北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

紙ドレス国際ショーに 加藤さんカナダへ【帯広】

出展する紙のドレスの新作「KANA BRIGHT」と加藤さん

 現代アート作家で紙を素材に立体造形に取り組む加藤かおりさん(32)=帯広市=が、17日(現地時間)からカナダで開かれる「バンクーバー・ファッション・ウイーク(VFW)春夏2019」に参加する。デザイナーの1人として自作の“紙のドレス”10着を出展、ショーでモデルが身に着けてランウエーを歩く。自身も現地入りしてフィッティングや演出などを手掛けることになっており、「分野は違うが、いい刺激を得て今後の制作活動につなげたい」と意欲を見せている。

 VFWは年に2回、バンクーバーで開かれるファッション・イベント。北米2番目の規模とされ、世界各国から新進気鋭のデザイナーやバイヤー、メディアなどが集う。今回も23日までの1週間、参加デザイナーが連日ショーを開く。

 加藤さんは紙(レザック紙)を幾何学模様に繰り返し折り、立体化させたオブジェの制作で知られている。インスタグラムに投稿した紙のドレスの写真がVFWの目に留まり、今年2月、事務局からオファーがあった。

 デザイナーと現代アートという分野の違い、資金や仕事の都合などから迷いはしたが、友人ら周囲の後押しもあって出展を決意。6月からデザインなどの構想を練り、指定数の10着(各帽子付き)の制作を進めた。

 完成したドレスは色も紙の折り方もさまざま。“着るオブジェ”として、黄一色で全身を包み込むように仕上げた「KANA BRIGHT」など新作が6着、他の4着は過去の作品を手直しした。使った紙はA1サイズで1着当たり十数枚から30枚。「着て歩ける」ことを第一に「布では出せない、紙だから見せられる模様にこだわった」という。

 ドレス以外にも、発表作品の一覧(ラインアップシート)や演出、BGM、映像なども自ら用意しなければならず、準備に追われた。

 加藤さんのショーは実質初日となる18日の最後で15分間。「容易な道のりではなかったけれど、周囲の応援とサポートがあってここまで来られた。そうした皆さんの気持ちを背負って参加する。この冒険を大いに味わいながら頑張りたい」と話している。14日に出発する予定。

関連記事

日高報知新聞

藤田菜七子騎手、根本康広師 馬産地にエール【新冠】

【新冠】日高女性軽種馬ネットワーク〝馬女ネット〟(酒井百合子会長)の「設立10周年記念トークショー」が13日、レ・コード館で開かれ、JRA唯一の女性騎手として活躍する藤田菜七子騎手(21)と師匠の根本康...

日高報知新聞

応援、祝福の懸垂幕満杯【浦河】

 浦河町役場庁舎正面の外壁を利用した8本の懸垂幕は“満員御礼”の状況だ。町出身者や町民が日本代表で国際大会に出場する男女4人に加え、久しぶりのG1優勝生産牧場もあり、懸垂幕で応援、祝福している。 ...

苫小牧民報

JR日高線苫小牧―鵡川間、19日に運行再開 74日ぶり、利用客から喜びの声

 JR北によると、地震発生後、同社や鉄道総合技術研究所が現地調査を行い、地震の震源地に近い厚真川橋梁(きょうりょう)=全長255・3メートル=の橋脚が最大27センチずれているのを確認。この他、同...

苫小牧民報

北大総合博物館、穂別に分室開設 化石発掘や調査に活用-むかわ

 むかわ町穂別の穂別博物館に11日、北大総合博物館の古生物学研究分室が開設された。当初は9月の開設を予定していたが、胆振東部地震発生で延期になっていた。  同館が分室を設けるのは初めて。  ...

十勝毎日新聞

さあW杯 ゲスト24カ国から340人【帯広】

 16日に明治北海道十勝オーバルで開幕するスピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦を前に、帯広市内では世界各国から集まった選手や関係者らの姿が街中でも見られ、十勝のグルメを満喫する選手らへ...