北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

山田さん「学芸員目指す」 協力隊に着任【上士幌】

魚に餌をやる山田さん。お気に入りはサケ科のニジマスで「石垣島にはいなかったので。ないものねだりです」と笑う

 上士幌町の地域おこし協力隊として、北大大学院で河川の生態系を研究している山田太平さん(24)が着任した。商工観光課に所属、ひがし大雪自然館の学芸推進員として、ぬかびら地区の生態調査に取り組む。山田さんは「ぬかびらは魚類の分布など解明されていない未知の領域が多い。学芸員の資格取得も目指したい」と張り切っている。

 1日付で着任した。山田さんは宮城県生まれで、父の仕事の関係で沖縄県石垣島で育った。幼少期から海や山で遊ぶ機会が多く、生き物に興味を持ち、大学に進んで専門的に研究するようになった。学芸員資格の取得を希望、自然館で学芸推進員を募集していることを知り応募した。

 自然館で飼育している魚・昆虫の管理や事務作業のほか、先輩学芸員の乙幡康之さんと連れ立ってフィールドワークにも励む。絶滅危惧種の二枚貝「カワシンジュガイ」の調査に乗り出すなど、早速、研究テーマも見つけた。生態系に関する町民向けアンケートも構想している。

 大学院の卒業論文にも並行して取り組み、月1回は札幌に通うなど多忙な日々を送っている。「自宅では(休日も含めて)データ整理など常にパソコンをいじっている。とても充実していて楽しい」とする。

 趣味は釣りや登山。同じ山を繰り返し登るなど、生態学の研究者としての顔をのぞかせる。「仕事を早く覚えるのはもちろん、自分の研究テーマで勉強を重ねたい。将来的に上士幌に残ることができればうれしい」と話している。

関連記事

函館新聞

渡島管内観光客入込数/前年比2・6%増の1201万人【函館】

 渡島総合振興局がまとめた管内の2018年度観光客入込数は、前年比2・6%増の1201万4000人で2年ぶりに増加した。9月に発生した胆振東部地震の影響で一時落ち込んだものの、その後の「北海道ふ...

函館新聞

園児の散歩コースを安全点検 大津事故受け中央署が実施【函館】

 5月に大津市で車同士が衝突する事故に散歩中の保育園児らが巻き込まれ、16人が死傷した事故を受け、函館中央署などは24日、南茅部地区で園児が歩く散歩コースの安全点検を行った。  署員や市南茅...

釧路新聞

自転車で道内一周 釧路スタート

 「第6回北海道一周ライド」(北海道サイクリング協会主催)が24日、釧路市からスタートした。市観光国際交流センターを発着点に24日間かけて道内(総距離2400㌔)を自転車で一周する。30~60代...

日高報知新聞

伊勢神宮大宮司も出席【浦河】

 北海道神社庁と北海道神社総代会主催の第60回「北海道神社庁神社関係者大会」が、25日午後1時から浦河町総合文化会館で開かれる。道内神社の神職や氏子総代など関係者400~500人が参加し、伊勢神宮大宮...

日高報知新聞

減収減益も8期連続黒字【浦河】

 浦河町西舎の観光宿泊施設うらかわ優駿ビレッジアエル(西舎)を運営する「うらかわ優駿の里振興」(社長・池田拓町長)の第22回定時株主総会が21日、アエルで開かれた。昨年9月の胆振東部地震によるキャ...