北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

小型エンジンで共同実験 ISTと東大研究室【大樹】

小型エンジンを調整する杉原さん(左)ら東大の学生

 東京大学大学院の研究室とインターステラテクノロジズ(IST、本社大樹、稲川貴大社長)は8~15日、町浜大樹の実験場で小型ロケットエンジンの共同実験を行っている。新型の燃料噴射装置(インジェクター)を持ち込み、燃焼試験を繰り返している。

 同大学院の工学系研究科航空宇宙工学専攻の津江光洋教授と中谷辰爾准教授の研究室は、7年ほど前からISTと共同研究を続けている。大学内ではできないエンジンの燃焼試験のため毎年、学生らが町浜大樹を訪れている。

 今年は修士課程2年と学部4年生の2人が来町。同研究室ではISTでも同タイプを採用している「ピントル型インジェクター」を研究し、今年は燃焼効率を高めた新型をエンジンに取り付け、燃焼させた。

 10日には燃焼の様子を外部から観察するガラスが割れるトラブルもあったが、修正しながらデータ取得を続けている。15日までに約3秒間の燃焼を15回ほど行う予定。

 修士課程2年の杉原恭さん(24)は「より効率のよいロケットエンジンの開発に貢献できるよう研究を進めたい。大規模な燃焼実験は大学では難しいので、機会をいただいてありがたい」と話していた。

関連記事

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...