北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

人材育成で協定調印【新冠】

【新冠】町と立命館慶祥高(江別市)との地方創生人材育成制度に関する協定が28日、町役場で締結された。町と同校が連携し、産業、教育・文化、健康・福祉、まちづくりなどのさまざまな分野において相互に協力し、地域社会の発展と人材育成への貢献を目指す。

 立命館慶祥高では、来春の入学生から新たに道内市町村長の推薦による入試制度を設けた。この制度を活用してもらうため、道を通じて高校がない自治体を紹介してもらい、8月24日の空知管内由仁町を皮切りに、今回を含めてこれまで11自治体と協定を結んでいる。

 同協定は、同校の推薦入試受験資格を満たし、将来は地元自治体のために活躍したい、もしくは活躍が期待できる中学生1人を首長推薦によって同校へ入学させるもの。入学した生徒は、高校3年間で地元の活性化に還元できるテーマの課題研究を実施し、地元でのインターンシップ、フィールドワークなどを通して研究成果を発表する。高校卒業後、進学基準を満たすと立命館大学(京都府)や立命館アジア太平洋大学(大分県)へ内部進学できる。

 また、同校や立命館大の教職員・学生・大学院生などによる新冠の地域活性化に関する取り組みへの協力も行う。

 調印式には、町から鳴海修司町長、中村義弘副町長、山本政嗣教育長ら、立命館慶祥高から江川順一副校長と石井洋事務長が出席。鳴海町長と江川副校長が協定書を取り交わした。

地方創生人材育成制度に関する協定を締結した鳴海町長(右)と江川副校長(左)

 鳴海町長は「この制度の活用により、今後子どもたちの選択肢と未来が広がり、国を担う社会人に成長することを心から願う。立命館慶祥高との新たなつながりができたので、今後とも当町の学校教育の発展に力添えをたまわりたい」とあいさつ。

 江川副校長は「新冠を何とか活性化させたいという気概のある生徒、新冠に戻ってきてまちおこしをしてくれる生徒を見極めていただきたい」と要望し、「立命館慶祥高でしっかりと育て上げ、将来は町の中核となるような人材を送り出したい」と展望を話した。

関連記事

苫小牧民報

胆振東部応援フェアで3町の特産品販売-新千歳空港

 9月の胆振東部地震で大きな被害を受けた厚真、安平、むかわ各町の特産品を販売する「胆振東部エリア応援フェア」の物産展が14日、新千歳空港国内線ターミナルビル2階センタープラザで始まった。3町の観...

苫小牧民報

土砂災害犠牲者の慰霊式 復興への決意新たに-厚真町

 厚真町は15日、9月に発生した胆振東部地震の土砂災害で犠牲になった町民36人の慰霊式を同町総合福祉センターで開いた。遺族や関係者ら577人が参列。黙とうをささげて献花し、復興への決意を新たにし...

日高報知新聞

日台国際大会に出場

 29日から台湾で開かれる中学硬式野球の「第16回日台国際野球大会」に出場する北海道選抜チームのメンバー18人に、日高リトルシニア(浦川聡監督、団員25人)から久保田陽喜選手(えりも中2年)が選ばれた。26...

日高報知新聞

奨学金条例改正、給付型に【新ひだか】

【新ひだか】町議会定例会は14日、平成30年度一般会計補正予算案や町奨学金条例の改正など、提出議案を可決して同日閉会した。町議の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正については、総務文教常任委員...

十勝毎日新聞

武四郎 功績つぶさ 特別展が開幕【帯広】

 「北海道」の命名者として知られる幕末の探検家松浦武四郎(1818~88年)の特別巡回展「幕末維新を生きた旅の巨人 松浦武四郎」が15日、道立帯広美術館で開幕した。初日から大勢の来場者でにぎわい...