北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

紙ドレス国際ショーに 加藤さんカナダへ【帯広】

出展する紙のドレスの新作「KANA BRIGHT」と加藤さん

 現代アート作家で紙を素材に立体造形に取り組む加藤かおりさん(32)=帯広市=が、17日(現地時間)からカナダで開かれる「バンクーバー・ファッション・ウイーク(VFW)春夏2019」に参加する。デザイナーの1人として自作の“紙のドレス”10着を出展、ショーでモデルが身に着けてランウエーを歩く。自身も現地入りしてフィッティングや演出などを手掛けることになっており、「分野は違うが、いい刺激を得て今後の制作活動につなげたい」と意欲を見せている。

 VFWは年に2回、バンクーバーで開かれるファッション・イベント。北米2番目の規模とされ、世界各国から新進気鋭のデザイナーやバイヤー、メディアなどが集う。今回も23日までの1週間、参加デザイナーが連日ショーを開く。

 加藤さんは紙(レザック紙)を幾何学模様に繰り返し折り、立体化させたオブジェの制作で知られている。インスタグラムに投稿した紙のドレスの写真がVFWの目に留まり、今年2月、事務局からオファーがあった。

 デザイナーと現代アートという分野の違い、資金や仕事の都合などから迷いはしたが、友人ら周囲の後押しもあって出展を決意。6月からデザインなどの構想を練り、指定数の10着(各帽子付き)の制作を進めた。

 完成したドレスは色も紙の折り方もさまざま。“着るオブジェ”として、黄一色で全身を包み込むように仕上げた「KANA BRIGHT」など新作が6着、他の4着は過去の作品を手直しした。使った紙はA1サイズで1着当たり十数枚から30枚。「着て歩ける」ことを第一に「布では出せない、紙だから見せられる模様にこだわった」という。

 ドレス以外にも、発表作品の一覧(ラインアップシート)や演出、BGM、映像なども自ら用意しなければならず、準備に追われた。

 加藤さんのショーは実質初日となる18日の最後で15分間。「容易な道のりではなかったけれど、周囲の応援とサポートがあってここまで来られた。そうした皆さんの気持ちを背負って参加する。この冒険を大いに味わいながら頑張りたい」と話している。14日に出発する予定。

関連記事

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...