北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

管内地価 一部宅地が上昇【根室】

 道は18日、国土利用計画法に基づく平成30年度北海道地価調査(7月1日現在基準地価)の結果を公表した。道内の宅地等の価格は多くの市町村で下落が続き、平均変動率は平成4年度以降、27年連続で下落。根室管内=表=も同様に全体で下落傾向を示しているものの、地域の産業と連動して一部で下げ止まりや上昇傾向がみられる。

 同調査は、土地取引の指標等を目的に昭和50年から7月1日を基準日に行っている。対象地域は道内179市町村の1,072地点で、根室管内は22地点の宅地と、林地一地点を基準地として調査した。

 道内の住宅地は、平均変動率が平成10年度以降21年連続の下落となったが、札幌市の地価上昇や他市でも上昇または横ばいとなる地点が増えたことなどから、下落幅は8年連続で縮小。一方、商業地は平成4年度以降、26年連続で下落していたが、札幌市などで上昇幅が拡大していることなどから、27年ぶりに上昇した。

 根室振興局管内は住宅地が17年連続、商業地が24年連続、全用途平均で18年連続の下落となった。このうち住宅地の平均変動率はマイナス0.2パーセントで前年度より0.1ポイント下げ幅を縮めた。住宅地は下げ止まり傾向のほか、一部では上昇傾向が認められ、地域間で異なる動向がみられる。商業地は基幹産業である漁業の低迷や後継者不足等により、全体的に下落傾向にある。

 根室市では基幹産業である漁業の低迷はあるが、住宅地は設定地点のある高台住宅地や市内東部の住宅地で強含みの成約事例がみられることから、全地点で横ばい傾向を維持。商業地はこれまで同様大幅な変化はないものの、価格水準は相当程度低落しており、下げ止まり傾向を維持している。

 別海町の住宅地は、商業店舗等の充実により住宅地として相応の利便性が維持され、取引動向も堅調に推移しているほか、住宅建設に伴い街路整備も進行していることから、地価は強含みで推移。商業地は近年の新規店舗の出店で、旧来地区の下落圧力が顕在化しつつある。

 中標津町の住宅地は、数年前に比べて民間の造成分譲地が多く売り出されるなど宅地供給はやや過剰傾向がみられるが、おおむね安定的に推移。商業地は、価格下落が続いた中心商業地に緩やかながら底打ち感がみられるが、商業投資は現国道沿いに偏りを示している。

 標津町の住宅地は、市街地自体の取引件数も低迷傾向が続く一方、酪農の好調を追い風に土地取引が多くなっており、上昇傾向。商業地は、大規模店舗が進出した中標津町や釧路市への顧客流出が続いている状況にあり、引き続き減少傾向にある。

 羅臼町の住宅地は、近年高めの下落率で推移していたが、過去に続いた大幅な下落によって割高感の解消が認められるも、漁業の低迷もあって引き続き下落。商業地も同様に、これまでの大幅な地価下落による割高感の解消もあり、相応の水準に近づきつつある。

 住宅地の標準価格の管内最高は、中標津町東7条南4丁目9番1外の1万7,400円、次いで根室市宝町1丁目54番の1万6,500円、羅臼町栄町100番地23の1万5,300円で、いずれも前年度から変動はなかった。

関連記事

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス早くも「上陸」【豊頃】

 豊頃町大津の海岸一帯で15日朝、氷塊「ジュエリーアイス」が多数打ち上げられた。例年年明けの1~2月によく見られ、ジュエリーアイスの名付け親でこの日も現地を訪れた帯広の浦島久さん(65)は「少量...

十勝毎日新聞

街に活気 いきなり1等!「全市連合」抽選【帯広】

 帯広商工会議所(高橋勝坦会頭)主催の「年末全市連合大売出し2018」の抽選会場は、クリスマスや年末の買い物に訪れた来店客でにぎわった。  会場は藤丸やイオン帯広店など14カ所。参加店での買い...

室蘭民報

大西さんの死悼む、鈴木新党大地代表【室蘭】

 新党大地西胆振支部長、大西武俊(おおにし・たけとし)氏が13日午後11時2分、心不全のため搬送先の病院で死去した。自宅は室蘭市中島町2・29・20。49歳。士幌町出身。通夜は16日午後6時から...

室蘭民報

「山漬け」うま味満点、室蘭漁協がきょうから限定販売【室蘭】

 室蘭で水揚げしたサケの「山漬け」が今年も出来上がり、室蘭漁業協同組合(室村吉信組合長)が15日から、350本限定で販売する。脂が乗り、うま味がぎゅっと詰まった逸品に仕上がっている。  産卵期...