北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

セラピー犬引退 施設訪問8年100回超【芽室】

 セラピー犬として管内の福祉施設や病院を訪問し、入居者に愛されてきた芽室町の「ボタン」(グレートピレニーズ、雌、11歳)が高齢のため、22日に引退する。8年にわたる活動で施設の訪問回数は100回を超えた。飼い主の吉口友博さん(60)は、「多くの人を癒やし、その姿に感動した」と、年老いた愛犬をねぎらっている。

8年にわたるセラピー犬としての活動を終えるボタン

 ボタンは2007年4月、三重県松阪市生まれ。生後1カ月半で吉口さん夫妻の元にやってきた。08年、吉口さんが手術のため入院していた北斗病院に、セラピー犬の活動に取り組む「NPO法人北海道ボランティアドッグの会」が訪問。飼い主も患者も楽しそうな様子を見て、ボタンをセラピー犬として登録することを決めた。

 ボタンは2回目の挑戦となった10年9月にセラピー犬の検査に合格。同年11月にデビューして以降、1メートルを超える大きな体と愛くるしいルックス、穏やかな性格で老若男女に癒やしを与えてきた。

 吉口さんの妻美喜子さん(50)は「どこに行っても人が集まってくる。犬が苦手でもボタンなら大丈夫という人もいた」と振り返る。

 そんなボタンも人間で言えば90歳にもなる高齢犬。今年に入ってからは足の衰えが目立ち、信号が青のうちに横断歩道を渡るのも一苦労という。車の乗り降りも厳しく、セラピー犬としての活動が負担になり、引退を決めた。

 吉口さん夫妻は12年に町本通5に愛犬と来店できる「カフェボタン」を開業。ボタンは「店長」として来店客を出迎えており、セラピー犬引退後も店には“出勤”する。セラピー犬としての最後の活動は、帯広市内の十勝リハビリテーションセンターで行う。

関連記事

根室新聞

サンマ初水揚げ 花咲港に中型船帰港【根室】

 農林水産大臣許可の第2陣として今月15日に出漁した20トン以上100トン未満の中型サンマ棒受け網漁船5隻が22日、花咲港にサンマを初水揚げした。このうち、午前7時から行われたセリでは4隻が発...

根室新聞

24日 道の駅で限定販売「ハスカップのサワーケーキ」【根室】

 道の駅スワン44ねむろで24日午前11時から販売する今月のスイーツに、JR根室駅前の移住交流推進拠点カフェ・ボストークが作る「ハスカップのサワーケーキ」=写真=が15個限定で登場する。  スワンと...

根室新聞

中西進氏講演会「オホーツク文化から日本を見る」開催へ【根室】

 万葉集研究の第一人者で日本とアジアの比較文化研究の権威、中西進氏(富山県立高志の国文学館館長)の講演会が、9月18日午後6時半から市総合文化会館小ホールで開かれることが決まった。演題は「オホーツ...

日高報知新聞

光ケーブル網を整備【新冠】

【新冠】国の補助を受け、町は本年度と来年度以降の2年間、約12億円をかけ町内全域に延長200㌔以上の光ケーブル網を整備し、光ケーブル整備済みの市街地と情報通信で格差のあった周辺部へ高速インターネット...

日高報知新聞

続縄文時代の配石遺構【様似】

【様似】町教委が発掘調査している冬島遺跡で、平行に石を並べ、間に砂を敷き詰めた直列配石の遺構が出土した。約2200年前ころの続縄文文化期の地層で、同文化期の遺跡では道内で前例がないという。  冬...