北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

食やイベントに行列 ばん馬まつり開幕【帯広】

ばん馬パン目当てに大行列ができた

 「とかちばん馬まつり」(帯広商工会議所青年部主催)が29日午前10時、帯広競馬場で開幕した。ばん馬との触れ合いのほか、ステージイベントや十勝の食ブースなどを目当てに多くの人でにぎわっている。30日まで。

 今年で12回目。競馬場正門前には開場前から大人だけで500人以上の列ができた。来場プレゼントのうち、ばん馬の顔を模した「ばん馬パン」の子ども限定1日200個の配布はすぐに完了。ばん馬とのふれあいコーナーでは「ハクウンリュウ」(3歳)が登場し、子どもたちは順番に上に乗って大喜びだった。

 帯広市内の両親と来場した網走市の看護師稲玉育子さん(39)は「イベントがたくさんあり、いいですね」と笑顔、馬に乗った娘(5)も「楽しかった」と話した。

 新企画として、馬に模してそりと騎手の模型を結び付けた棒にまたがって走る「子供レース」も開催。小学生約30人がステージ周辺を回り、大きな声援が送られた。場内には26の飲食ブースも出店し、多くの店で行列ができていた。

あす「人間ばん馬」
 30日はメインイベント「人間ばん馬チャンピオンシップ世界大会」が行われる。予選は午後0時半から、決勝は同4時10分ごろを予定。午後3時半からはビンゴ大会抽選会(カード配布は午後3時)もある。

 30日も午前10時~午後5時。入場無料。天候によっては人間ばん馬も含め、イベントが変更・中止になることもある。

関連記事

室蘭民報

2500人が冬満喫、「だんパラ」恒例冬まつり【室蘭】

 第40回むろらん冬まつり(同実行委員会主催、室蘭民報社など後援)が17日、室蘭市香川町のだんパラスキー場で開かれた。市民雪像の展示をはじめ餅まきや宝探しが行われ、約2500人の家族連れらでに...

十勝毎日新聞

自慢のそり 忠類快走【幕別】

 自作そりでコースを滑り降りる「第36回忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が17日、幕別町営忠類白銀台スキー場の特設会場で開かれた。管内外から39台のオリジナルそりが登場し、観客から大き...

十勝毎日新聞

犬まっしぐら 冬の「運動会」 ドッグ競技に全国愛犬家【中札内】

 犬ぞりなどのドッグスポーツが楽しめる催しが16日、バンブードッグフィールド(村東戸蔦東6線152ノ4)で始まった。小型犬の参加や無料観覧ができるイベントで、飼い主と愛犬が雪上で息の合ったレー...

室蘭民報

16、17日に伊達雪まつり【伊達】

 第10戦伊達雪まつり―冬の陣(同実行委員会主催)が16、17の両日、だて歴史の杜カルチャーセンター前の屋外広場で開かれる。節目を記念して日程を2日間に拡大する。雪の滑り台や参加型アトラクション...

名寄新聞

17日にびふかウインターフェスタ【美深】

 「びふかウインターフェスタ2019」が、17日午前9時から美深運動公園と町民スキー場を会場に開かれる。当日はジュニアアルペンスキー大会、お楽しみ抽選会、雪中フラッグゲームなど、多彩なプログラムで楽...