北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「トマトの里構想」【平取】

【平取】びらとろん2018「トマトの里構想」意見交換会が5日夜、町民を対象に町中央公民館で開かれた。

 びらとりトマトは昭和47年に6戸の農家でスタート。45年後の平成29年には163戸の農家が作付け面積115㌶、年間収穫量1万2555㌧、販売額43億6300万円までに成功している。

 事務局の役場産業課が農協、役場関係各課の職員からヒアリングを行い素案としてまとめ上げた。

 素案を崎広秀樹産業課長がスライドを使って説明。①買うところ・売るところ(直売店や売り方)②食べるところ(新メニューや商品開発)③見るところ(世界のトマトとびらとりトマトの歴史)④考えるところ(専門家が集う場所・研究所)⑤つくる・ふれるところ(つくる人と農作業体験)⑥見せる方法(トマトの町を感じられる看板・グッズや宣伝)⑦お金(補助金だけでなく自己資金も)⑧応援する人⑨全体のまとまりとしての広場(新しい町の姿、テーマパーク)⑩基本的なきまりごと―について具体例をあげて参加者に意見、提言を求めた。

 質疑では「直売所は売っているだけ。生産者の顔が見えない」「道外市場向けの方針を貫いて成功を収めている“びらとり農協”の理解とコンセンサスが必要」「トマトの生産が全国一と言われているが、観光客らにアピールする看板が足りない」「難しいが冬場にも対応できる通年観光の検討も必要では?」―などの意見提言が出された。

 同素案はさらに多くの町民から意見を聞く機会を設け、来年2月までに「トマトの里構想」としてまとめ上げる。

素案を説明する崎広産業課長

関連記事

根室新聞

「大坂なおみ選手特設ブース」にウエア追加【根室】

 テニスの全豪オープンに出場中の大坂なおみ選手の祖父で根室漁協の大坂鉄夫組合長(73)が21日、市役所を訪れ、市役所1階ロビーの「なおみブース」を初めて見学。大坂組合長は、全米オープンの表彰式で着用...

根室新聞

毛ガニかご漁 2月1日解禁【根室】

 道知事許可の根室半島太平洋沿岸での「毛ガニかご漁」が今期も2月1日の解禁となる。根室振興局水産課によると、道は今期操業の許可方針や制限条件について今年も前年並みとする方針で、管内各漁協から合わ...

日高報知新聞

高校創生フォーラム【新冠】

【新冠】管内有志による教育創生プロジェクト主催の「日高管内高校創生フォーラム」が20日、レ・コード館で開かれ、鳴海修司町長や藤沢澄雄道議、管内町議や教育関係者、一般住民ら約70人が参加して魅力ある学校...

日高報知新聞

小中学生最優秀賞に清水嵩流君(浦小2年)【浦河】

 浦河文化協会(津沢静子会長)は18日、近く発行する文芸うらかわ第37号の特別企画「『流れる』にまつわる短歌」の入賞作品の表彰式を町総合文化会館で行い、小中学生の部最優秀賞の清水嵩流君(浦河小2年)や...

苫小牧民報

苫小牧のパンプアップ塾3連覇 復興願い、厚真で3本引き大会

 厚真町の冬のイベント「あつま国際雪上3本引き大会」(実行委主催)が20日、町本郷のかしわ公園野球場で開かれた。12回目となる今回は町内外から過去最高の58チーム約930人が参戦。胆振東部地震で...