北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

みついしが離脱表明

 来年2月1日の合併を目指す日高管内中東部4農協による10日の合併推進委員会(委員長・酒井薫みついし農協組合長)で、受け皿の存続農協になる予定だったみついし農協(新ひだか町三石)から離脱の申し出があった。今後は残る3農協で協議に移る予定だが、合併の承認を得る各農協臨時総会までの時間は残り少なく、課題も山積みだ。

 4農協は今月26日と来月10日に合併臨時総会を予定していた。

 これを前に、5日に合併農協の必要事項を盛り込んだ合併契約書に持ち回りで調印する予定でいた。しかし、合併に対し組合員から反対意見が多かったみついし農協が態度を保留し、同農協は7日の臨時理事会で合併の是非を最終決断することになり、同日の調印は全農協が見送っている。

 結果、10日の6回目となる合併推進委員会で酒井みついし組合長から離脱の申し出があった。

 今後の合併協議は、平成22年から協議を続けていた「ひだか東」(浦河、様似、えりも3町)「しずない」(新ひだか町静内)」「新冠町」(新冠町)の3農協による元の状態に戻った。26日の3農協臨時総会は延期した。

 各農協は離脱申し出について12日までに組合員に通知している。

 新冠町、しずない、ひだか東の3農協は、組合員への貸出金による多額の不良債権(29年度決算3農協で約121億円)により財務基盤が悪化。

 さらに、新たな担保評価基準の見直しで、計画以上の多額の貸倒引当金が必要となり、全国、全道のJAグループからの前例のない多額の支援を受ける条件として、受け皿となる健全農協のみついし農協との合併が不可欠となり、5月から4農協による本格的な合併協議が始まっていた。

 来年2月の合併という日程に今のところ変更はなく、今後の3農協の合併協議で従来の支援策が計画通り受けられるのかは不透明な状況だ。

4農協による合併協議からの離脱の方針を決めたみついし農協

関連記事

函館新聞

落葉進む中観光客楽しむ 五稜郭公園【函館】

 函館市の観光名所、五稜郭公園ではサクラやイチョウなどの落葉が進み、地面や土手に黄色やオレンジ色の葉が広がっている。17日には初冬の景色を観光客が楽しむ様子が見られた。  この日の函館の最...

函館新聞

全国でも勝利誓う 函高専ロボコン全道9年ぶり優勝【函館】

 函館高専のロボット研究会に所属するチーム「Café Rivage(カフェリバージュ)」が25日、東京都の両国国技館で開かれる「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2018」に出場...

根室新聞

弁天島灯台守一家の空襲体験 米国で絵本に【根室】

 根室空襲を生き抜いた弁天島の灯台守一家の戦争体験が、米国で子ども向け絵本として出版される企画が進んでいる。出版のきっかけを作り、自ら絵を担当する同灯台守の孫で米国在住の木村広さん(57)が15、1...

根室新聞

厚床再生プロジェクト「防災キャンプ」企画 【根室】

 新たな地域づくりに向け、勉強会を開いている厚床地域農村再生プロジェクトチーム(リーダー、馬場晶一さん=AB―MOBIT代表)は、24、25の両日、地域住民による厚床防災キャンプを厚床会館で開く。防...

苫小牧民報

安平町の避難指示解除、最長2年に 長期化に町民から不安の声

 安平町は、胆振東部地震後に避難指示を出している地域の解除に、場所によって1年から2年かかる見通しを立てていることが分かった。住宅地の裏山崩壊の危険から避難指示を出した地域では、のり面補修工事な...