北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

頑張れ氷都苫小牧/アイホ関係者ら横断幕【釧路】

 6日未明の胆振東部地震の発生に伴う長時間の停電で、白鳥王子アイスアリーナなどが使えなくなっている苫小牧を応援しようと、釧路のアイスホッケー関係者らが、立ち上がった。日本製紙アイスアリーナにエールを送る横断幕を掲示。今後、寄せ書きや募金活動なども検討している。

北海道アイスホッケー連盟などによると、道内の主要リンクのうち、地震による停電で11日現在、苫小牧の白鳥王子アイスアリーナとダイナックス沼ノ端アイスアリーナ、札幌の月寒体育館は、氷を作り直さなければならず、いずれも、再開時期は未定という。このほか、スピードスケートについても、帯広の十勝オーバルが被害を受けて製氷やり直しとなり、完成まで1カ月半を要するという。

 震源地に近い苫小牧は、アイスホッケーが盛んで、釧路と「氷都」の名を争うとともに、国内の氷上競技をけん引してきた仲間だが、シーズン本番を前に甚大な影響が出ている。特に、アジアリーグに参戦している王子イーグルスは8日から6試合が組まれていた韓国遠征、さらに、22、23の両日に予定していた本拠地・白鳥王子アイスアリーナでの日本製紙クレインズ戦も延期した。小中学校、高校、社会人、女子の各チームについても、満足な氷上練習ができない状況に陥っている。

 釧路市内では、春採アイスアリーナが8日、大進スケートセンターは9日、日本製紙アイスアリーナと柳町アイスホッケー場は10日に営業を再開した。道内のアイスホッケー界で、いち早く復旧した釧路では、選手と指導者、ファンが、好敵手・苫小牧を激励しようと、長さ約10㍍、幅約1㍍の横断幕を製作。営業再開した10日、日本製紙アイスアリーナに掲げた。文面は「俺たちは待っている!再び苫小牧の地で熱い戦いを!LOVE HOCKEY 頑張れ氷都苫小牧!」。

 横断幕作りに携わった、クレインズの私設サポーターつるっ子マニアの寺山博道代表は「スピード感を持って、自分たちにできることは、まず、励ますことだと思って動いた。日本製紙アイスアリーナで練習した選手たちが撮影して、どんどんシェアしてほしい」と話している。今後、クレインズや地元関係団体と協力して、苫小牧の復興支援に取り組む方針。

関連記事

十勝毎日新聞

新鮮野菜求め列 市内サラダ館で「おはよう朝市」【帯広】

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

十勝毎日新聞

学校のPC授業支援 エドテック 町と協定【上士幌】

 プログラミング教育を推進する十勝EdTech(エドテック)コンソーシアム(神山恵美子代表)と上士幌町教委は14日、連携協力協定を結んだ。エドテックに加盟する帯広コア学園が運営する帯広コア専門...

十勝毎日新聞

五輪でアイヌの舞を 開会式披露目指し練習【帯広】

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開会式でアイヌ古式舞踊を披露し、民族文化の発信を目指す取り組みが進んでいる。関係者は「平和の祭典で、アイヌ民族の世界観が平和主義と合致していること...

函館新聞

夕暮れ時 海岸線快走 奥尻ムーンライトマラソン【奥尻】

 【奥尻】第6回奥尻ムーンライトマラソン(実行委主催)が15日夕から夜にかけて奥尻島で行われた。今年はフルマラソンに128人、ハーフマラソンに149人がエントリー。選手は沿道の声援を受けながら力強...

函館新聞

出走取消でもファン盛り上がる JRA函館競馬開幕【函館】

 日本中央競馬会(JRA)の北海道シリーズ「函館競馬」が15日、函館市の函館競馬場で開幕した。JRAではこの日、禁止薬物が含まれていた飼料添加物が販売されていた厩舎の競走馬計156頭の出走を取り消...