北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

“清水丘魂”これからも、創立100周年祝賀会【室蘭】

母校の大きな節目を祝い、祝杯を挙げる出席者

 創立100周年の大きな節目を迎えた室蘭清水丘高校(菅原和良校長)。1世紀を祝う祝賀会が22日、室蘭市中央町の室蘭プリンスホテルで開かれ、約250人が出席した。出席者は懐かしの高校時代を振り返り、思い出話に花を咲かせるなど、節目を迎えた喜びを分かち合っていた。

 東京室蘭会の澤邦彦会長(5期生)が「2万9千人の卒業生は3年間で身に付けた“清水丘魂”を忘れず、世界各地で世のため、人のために活躍している。大きな節目を迎えた母校にますますの発展を願いましょう」と乾杯のあいさつをし、祝宴に入った。

 3期生で神戸市在住の濱中麗子さん(83)は「地元を離れても同校の先輩、後輩たちの絆は深く、支え合ってきました。現在の清水丘高生にも、先輩たちのように元気を出して勉強や運動を頑張ってもらいたい」と、後輩たちにメッセージを送った。

 日本工学院北海道専門学校情報処理科・医療秘書科・ビジネス学科主任の佐藤幸夫さん(37)は50期生。佐藤さんは「高校時代は硬式テニス部に入部し、仲間とともに青春を過ごしました。今は教え子として後輩たちがたくさん入学してきます。清水丘高はとても自由。自分の好きなことを楽しんでほしい」と話した。

 70周年記念式典から出席している旧職員で、現在は室蘭市内で音楽教室を開いている岡野圭子さんは「2012年までの26年間、同校の音楽教諭を務めました。可能性を秘めている生徒たちがたくさんいました。英語科の担任を持ち、海外研修に行くこともあり、生徒や学校からたくさんのことを学ぶことができた。感謝しています」と笑顔を見せた。

 アトラクションでは、36期生のKAZZ(本名・辻一高)さんのライブを披露。最後に出席者全員で同校の校歌を斉唱し、万歳三唱で締めくくった。

関連記事

根室新聞

EPJO 10日に冬ライブ開催 ゲストに川口千里さんら【根室】

 イースト・ポイント・ジャズ・オーケストラ(EPJO、丸山一之代表)による冬ライブ「流氷Part4 with 川口千里」が、3月10日午後3時から道立北方四島交流センターニ・ホ・ロで開かれる。今年も女子大生ド...

根室新聞

市児童・生徒造形作品展 25日まで【根室】

 根室市教育研究会図工・美術サークル(宮田玲二部長)による、第40回根室市児童・生徒造形作品展が23日から、市総合文化会館多目的ホールで始まった。市内各校の児童生徒らから合計532作品が集まり、市民の...

根室新聞

光陽堂友の会が写真展 会員35人の作品一堂に【根室】

 光陽堂友の会(藤井昭作代表)主催の写真展が23日から、市総合文化会館エントランスホールで始まった。市内の写真愛好者35人からネイチャーフォトなど56点が出品されている。3月1日まで。  同会は、市...

苫小牧民報

災害ボランティア活躍 精力的に住民支援-厚真

 胆振地方中東部を震源とした21日の地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の災害ボランティアセンター(松田敏彦センター長)が住民の支援活動に乗りだしている。23日は朝から、ボランティアや職員らが2...

苫小牧民報

厚真の断水 復旧のめど立たず

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で...