北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

創立55周年の節目を祝う【新ひだか】

【新ひだか】静内社交ダンス同好会(加藤惠美子会長、25人)の創立55周年記念式典と記念パーティーが9日、町公民館で開かれ、約80人が参加して長い歴史を刻んできた同会の節目を祝った。

 同会は昭和38年2月に静内ダンスクラブとして創立。初代会長は加藤病院長の加藤三郎さんが務めた。40年3月に静内社交ダンス同好会に改称し、静内町文化連盟へ加盟。以来、町内外のイベントに出演する傍ら、49年から継続している歳末たすけあい募金をはじめ、ペテカリの園建設資金、静内ライオンズクラブ奉仕事業などのチャリティー活動にも積極的に取り組んでいる。

 式典の開会で加藤会長は冒頭、胆振東部地震の被災者へ見舞いの言葉と予定通り式典とパーティーを開催できることを感謝し、「この節目を契機とし、さらに研さんを重ね、皆さんとともに交流を深め、技術の向上と文化の発展のために貢献していきたい」とあいさつ。

 来賓の高野卓也教育長、市毛満町文化団体協議会静内支部長、櫻井武四郎全日高社交ダンス協会長も「心豊かで健康に、そして文化的に暮らすまちづくりの一翼を担ってきたことに敬意を表する」などと祝辞を送った。

 また、創立55周年を記念して8代目会長の吉田シゲ子さんと、会員の技術向上に尽力し、会の顔として行事に参加してきた三上豊昭さんに功労賞が贈られた。受賞者を代表して吉田さんは「本日の賞は、ともに活動してきた仲間と多くの方々の理解と協力があったからこそ。この場を借りて心からお礼を申し上げたい」と謝辞を述べた。

加藤会長(右)から功労賞を贈られる吉田さん(中)、三上さん(左)

 式典の前後にはダンスタイムが催され、新冠町の軽音楽愛好会「ブルーホース」の12人が奏でるさまざまなジャンルのダンスナンバーに合わせて、参加者たちはワルツやルンバ、タンゴなどを優雅に舞った。

ブルーホースの生演奏に合わせて踊る参加者たち

 記念デモンストレーションとして同会講師の杉原充・梨沙組(千歳市・ダンスカルチャー杉原)が出演してパーティーに華を添えた。

関連記事

日高報知新聞

民族共生象徴空間をPR【新ひだか】

【新ひだか】再来年の4月24日に胆振管内白老町で開設されるアイヌ文化発信の中心的拠点「民族共生象徴空間」のPRキャラバンが22、23の両日、町内で開かれている。  道や政府は象徴空間の年間来場者目標1...

日高報知新聞

国有林で枝落し作業【えりも】

【えりも】えりも高(佐藤健校長)の1年生38人が19日、百人浜・一石一字塔前の国有林内で、緑化事業で植樹したクロマツの枝落とし作業を体験した。  えりも中との「連携型中高一貫教育―百人浜に学ぶ―」のフ...

苫小牧民報

フェリーに装軌車積み込む 長距離機動訓練を公開-陸自7師団

 陸上自衛隊第7師団(司令部・東千歳駐屯地)は25日、2018年度長距離機動訓練の一環で、装軌車をはじめとした車両約50両を苫小牧港・西港でフェリーに積み込んだ。同日中に釧路港に到着し、同港から...

苫小牧民報

苫小牧でも広がる「ノーモア自粛」 道の駅、飲食店など復興後押し

 胆振東部地震の影響で自粛ムードが高まり、経済活動が停滞してしまうのを防ごうと、苫小牧市内でも、黒と赤で書かれた「NOMORE自粛(ノーモア・ジシュク)」のロゴマークを活用した運動が広がりつつあ...

十勝毎日新聞

五穀豊穣 願いの一矢 帯廣神社例大祭で流鏑馬【帯広】

 帯廣神社(大野清徳宮司)の秋季例大祭が最終日を迎えた25日、神社境内で五穀豊穣(ほうじょう)などを願う流鏑馬(やぶさめ)が奉納された。  十勝どさんこ弓馬会(斎藤朋子会長)が、流鏑馬文化の...