北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「この町を必ず復興させる」厚真・宮坂尚市朗町長 被災地町長に聞く-胆振東部地震

「この町を必ず復興させる」厚真・宮坂尚市朗町長 被災地町長に聞く-胆振東部地震

 北海道で初の最大震度7を観測し、広域災害をもたらした9月6日の胆振東部地震の発生から間もなく1カ月。甚大な被害に遭った厚真、安平、むかわ各町の町長にこれからの復旧復興の取り組みなどを聞いた。

―厚真の土砂災害で36人の命が奪われた今回の大地震をどう受け止めているか

 「大きな損害を被ったが、克服していかなければならない。多くの人の支援と国、道、関係機関の迅速な対応で応急復旧期を乗り越えられた。日常生活を取り戻すにはまだまだ時間がかかる。町として町民の生活再建に向けて力を入れていく。ただ、多くの人命を失ってしまい、喪失感は大きい。失ったものはあまりにも大きいが、しっかりと前を向いて復興の歩みを進めていくことが必要だ」

―今後の具体的な復興プランは

 「2019、20年の2年間で集中してインフラ、耕地などの復旧に全力を尽くす。そして被災した地域の再興を目指す地域再興計画を関係住民としっかり話し合って作っていきたい。当面は冬を迎える前に、避難所で避難生活を送る町民の日常を取り戻すことが大切だ。年内を目標に住まいの確保に取り組む。また、来年以降の作付け再開に向け、農業者の経営再建や営農再開の支援策を打ち出したい」

―施策で移住者を増やしてきたが、地震の影響をどう見るか

 「住みたい田舎として厚真町は全国的に知名度が上がっていたが、地震が起きたことで移住先の選択肢として厚真町を外す人が増えるのでは。それはやむ得ない。今後は災害対策で強靱(きょうじん)なまちづくりを進めていくことで、厚真町の評価が高まっていくのではと考える。そうすることでやがて厚真町への移住が増えて、再興につながっていくと思っている」

―総務課に新設した災害復興グループの役割は

 「今後は復旧や復興に向かって、さまざまな部署が関わることになる。庁内各課や国、道との調整役として無駄のない復旧復興事業を推進していくため、組織を束ねて一カ所にまとめることが必要。そう考えてグループを新設した。復旧復興を迅速に取り組むための司令塔としての役割を発揮してほしい」

―町民にメッセージを

 「長く厳しい道のりになるが、被災したこの町を必ず復旧、復興させていく。町としても町民をサポートしていく考えだ。そして町民の皆さんにも主体的に復旧復興のお手伝いをしていただきたい」

関連記事

室蘭民報

全国高校サッカー北海道大会で大谷室蘭が全国逃す【札幌】

 第97回全国高校サッカー選手権大会北海道大会は21日、札幌厚別公園競技場で決勝が行われた。大谷室蘭は3連覇を狙う旭川実業に1―2で逆転負けを喫し、2年連続の準優勝に終わった。快進撃を続けたイレブ...

室蘭民報

室民杯ママさんバレーで伊達東が笑顔のV2サイン【伊達】

 第10回室蘭民報社杯ママさんバレーボール大会(室蘭民報社主催、伊達市バレーボール協会主管)が21日、伊達市総合体育館(市内松ヶ枝町)であった。昨年より3チーム多い11チームが熱戦を繰り広げた...

室蘭民報

登別温泉旅館組合が胆振東部地震の被災住民を招待【登別】

 被災者に登別が誇る温泉でくつろいでもらい、震災に伴う心身の疲労を取り除いてほしい―とバス会社3社と旅行会社のJTBの協力を得て実現した。  被災者の20人はバスで同日午後0時半ごろ登別温泉に到...

室蘭民報

登別室蘭JCがイルミ点灯、きらめく「らん蘭橋」【室蘭】

 登別室蘭青年会議所(登別室蘭JC、上村正人理事長)による「らん蘭橋イルミネーションプロジェクト」が20日夜、室蘭市中島町の「らん蘭橋」で行われた。計2万個の発光ダイオード(LED)が織りなす幻...

室蘭民報

室蘭でシルバーフェス、人気集める「円熟の技」【室蘭】

 室蘭市シルバー人材センター(山川明理事長)が主催する「2018シルバーフェスティバル」が20日、海岸町の旧室蘭駅舎で開かれ、包丁研ぎや表札製作の実演コーナー、陶芸や手芸の展示即売など、会員のき...