北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

今年の球場使用は断念【日高】

大きな亀裂が生じた富川球場

【日高】胆振東部地震により、高台にある町営富川球場のフェンス周囲約150㍍に亀裂が生じ、球場下の住宅地への土砂崩れの恐れから避難指示が長期間出ている。管理する町教委では「今年度の球場使用は断念せざるを得ない」と話している。

 被災場所の10数㍍下には新興住宅街(富川南2)があり、亀裂は見られないものの66世帯119人に避難指示が発令され、富川水・くらしサービスセンターなどに避難を余儀なくされている。

 避難指示の発令以降、同避難所には10日夜に33人、11日に38人、12日に17人、13日朝時点でも22人が利用している。

 避難所の食事は、農協ストアやコンビニからの幕の内弁当、おにぎり、みそ汁、ざるそば、とろろそば、ミートソース、ナポリタンのパスタなどめん類のほか、町内有志からの豚汁などの炊き出し奉仕も受けており、住民は食事での不満は無い様だ。

 災害対策本部の林谷昌美日高町総務課長は「球場の亀裂など応急修復工事の進捗により避難指示が解除されても、富川西地区の断水復旧に時間を要することから、早急な避難所の全面閉鎖は難しい状況にある」と頭を抱えている。

避難所生活が長引く町民

関連記事

函館新聞

いさ鉄清川口駅、ながまれ号デザインに 外壁改修工事が終了【北斗】

 【北斗】北斗市役所裏手にある道南いさりび鉄道清川口駅(中央1)の改修工事がこのほど完了し、同鉄道の観光列車「ながまれ海峡号」と同じ外観に様変わりした。  同駅は市が管理する無人駅。老朽化に...

函館新聞

歴史に触れ、次の未来へ 振興局が北海道150年イベント【函館】

 渡島総合振興局主催の北海道150年記念イベント「歴史をつむぐ、未来へつなぐ」が22日、金森ホール(函館市末広町14)で開かれた。松前神楽の公演や2010年にノーベル化学賞を受賞した北大ユニバ...

苫小牧民報

コーヒーでほっと一息 地震被災の厚真、安平で無償提供-北斗市・髙島屋珈琲

 北斗市のコーヒー店「髙島屋珈琲」は20日、胆振東部地震被災地の厚真町と安平町でコーヒーを提供した。高島一則社長1人で移動販売車で避難所を回り、ホットとアイスの計2種類のコーヒーを被災者に配った...

苫小牧民報

入居者ら、シソ摘みしのぶ 思い出のジュース受け継ぐ-介護職員・中村さん、..

 6日未明に起きた胆振東部地震により、震度7の揺れに見舞われた厚真町内の高齢者グループホーム「やわらぎ」で21日、敷地内の畑で育ったアカジソの葉が収穫された。地震の犠牲になった介護職員中村百合子...

日高報知新聞

旧シャクシャイン像撤去【新ひだか】

【新ひだか】23日に真歌公園内で開かれるシャクシャイン法要祭(実行委主催)を前に20日、倒壊の危険があった旧シャクシャイン像を、所有者の町が台座部分を残して撤去した。6日の胆振東部地震で高さ3㍍50㌢の...