北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

セラピー犬引退 施設訪問8年100回超【芽室】

 セラピー犬として管内の福祉施設や病院を訪問し、入居者に愛されてきた芽室町の「ボタン」(グレートピレニーズ、雌、11歳)が高齢のため、22日に引退する。8年にわたる活動で施設の訪問回数は100回を超えた。飼い主の吉口友博さん(60)は、「多くの人を癒やし、その姿に感動した」と、年老いた愛犬をねぎらっている。

8年にわたるセラピー犬としての活動を終えるボタン

 ボタンは2007年4月、三重県松阪市生まれ。生後1カ月半で吉口さん夫妻の元にやってきた。08年、吉口さんが手術のため入院していた北斗病院に、セラピー犬の活動に取り組む「NPO法人北海道ボランティアドッグの会」が訪問。飼い主も患者も楽しそうな様子を見て、ボタンをセラピー犬として登録することを決めた。

 ボタンは2回目の挑戦となった10年9月にセラピー犬の検査に合格。同年11月にデビューして以降、1メートルを超える大きな体と愛くるしいルックス、穏やかな性格で老若男女に癒やしを与えてきた。

 吉口さんの妻美喜子さん(50)は「どこに行っても人が集まってくる。犬が苦手でもボタンなら大丈夫という人もいた」と振り返る。

 そんなボタンも人間で言えば90歳にもなる高齢犬。今年に入ってからは足の衰えが目立ち、信号が青のうちに横断歩道を渡るのも一苦労という。車の乗り降りも厳しく、セラピー犬としての活動が負担になり、引退を決めた。

 吉口さん夫妻は12年に町本通5に愛犬と来店できる「カフェボタン」を開業。ボタンは「店長」として来店客を出迎えており、セラピー犬引退後も店には“出勤”する。セラピー犬としての最後の活動は、帯広市内の十勝リハビリテーションセンターで行う。

関連記事

十勝毎日新聞

新鮮野菜求め列 市内サラダ館で「おはよう朝市」【帯広】

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

十勝毎日新聞

学校のPC授業支援 エドテック 町と協定【上士幌】

 プログラミング教育を推進する十勝EdTech(エドテック)コンソーシアム(神山恵美子代表)と上士幌町教委は14日、連携協力協定を結んだ。エドテックに加盟する帯広コア学園が運営する帯広コア専門...

十勝毎日新聞

五輪でアイヌの舞を 開会式披露目指し練習【帯広】

 2020年東京オリンピック・パラリンピックの開会式でアイヌ古式舞踊を披露し、民族文化の発信を目指す取り組みが進んでいる。関係者は「平和の祭典で、アイヌ民族の世界観が平和主義と合致していること...

函館新聞

夕暮れ時 海岸線快走 奥尻ムーンライトマラソン【奥尻】

 【奥尻】第6回奥尻ムーンライトマラソン(実行委主催)が15日夕から夜にかけて奥尻島で行われた。今年はフルマラソンに128人、ハーフマラソンに149人がエントリー。選手は沿道の声援を受けながら力強...

函館新聞

出走取消でもファン盛り上がる JRA函館競馬開幕【函館】

 日本中央競馬会(JRA)の北海道シリーズ「函館競馬」が15日、函館市の函館競馬場で開幕した。JRAではこの日、禁止薬物が含まれていた飼料添加物が販売されていた厩舎の競走馬計156頭の出走を取り消...