北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

みついしが離脱表明

 来年2月1日の合併を目指す日高管内中東部4農協による10日の合併推進委員会(委員長・酒井薫みついし農協組合長)で、受け皿の存続農協になる予定だったみついし農協(新ひだか町三石)から離脱の申し出があった。今後は残る3農協で協議に移る予定だが、合併の承認を得る各農協臨時総会までの時間は残り少なく、課題も山積みだ。

 4農協は今月26日と来月10日に合併臨時総会を予定していた。

 これを前に、5日に合併農協の必要事項を盛り込んだ合併契約書に持ち回りで調印する予定でいた。しかし、合併に対し組合員から反対意見が多かったみついし農協が態度を保留し、同農協は7日の臨時理事会で合併の是非を最終決断することになり、同日の調印は全農協が見送っている。

 結果、10日の6回目となる合併推進委員会で酒井みついし組合長から離脱の申し出があった。

 今後の合併協議は、平成22年から協議を続けていた「ひだか東」(浦河、様似、えりも3町)「しずない」(新ひだか町静内)」「新冠町」(新冠町)の3農協による元の状態に戻った。26日の3農協臨時総会は延期した。

 各農協は離脱申し出について12日までに組合員に通知している。

 新冠町、しずない、ひだか東の3農協は、組合員への貸出金による多額の不良債権(29年度決算3農協で約121億円)により財務基盤が悪化。

 さらに、新たな担保評価基準の見直しで、計画以上の多額の貸倒引当金が必要となり、全国、全道のJAグループからの前例のない多額の支援を受ける条件として、受け皿となる健全農協のみついし農協との合併が不可欠となり、5月から4農協による本格的な合併協議が始まっていた。

 来年2月の合併という日程に今のところ変更はなく、今後の3農協の合併協議で従来の支援策が計画通り受けられるのかは不透明な状況だ。

4農協による合併協議からの離脱の方針を決めたみついし農協

関連記事

日高報知新聞

林家とんでん平と茶摘家ちゃっきり【新ひだか】

【新ひだか】落語家の林家とんでん平さん(札幌在住)や茶摘家ちゃっきりさん(静内木場町・植村雪枝さん)らによる「平成最後の落語会」が21日、町公民館で開かれ、来場者は生の落語やとんでん平さんの歌謡ショ...

日高報知新聞

最多当選は荻野さん12回

 第19回統一地方選後半は市町村長選、市区町村議選が21日に投開票され、日高管内も4町の町議選で計49人が当選し、5人が落選した。新人は4町で9人が立候補し、全員が当選。浦河町(定数16)は新人の2人が3...

苫小牧民報

全国最年少知事が誕生 鈴木氏、道庁へ初登庁

 7日投開票された道知事選で初当選した前夕張市長の鈴木直道氏(38)は23日午前、道庁へ初登庁した。現役では全国最年少知事に就任した鈴木氏は、職員を前に「前例にとらわれず、絶えず広い視野を持ち、...

苫小牧民報

初の週末、1万5000人 安平・道の駅が家族連れで盛況

 安平町の道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」が開業後初めての週末を迎えた20、21の両日、晴天に恵まれて大勢の家族連れらでにぎわった。運営するあびら観光協会によると2日間で町内外から...

室蘭民報

春の憲法の集い、前川元文科事務次官が講演【室蘭】

 憲法を守る室蘭地域ネット(増岡敏三代表)の「春の憲法の集い」が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれた。元文部科学事務次官の前川喜平氏が日本国憲法について講演。第13条などを解説し、個人の権利...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス