北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

江差の鴎島灯台「恋する灯台」に認定【江差】

波房会長(左)から「恋する灯台のまち」認定証を贈られた照井町長

 【江差】町内のかもめ島にある鴎島灯台が、日本ロマンチスト協会(波房克典会長)が認定する「恋する灯台」に選ばれた。波房会長が28日、江差町役場を訪れ、照井誉之介町長に「恋する灯台のまち」認定証を手渡した。渡島・桧山管内では初の認定。

 函館海上保安部によると、鴎島灯台は1889(明治22)年に木造の灯台として初点灯。1951(昭和26)年に現在の白いコンクリート造に改築した。

 波房会長は認定理由について、「灯台は円筒形が多いが、鴎島灯台は西洋の小さな古城を感じさせる形。最果てを感じさせる景観が印象的。近くに開陽丸があり、歴史のロマンを感じさせる」と話した。

 町ではかもめ島周辺を再整備する「北の江の島」構想を進めている。照井町長は「日本海に沈む夕日など景観もよく、町のシンボル。若い人に喜んでもらえるまちづくりにつながる」と話していた。

 同協会は日本財団と連携し、灯台を「ロマンスの聖地」として再価値化する「恋する灯台プロジェクト」を2016年から開始。認定灯台周辺のデートプランを紹介するリーフレットの作成、認定自治体との連携を模索している。

 歴史や景観、灯台の形などの審査基準に沿って、デザイナーや放送作家ら10人による選考委員が選んだ。これまでに全国42基を認定。道内では湯沸岬灯台(釧路管内浜中町)、神威岬灯台(後志管内積丹町)に次いで3番目となる。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...