北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「この町を必ず復興させる」厚真・宮坂尚市朗町長 被災地町長に聞く-胆振東部地震

「この町を必ず復興させる」厚真・宮坂尚市朗町長 被災地町長に聞く-胆振東部地震

 北海道で初の最大震度7を観測し、広域災害をもたらした9月6日の胆振東部地震の発生から間もなく1カ月。甚大な被害に遭った厚真、安平、むかわ各町の町長にこれからの復旧復興の取り組みなどを聞いた。

―厚真の土砂災害で36人の命が奪われた今回の大地震をどう受け止めているか

 「大きな損害を被ったが、克服していかなければならない。多くの人の支援と国、道、関係機関の迅速な対応で応急復旧期を乗り越えられた。日常生活を取り戻すにはまだまだ時間がかかる。町として町民の生活再建に向けて力を入れていく。ただ、多くの人命を失ってしまい、喪失感は大きい。失ったものはあまりにも大きいが、しっかりと前を向いて復興の歩みを進めていくことが必要だ」

―今後の具体的な復興プランは

 「2019、20年の2年間で集中してインフラ、耕地などの復旧に全力を尽くす。そして被災した地域の再興を目指す地域再興計画を関係住民としっかり話し合って作っていきたい。当面は冬を迎える前に、避難所で避難生活を送る町民の日常を取り戻すことが大切だ。年内を目標に住まいの確保に取り組む。また、来年以降の作付け再開に向け、農業者の経営再建や営農再開の支援策を打ち出したい」

―施策で移住者を増やしてきたが、地震の影響をどう見るか

 「住みたい田舎として厚真町は全国的に知名度が上がっていたが、地震が起きたことで移住先の選択肢として厚真町を外す人が増えるのでは。それはやむ得ない。今後は災害対策で強靱(きょうじん)なまちづくりを進めていくことで、厚真町の評価が高まっていくのではと考える。そうすることでやがて厚真町への移住が増えて、再興につながっていくと思っている」

―総務課に新設した災害復興グループの役割は

 「今後は復旧や復興に向かって、さまざまな部署が関わることになる。庁内各課や国、道との調整役として無駄のない復旧復興事業を推進していくため、組織を束ねて一カ所にまとめることが必要。そう考えてグループを新設した。復旧復興を迅速に取り組むための司令塔としての役割を発揮してほしい」

―町民にメッセージを

 「長く厳しい道のりになるが、被災したこの町を必ず復旧、復興させていく。町としても町民をサポートしていく考えだ。そして町民の皆さんにも主体的に復旧復興のお手伝いをしていただきたい」

関連記事

苫小牧民報

ヒメマス大豊漁 釣獲数過去最多6万8206匹-支笏湖漁協

 支笏湖のヒメマス(支笏湖チップ)釣りが大豊漁となっている。千歳市と支笏湖漁業協同組合の調査によると、解禁後の1~15日に釣り上げた釣獲数は前年同期比83・8%(3万1101匹)増の6万8206...

苫小牧民報

安平川下流に遊水地 道が環境保全と治水対策

 苫小牧東部地域(苫東)を流れる安平川下流域の治水対策で道は、弁天沼を含む湿地帯約950ヘクタールの一部を対象に遊水地(河道内調整地)として試験的に整備する工事を今年度中に着手する。この堤防は洪...

苫小牧民報

激励受け、25キロ徒歩行進 候補生42人、基礎能力身に付け-陸自第7師団

 陸上自衛隊第7師団は指揮下にある第7特科連隊が担当する自衛官候補生課程の訓練、「25キロ徒歩行進」を公開した。北海道大演習場東千歳地区の経路を移動し、安全確認を励行しながら踏破する内容。途中で...

日高報知新聞

OBとの合同演奏も【浦河】

 浦河高校吹奏楽局(局員30人)の第23回定期演奏会が15日、浦河町総合文化会館文化ホールで開かれ、多くの聴衆を前に練習を重ねてきた5曲を演奏。第2部では卒業局員も加わり、現部員と息の合った合同演奏...

日高報知新聞

増収減益、2.7億円の黒字【浦河】

 日高信用金庫(本店・浦河町、大沼孝司理事長)の第97期通常総代会が17日、浦河町総合文化会館で開かれた。2019年3月期決算は前年度比で増収・減益となり、当期純利益は約7800万円減の2億716...