北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

豆乳100%ヨーグルト完成 帯農高生が開発【帯広】

完成した「豆ぐると」を手にする帯広農業高の生徒たち。左から2人目が田村班長

 帯広農業高校(二木浩志校長)の生徒が商品開発を進めていた豆乳ヨーグルトが完成した。豆乳100%で、ビートに含まれる天然オリゴ糖成分「ラフィノース」を配合した。味の改良を重ねた商品は「豆(まめ)ぐると」と名付け、生徒たちは「豆乳嫌いな人でもおいしく食べられる」と話している。

 商品開発は食品科学科地域資源活用班の2・3年生が担当。ヨーグルトをはじめ、商品名、パッケージデザインまで生徒が中心となって仕上げた。

 ヨーグルトはCGC(本社東京)の無調整豆乳を使用。乳製品を一切使用していないことから、乳アレルギーのある人でも食べられる。配合したラフィノースは腸内の善玉菌の餌になり、便通改善などの効果・効能が認められている。ビート1キロ当たり1グラムほどしか含まれていない貴重なオリゴ糖で、今回は日本甜菜製糖(同)が応援。ヨーグルトは1つ100グラムで、うち4グラムのラフィノースが入っている。

 28日にパッケージラベルの貼り付けやPR用のチラシ作りに取り組み、29日に帯広市内のビート資料館で販売した。

 10月7日の「食べる・たいせつフェスティバル」(会場・十勝農協連家畜共進会場アグリアリーナ)や、同12日の「あぐりす」(帯広農業高校)、同28日の「フードバレーとかちマラソン」にも出店する予定。また、帯広調理師専門学校とコラボしたスイーツも検討中だ。

 田村静香班長(3年)は「豆乳が好きじゃない私でも、豆乳感がなくておいしく食べられる。ヘルシーで美肌効果もあるので、ぜひ手に取って」と話している。1個100円。

関連記事

十勝毎日新聞

十勝の風景クッキーに 実現へCF開始【帯広】

 帯広市内の十勝菓子工房菓音(東11南15)は、十勝の四季を描いたクッキーの商品化に向け、クラウドファンディング(CF)を始めた。クッキーを絵画、ギフト箱を額縁に見立てて作るユニークな商品。1...

十勝毎日新聞

「甘くて軟らか」ウニ給食 小・中・高【広尾】

 広尾の海岸で取れたエゾバフンウニが17日、町内の小・中学校、高校の給食で「うにの茶わん蒸し」として振る舞われた。  地域産食材を使った特別メニューを提供する「ふるさと給食」の一環。ウニが給...

十勝毎日新聞

市外初のクランベリー 札内店オープンに行列【幕別】

 菓子製造販売の「クランベリー」(帯広、水戸部公平社長)の札内店が19日、幕別町札内豊町47にオープンした。帯広市外の出店は初。観光での需要増を見込み、十勝東部での販売を強化する。  コープ...

十勝毎日新聞

十勝産素材でチーズまん ハピオフーズ第2弾【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するスーパー「ハピオ」(音更町木野大通西7、石田晴久店長)が4日から、十勝産チーズと小麦を使ったチーズまんじゅう「ハピまんチーズ」の販売を始めた。同店の...

十勝毎日新聞

ベジ料理に管内産ゴボウだし【十勝】

 ベジタリアン向けの飲食コンサルティングや商品開発を行う「Tokachi Diversity Project」(=とかち・ダイバーシティー・プロジェクト)は、商品化第1弾として、十勝産ゴボウを使...