北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

小型エンジンで共同実験 ISTと東大研究室【大樹】

小型エンジンを調整する杉原さん(左)ら東大の学生

 東京大学大学院の研究室とインターステラテクノロジズ(IST、本社大樹、稲川貴大社長)は8~15日、町浜大樹の実験場で小型ロケットエンジンの共同実験を行っている。新型の燃料噴射装置(インジェクター)を持ち込み、燃焼試験を繰り返している。

 同大学院の工学系研究科航空宇宙工学専攻の津江光洋教授と中谷辰爾准教授の研究室は、7年ほど前からISTと共同研究を続けている。大学内ではできないエンジンの燃焼試験のため毎年、学生らが町浜大樹を訪れている。

 今年は修士課程2年と学部4年生の2人が来町。同研究室ではISTでも同タイプを採用している「ピントル型インジェクター」を研究し、今年は燃焼効率を高めた新型をエンジンに取り付け、燃焼させた。

 10日には燃焼の様子を外部から観察するガラスが割れるトラブルもあったが、修正しながらデータ取得を続けている。15日までに約3秒間の燃焼を15回ほど行う予定。

 修士課程2年の杉原恭さん(24)は「より効率のよいロケットエンジンの開発に貢献できるよう研究を進めたい。大規模な燃焼実験は大学では難しいので、機会をいただいてありがたい」と話していた。

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

十勝毎日新聞

さあW杯 ゲスト24カ国から340人【帯広】

 16日に明治北海道十勝オーバルで開幕するスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦を前に、帯広市内では世界各国から集まった選手や関係者らの姿が街中でも見られ、十勝のグルメを満喫する選手らへ...