北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

セラピー犬引退 施設訪問8年100回超【芽室】

 セラピー犬として管内の福祉施設や病院を訪問し、入居者に愛されてきた芽室町の「ボタン」(グレートピレニーズ、雌、11歳)が高齢のため、22日に引退する。8年にわたる活動で施設の訪問回数は100回を超えた。飼い主の吉口友博さん(60)は、「多くの人を癒やし、その姿に感動した」と、年老いた愛犬をねぎらっている。

8年にわたるセラピー犬としての活動を終えるボタン

 ボタンは2007年4月、三重県松阪市生まれ。生後1カ月半で吉口さん夫妻の元にやってきた。08年、吉口さんが手術のため入院していた北斗病院に、セラピー犬の活動に取り組む「NPO法人北海道ボランティアドッグの会」が訪問。飼い主も患者も楽しそうな様子を見て、ボタンをセラピー犬として登録することを決めた。

 ボタンは2回目の挑戦となった10年9月にセラピー犬の検査に合格。同年11月にデビューして以降、1メートルを超える大きな体と愛くるしいルックス、穏やかな性格で老若男女に癒やしを与えてきた。

 吉口さんの妻美喜子さん(50)は「どこに行っても人が集まってくる。犬が苦手でもボタンなら大丈夫という人もいた」と振り返る。

 そんなボタンも人間で言えば90歳にもなる高齢犬。今年に入ってからは足の衰えが目立ち、信号が青のうちに横断歩道を渡るのも一苦労という。車の乗り降りも厳しく、セラピー犬としての活動が負担になり、引退を決めた。

 吉口さん夫妻は12年に町本通5に愛犬と来店できる「カフェボタン」を開業。ボタンは「店長」として来店客を出迎えており、セラピー犬引退後も店には“出勤”する。セラピー犬としての最後の活動は、帯広市内の十勝リハビリテーションセンターで行う。

関連記事

日高報知新聞

匿名寄付で新救急車【浦河】

 浦河赤十字病院(浦河町東町ちのみ1)に19日、新しい救急車が納車された。従来より室内の高さがあり、最新機器を搭載した高規格準拠の新型救急車で、病院関係者に披露した。  同病院は、平成11年に導...

日高報知新聞

28日、えりもうに祭り【えりも】

【えりも】えりもに春の訪れを告げる「第9回えりもうに祭り」が28日、国道沿いの町スポーツ公園で開かれる。えりも漁協など実行委の主催。  えりもの海で採れるエゾバフンウニは、前浜の磯で豊かに繁殖...

十勝毎日新聞

「低たんぱくパンミックス粉」 ネットで全国販売へ まつもと薬局【帯広】

 まつもと薬局(松本健春社長、帯広)は5月下旬から、管理栄養士が企画・開発した「低たんぱくパンミックス粉」を全国で販売する。腎臓病患者のために商品化し、3月に販売を開始したところ、全道から問い合わ...

十勝毎日新聞

なつぞら列車 出発進行【帯広】

 JR北海道はNHK連続テレビ小説「なつぞら」のステッカーを貼った特急「スーパーとかち」の運行を開始した。22日午前にJR帯広駅で記念セレモニーが行われ、関係者がなつぞら仕様の列車を笑顔で送り...

十勝毎日新聞

統一地方選 鹿追・喜井氏 足寄・渡辺氏 初当選【十勝】

 鹿追、足寄、幕別、大樹の4町長選挙は21日夜、即日開票され、新人同士の一騎打ちとなった鹿追、足寄で、まちづくりのかじ取り役となる新たなリーダーが誕生、現職と新人の戦いとなった幕別、大樹はいず...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス