北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「トマトの里構想」【平取】

【平取】びらとろん2018「トマトの里構想」意見交換会が5日夜、町民を対象に町中央公民館で開かれた。

 びらとりトマトは昭和47年に6戸の農家でスタート。45年後の平成29年には163戸の農家が作付け面積115㌶、年間収穫量1万2555㌧、販売額43億6300万円までに成功している。

 事務局の役場産業課が農協、役場関係各課の職員からヒアリングを行い素案としてまとめ上げた。

 素案を崎広秀樹産業課長がスライドを使って説明。①買うところ・売るところ(直売店や売り方)②食べるところ(新メニューや商品開発)③見るところ(世界のトマトとびらとりトマトの歴史)④考えるところ(専門家が集う場所・研究所)⑤つくる・ふれるところ(つくる人と農作業体験)⑥見せる方法(トマトの町を感じられる看板・グッズや宣伝)⑦お金(補助金だけでなく自己資金も)⑧応援する人⑨全体のまとまりとしての広場(新しい町の姿、テーマパーク)⑩基本的なきまりごと―について具体例をあげて参加者に意見、提言を求めた。

 質疑では「直売所は売っているだけ。生産者の顔が見えない」「道外市場向けの方針を貫いて成功を収めている“びらとり農協”の理解とコンセンサスが必要」「トマトの生産が全国一と言われているが、観光客らにアピールする看板が足りない」「難しいが冬場にも対応できる通年観光の検討も必要では?」―などの意見提言が出された。

 同素案はさらに多くの町民から意見を聞く機会を設け、来年2月までに「トマトの里構想」としてまとめ上げる。

素案を説明する崎広産業課長

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

室蘭民報

市連町が宮古訪れ仮設トイレ設営体験【室蘭】

 室蘭市町内会連合会(沼田俊治会長、118町内会・自治会)は10日、岩手県などが主催する岩手県総合防災訓練に参加し、市町連で生かすための参考にしていた。  訓練は震度6弱を観測する地震が発生...