北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

頑張れ氷都苫小牧/アイホ関係者ら横断幕【釧路】

 6日未明の胆振東部地震の発生に伴う長時間の停電で、白鳥王子アイスアリーナなどが使えなくなっている苫小牧を応援しようと、釧路のアイスホッケー関係者らが、立ち上がった。日本製紙アイスアリーナにエールを送る横断幕を掲示。今後、寄せ書きや募金活動なども検討している。

北海道アイスホッケー連盟などによると、道内の主要リンクのうち、地震による停電で11日現在、苫小牧の白鳥王子アイスアリーナとダイナックス沼ノ端アイスアリーナ、札幌の月寒体育館は、氷を作り直さなければならず、いずれも、再開時期は未定という。このほか、スピードスケートについても、帯広の十勝オーバルが被害を受けて製氷やり直しとなり、完成まで1カ月半を要するという。

 震源地に近い苫小牧は、アイスホッケーが盛んで、釧路と「氷都」の名を争うとともに、国内の氷上競技をけん引してきた仲間だが、シーズン本番を前に甚大な影響が出ている。特に、アジアリーグに参戦している王子イーグルスは8日から6試合が組まれていた韓国遠征、さらに、22、23の両日に予定していた本拠地・白鳥王子アイスアリーナでの日本製紙クレインズ戦も延期した。小中学校、高校、社会人、女子の各チームについても、満足な氷上練習ができない状況に陥っている。

 釧路市内では、春採アイスアリーナが8日、大進スケートセンターは9日、日本製紙アイスアリーナと柳町アイスホッケー場は10日に営業を再開した。道内のアイスホッケー界で、いち早く復旧した釧路では、選手と指導者、ファンが、好敵手・苫小牧を激励しようと、長さ約10㍍、幅約1㍍の横断幕を製作。営業再開した10日、日本製紙アイスアリーナに掲げた。文面は「俺たちは待っている!再び苫小牧の地で熱い戦いを!LOVE HOCKEY 頑張れ氷都苫小牧!」。

 横断幕作りに携わった、クレインズの私設サポーターつるっ子マニアの寺山博道代表は「スピード感を持って、自分たちにできることは、まず、励ますことだと思って動いた。日本製紙アイスアリーナで練習した選手たちが撮影して、どんどんシェアしてほしい」と話している。今後、クレインズや地元関係団体と協力して、苫小牧の復興支援に取り組む方針。

関連記事

苫小牧民報

苫小牧のパンプアップ塾3連覇 復興願い、厚真で3本引き大会

 厚真町の冬のイベント「あつま国際雪上3本引き大会」(実行委主催)が20日、町本郷のかしわ公園野球場で開かれた。12回目となる今回は町内外から過去最高の58チーム約930人が参戦。胆振東部地震で...

苫小牧民報

アルパカ飼育体験人気 えこりん村に市内外から家族連れ

 恵庭市牧場の観光施設えこりん村で冬の体験イベントがスタートし、アルパカやヒツジの飼育体験が人気を集めている。同施設の飼育員が実際に行っている動物の世話を体験できる内容で、2月下旬まで毎週土、日...

苫小牧民報

繁華街に幻想的な光 フォトジェニックナイト始まる-苫小牧

 苫小牧の夜の繁華街をランタンで照らす「北海道フォトジェニックナイト2019」(実行委員会、大町商店会共催)が21日、苫小牧市錦町のいずも公園と隣接する通りで始まった。胆振東部地震で客足が落ちた...

十勝毎日新聞

工業高でスマート農業 官民連携し研究【帯広】

 官民学一体で地域の課題解決の実践研究に取り組む「高等学校OPENプロジェクト」が本格的に始動している。十勝管内で唯一、研究指定校に選ばれた帯広工業高校(金谷秀幸校長)は、3カ年でスマート農業の...

十勝毎日新聞

特定健診受診今年も管内1位【陸別】

 2017年度の陸別町の特定健診受診率が70.1%になり、全道で4位、十勝では2年連続の1位となった。保健師らによる家庭訪問などに成果が表れた格好。町民の健康に寄与し、将来的な介護給付費の抑制を...