北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

準絶滅危惧種 初の道内生息調査 オオジシギ 17%十勝に【十勝】

※写真は日本野鳥の会十勝支部提供

 日本野鳥の会(柳生博会長)は、減少が懸念される野鳥「オオジシギ」について初の道内調査を行い、生息数は約3万5000羽と推定した。道東に多く生息し、十勝は全体の17%に当たる5814羽だった。

 オオジシギは環境省版レッドリストで準絶滅危惧種に指定されている。北海道は主な繁殖地だが、生息状況は不明な点も多いことから、今年5月に道内全域でサンプリング調査を実施した。音を立てながら急降下するディスプレイ(誇示)飛行する雄の数を調べ、地域ごとの平均個体数を求めた。十勝の14人を含め、野鳥の会会員ら153人が調査に参加した。

 調査の結果、道内の推定個体数は3万4774羽だった。地域別では道東や道北地方が多く、道南は少なかった。最も多かったのは根室の7594羽で、釧路6268羽、道北5834羽、十勝5814羽と続いた。生息密度は湿地や牧草地、河川敷で高く、森林では低かった。野鳥の会は今後も数年おきに調査を行う予定で、「減少傾向が判明すれば、必要な措置を講じるよう国や自治体に働き掛ける」としている。

 調査に参加した日本野鳥の会十勝支部の室瀬秋宏支部長(59)は「十勝でも個体数が少なくなっている印象はある。推定値が実態に近づくよう、改良しながら調査を続けていく必要がある」と話す。

<オオジシギ>
 北海道が主な繁殖地で、秋から冬にかけてオーストラリアで越冬する。体長約30センチ、体重約170グラムで、ハトより一回り小さい。十勝では春から夏にかけ、さえずりながら上空を飛ぶ姿が見られる。

関連記事

日高報知新聞

中男73㌔以下は佐藤選手

 公益社団法人北海道柔道整復師会日胆ブロック主催の第33回日胆柔道スポーツ少年団交流大会兼第28回文部科学大臣杯争奪北整選抜少年柔道大会選考会(浦河柔道連盟主管)が14日、浦河町ファミリースポーツセンタ...

日高報知新聞

開幕日のレース楽しむ【浦河】

 17日に日高町の門別競馬場で開幕したホッカイドウ競馬を盛り上げる「応援ビアバーティーin・Aiba浦河」が同日夜、浦河町の浦河ウエリントンホテルで開かれた。この日は全道的に6月から夏並みに気温...

苫小牧民報

安平に復興シンボル、道の駅オープン 地元の食求めにぎわう

 安平町追分地区で19日、道の駅「あびらD51(デゴイチ)ステーション」がオープンした。"鉄道のまち"をアピールする鉄道資料館を併設し、地元の新鮮な農産物や特産品を並べた施設は、開業と同時に町内外...

苫小牧民報

ワーカム北海道、独身寮再建へ 来年6月完成-むかわ

 いすゞ自動車は、胆振東部地震で被災したグループ会社「ワーカム北海道」(本社・むかわ町)の独身寮(むかわ町文京)を再建する。災害に備えて耐震性を高めて、非常用電源なども備えていく。災害時は住民に...

室蘭民報

市ふれあい市民農園オープン、農作業に心地よい汗【室蘭】

 室蘭市崎守町の市ふれあい市民農園が17日開園した。利用者は晴天の下、農作業に入り、心地よい汗を流していた。11月17日まで開園しており、2019年度は121人が申し込んだ。内訳は50平方メート...