北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「この町を必ず復興させる」厚真・宮坂尚市朗町長 被災地町長に聞く-胆振東部地震

「この町を必ず復興させる」厚真・宮坂尚市朗町長 被災地町長に聞く-胆振東部地震

 北海道で初の最大震度7を観測し、広域災害をもたらした9月6日の胆振東部地震の発生から間もなく1カ月。甚大な被害に遭った厚真、安平、むかわ各町の町長にこれからの復旧復興の取り組みなどを聞いた。

―厚真の土砂災害で36人の命が奪われた今回の大地震をどう受け止めているか

 「大きな損害を被ったが、克服していかなければならない。多くの人の支援と国、道、関係機関の迅速な対応で応急復旧期を乗り越えられた。日常生活を取り戻すにはまだまだ時間がかかる。町として町民の生活再建に向けて力を入れていく。ただ、多くの人命を失ってしまい、喪失感は大きい。失ったものはあまりにも大きいが、しっかりと前を向いて復興の歩みを進めていくことが必要だ」

―今後の具体的な復興プランは

 「2019、20年の2年間で集中してインフラ、耕地などの復旧に全力を尽くす。そして被災した地域の再興を目指す地域再興計画を関係住民としっかり話し合って作っていきたい。当面は冬を迎える前に、避難所で避難生活を送る町民の日常を取り戻すことが大切だ。年内を目標に住まいの確保に取り組む。また、来年以降の作付け再開に向け、農業者の経営再建や営農再開の支援策を打ち出したい」

―施策で移住者を増やしてきたが、地震の影響をどう見るか

 「住みたい田舎として厚真町は全国的に知名度が上がっていたが、地震が起きたことで移住先の選択肢として厚真町を外す人が増えるのでは。それはやむ得ない。今後は災害対策で強靱(きょうじん)なまちづくりを進めていくことで、厚真町の評価が高まっていくのではと考える。そうすることでやがて厚真町への移住が増えて、再興につながっていくと思っている」

―総務課に新設した災害復興グループの役割は

 「今後は復旧や復興に向かって、さまざまな部署が関わることになる。庁内各課や国、道との調整役として無駄のない復旧復興事業を推進していくため、組織を束ねて一カ所にまとめることが必要。そう考えてグループを新設した。復旧復興を迅速に取り組むための司令塔としての役割を発揮してほしい」

―町民にメッセージを

 「長く厳しい道のりになるが、被災したこの町を必ず復旧、復興させていく。町としても町民をサポートしていく考えだ。そして町民の皆さんにも主体的に復旧復興のお手伝いをしていただきたい」

関連記事

函館新聞

日本文化紹介に協力を 来年2月コスタリカのイベントに向けクラウドファンデ..

 中米コスタリカ・アテナス市の文化大使を務める函館市在住の田中桜子さん(59)が、アテナス市で開かれる日本文化を紹介するイベント「コスタリカ―ジャパン・ピースフェスティバル」(来年2月15~17日...

函館新聞

代替食で生徒安心 巴中の食物アレルギー対応給食【函館】

 今年4月に開校した函館巴中学校(佐竹聡校長)は、市立小中学校で唯一の食物アレルギー対応給食を行っている。10月から開始しており、6日には、2年生の男子生徒1人にタコを使ったハンバーグの代替食と...

日高報知新聞

2つの部活に活動資金【新ひだか】

【新ひだか】静内ライオンズクラブ(末崎泰将会長)のクリスマス家族会が8日夜、静内エクリプスホテルで開かれ、席上、青少年健全育成事業として静内高校の吹奏楽部と書道部へ活動資金として各7万5000円を...

日高報知新聞

現場診断で対策協議【平取】

【平取】3日にワゴン車同士の正面衝突で同乗の女性2人が死亡した町内荷菜の国道237号の交通事故現場で10日、門別警察署(田村厚己署長)が「現場診断」を行った。  門別署の片岡正治地域・交通課長が「...

苫小牧民報

民族共生象徴空間の愛称は「ウポポイ」に 札幌、白老、室蘭で500日前セレ..

 2020年4月24日に白老町でオープンする「民族共生象徴空間」の開設500日前カウントダウンセレモニー(道主催)が11日、札幌市中央区のホテルで開かれ、政府が全国から一般投票を受け付けた象徴空...