来て体を動かすことで、日常に戻れた気分になった」と顔をほころばせた。

 大会副実行委員長の小林孝子さん(帯広)は「市内に住む娘夫婦が自宅に来てくれたので不安は少なかったが、携帯電話で通話ができず『こういうことってあるんだ』と思った」と話す。「ダンス仲間はみんな顔見知り。表情を見ていても元気になったようでうれしい」(國枝会長)と、年に1度の交流会開催に喜びを感じていた。

関連記事

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...

根室新聞

弁天島灯台守一家の空襲体験 米国で絵本に【根室】

 根室空襲を生き抜いた弁天島の灯台守一家の戦争体験が、米国で子ども向け絵本として出版される企画が進んでいる。出版のきっかけを作り、自ら絵を担当する同灯台守の孫で米国在住の木村広さん(57)が15、1...

根室新聞

厚床再生プロジェクト「防災キャンプ」企画 【根室】

 新たな地域づくりに向け、勉強会を開いている厚床地域農村再生プロジェクトチーム(リーダー、馬場晶一さん=AB―MOBIT代表)は、24、25の両日、地域住民による厚床防災キャンプを厚床会館で開く。防...

苫小牧民報

安平町の避難指示解除、最長2年に 長期化に町民から不安の声

 安平町は、胆振東部地震後に避難指示を出している地域の解除に、場所によって1年から2年かかる見通しを立てていることが分かった。住宅地の裏山崩壊の危険から避難指示を出した地域では、のり面補修工事な...