北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

紙ドレス国際ショーに 加藤さんカナダへ【帯広】

出展する紙のドレスの新作「KANA BRIGHT」と加藤さん

 現代アート作家で紙を素材に立体造形に取り組む加藤かおりさん(32)=帯広市=が、17日(現地時間)からカナダで開かれる「バンクーバー・ファッション・ウイーク(VFW)春夏2019」に参加する。デザイナーの1人として自作の“紙のドレス”10着を出展、ショーでモデルが身に着けてランウエーを歩く。自身も現地入りしてフィッティングや演出などを手掛けることになっており、「分野は違うが、いい刺激を得て今後の制作活動につなげたい」と意欲を見せている。

 VFWは年に2回、バンクーバーで開かれるファッション・イベント。北米2番目の規模とされ、世界各国から新進気鋭のデザイナーやバイヤー、メディアなどが集う。今回も23日までの1週間、参加デザイナーが連日ショーを開く。

 加藤さんは紙(レザック紙)を幾何学模様に繰り返し折り、立体化させたオブジェの制作で知られている。インスタグラムに投稿した紙のドレスの写真がVFWの目に留まり、今年2月、事務局からオファーがあった。

 デザイナーと現代アートという分野の違い、資金や仕事の都合などから迷いはしたが、友人ら周囲の後押しもあって出展を決意。6月からデザインなどの構想を練り、指定数の10着(各帽子付き)の制作を進めた。

 完成したドレスは色も紙の折り方もさまざま。“着るオブジェ”として、黄一色で全身を包み込むように仕上げた「KANA BRIGHT」など新作が6着、他の4着は過去の作品を手直しした。使った紙はA1サイズで1着当たり十数枚から30枚。「着て歩ける」ことを第一に「布では出せない、紙だから見せられる模様にこだわった」という。

 ドレス以外にも、発表作品の一覧(ラインアップシート)や演出、BGM、映像なども自ら用意しなければならず、準備に追われた。

 加藤さんのショーは実質初日となる18日の最後で15分間。「容易な道のりではなかったけれど、周囲の応援とサポートがあってここまで来られた。そうした皆さんの気持ちを背負って参加する。この冒険を大いに味わいながら頑張りたい」と話している。14日に出発する予定。

関連記事

根室新聞

サンマ初水揚げ 花咲港に中型船帰港【根室】

 農林水産大臣許可の第2陣として今月15日に出漁した20トン以上100トン未満の中型サンマ棒受け網漁船5隻が22日、花咲港にサンマを初水揚げした。このうち、午前7時から行われたセリでは4隻が発...

根室新聞

24日 道の駅で限定販売「ハスカップのサワーケーキ」【根室】

 道の駅スワン44ねむろで24日午前11時から販売する今月のスイーツに、JR根室駅前の移住交流推進拠点カフェ・ボストークが作る「ハスカップのサワーケーキ」=写真=が15個限定で登場する。  スワンと...

根室新聞

中西進氏講演会「オホーツク文化から日本を見る」開催へ【根室】

 万葉集研究の第一人者で日本とアジアの比較文化研究の権威、中西進氏(富山県立高志の国文学館館長)の講演会が、9月18日午後6時半から市総合文化会館小ホールで開かれることが決まった。演題は「オホーツ...

日高報知新聞

光ケーブル網を整備【新冠】

【新冠】国の補助を受け、町は本年度と来年度以降の2年間、約12億円をかけ町内全域に延長200㌔以上の光ケーブル網を整備し、光ケーブル整備済みの市街地と情報通信で格差のあった周辺部へ高速インターネット...

日高報知新聞

続縄文時代の配石遺構【様似】

【様似】町教委が発掘調査している冬島遺跡で、平行に石を並べ、間に砂を敷き詰めた直列配石の遺構が出土した。約2200年前ころの続縄文文化期の地層で、同文化期の遺跡では道内で前例がないという。  冬...