北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

江差の鴎島灯台「恋する灯台」に認定【江差】

波房会長(左)から「恋する灯台のまち」認定証を贈られた照井町長

 【江差】町内のかもめ島にある鴎島灯台が、日本ロマンチスト協会(波房克典会長)が認定する「恋する灯台」に選ばれた。波房会長が28日、江差町役場を訪れ、照井誉之介町長に「恋する灯台のまち」認定証を手渡した。渡島・桧山管内では初の認定。

 函館海上保安部によると、鴎島灯台は1889(明治22)年に木造の灯台として初点灯。1951(昭和26)年に現在の白いコンクリート造に改築した。

 波房会長は認定理由について、「灯台は円筒形が多いが、鴎島灯台は西洋の小さな古城を感じさせる形。最果てを感じさせる景観が印象的。近くに開陽丸があり、歴史のロマンを感じさせる」と話した。

 町ではかもめ島周辺を再整備する「北の江の島」構想を進めている。照井町長は「日本海に沈む夕日など景観もよく、町のシンボル。若い人に喜んでもらえるまちづくりにつながる」と話していた。

 同協会は日本財団と連携し、灯台を「ロマンスの聖地」として再価値化する「恋する灯台プロジェクト」を2016年から開始。認定灯台周辺のデートプランを紹介するリーフレットの作成、認定自治体との連携を模索している。

 歴史や景観、灯台の形などの審査基準に沿って、デザイナーや放送作家ら10人による選考委員が選んだ。これまでに全国42基を認定。道内では湯沸岬灯台(釧路管内浜中町)、神威岬灯台(後志管内積丹町)に次いで3番目となる。

関連記事

函館新聞

35人、調理師へ第一歩 大妻高食物健康科で戴帽式【函館】

 函館大妻高校(池田延巳校長)は19日、食物健康科戴帽式・対面式を開いた。同科の1年生35人が上級生や保護者の見守る中でコック帽をかぶり、調理師への第一歩を踏み出した。  同科の1年生は入学...

函館新聞

南極中継や講演会 8月17日からはこだて国際科学祭【函館】

 今年で11回目を迎えるはこだて国際科学祭が8月17~25日、五稜郭タワーなど函館市内各所で開かれる。今年のテーマは「『食』が育む、函館の未来。」。プレイベントとして7月20日から8月11日まで...

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...