北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

「トマトの里構想」【平取】

【平取】びらとろん2018「トマトの里構想」意見交換会が5日夜、町民を対象に町中央公民館で開かれた。

 びらとりトマトは昭和47年に6戸の農家でスタート。45年後の平成29年には163戸の農家が作付け面積115㌶、年間収穫量1万2555㌧、販売額43億6300万円までに成功している。

 事務局の役場産業課が農協、役場関係各課の職員からヒアリングを行い素案としてまとめ上げた。

 素案を崎広秀樹産業課長がスライドを使って説明。①買うところ・売るところ(直売店や売り方)②食べるところ(新メニューや商品開発)③見るところ(世界のトマトとびらとりトマトの歴史)④考えるところ(専門家が集う場所・研究所)⑤つくる・ふれるところ(つくる人と農作業体験)⑥見せる方法(トマトの町を感じられる看板・グッズや宣伝)⑦お金(補助金だけでなく自己資金も)⑧応援する人⑨全体のまとまりとしての広場(新しい町の姿、テーマパーク)⑩基本的なきまりごと―について具体例をあげて参加者に意見、提言を求めた。

 質疑では「直売所は売っているだけ。生産者の顔が見えない」「道外市場向けの方針を貫いて成功を収めている“びらとり農協”の理解とコンセンサスが必要」「トマトの生産が全国一と言われているが、観光客らにアピールする看板が足りない」「難しいが冬場にも対応できる通年観光の検討も必要では?」―などの意見提言が出された。

 同素案はさらに多くの町民から意見を聞く機会を設け、来年2月までに「トマトの里構想」としてまとめ上げる。

素案を説明する崎広産業課長

関連記事

十勝毎日新聞

はみ出るメークイン JA帯広大正「まつり」【帯広】

 第42回帯広大正メークインまつりが23日午前9時から、市内の大正ふれあい広場で開かれた。恒例のメークイン詰め放題など多彩なイベントが行われ、多くの来場者でにぎわった。  特産のメークインを...

十勝毎日新聞

陸別町100年 記念式典 飛躍を誓う【陸別】

 陸別町開町100年記念式典が23日午前10時から、町タウンホールで開かれた。発展の1世紀を支えた功労者をたたえ、小さくてもきらり輝く町へ、さらなる飛躍を誓った。  町は1919(大正8)年...

十勝毎日新聞

餅まきに興奮 みのり祭り【浦幌】

 秋分の日の23日、秋の味覚を楽しむイベント「第43回うらほろふるさとのみのり祭り」(町観光協会主催)が午前10時から町内のうらほろ森林公園で開かれ、家族連れら約3万1000人(主催者発表)で...

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...